家族がゆるやかにつながる「スキップフロア」の間取り

家族がゆるやかにつながる「スキップフロア」の間取り

家族がゆるやかにつながる「スキップフロア」の間取り もっと見る

スキップフロアに本棚とスタディコーナー

山内邸118

キッチンとリビングをゆるやかに分けるスリットの入ったパーテーション。

休日が待ち遠しい家公園の緑を従える抜群の環境カリフォルニアスタイルの家

広大な砧公園の緑地を背にした土地に、クルマやバイクを思う存分いじることのできる広いガレージつきの家が完成したのが2013年1月。カメラマンの仲神哲也さんは、自分で鉄を溶接したりクルマの塗装もしてしまうほどのDIYの技術の持ち主。経営している写真スタジオの家具なども造作するそう。 「壁にピッタリと収まる棚を自分で作りたいと思いました。休みの日にしか作業ができなかったので、棚が完成するまでに3〜4ヶ月かかりました。その間、棚に入れる予定のものは段ボールに入れたままでしたから、引っ越しの荷物がなかなか片づきませんでしたね(笑)」 ベルギー、イギリス、アメリカ、日本……、家具は敢えていろいろな国のものをチョイスしているそうだ。 「"アメリカ人が憧れる異国情緒"の雰囲気が大好きなんです。施工していただいた工務店の方がとても勉強熱心なよい方で、僕の好みをすぐに理解してくれて、インドのアンティークのタイルを玄関に、中東のブルーを連想するタイルを洗面所に貼ってくれました。資金面では厳しい面もあったのですが、楽しんで家を作ることができたので、とてもありがたかったです。年月とともに味が

ざっくりなのにすっきり!無印良品の文房具収納術

ざっくりなのにすっきり!無印良品の文房具収納術

棚を仕切りにして、リビングとダイニングを分ける。2人暮らしの部屋のインテリアコーデ。

1LDKのインテリアって難しい?! 4月からの新生活に向けて理想の部屋をイメージされている方は多いのではないでしょうか。でも、実際これがやってみると以外に思ったようにならない。。。うまく理想の部屋をつくるためにはまずはいろんなレイアウトの事例をみて部屋のテーマや家具の配置等を考えておくのがポイントです。

スタイリッシュなスケルトン階段は、ゲストをもてなすオブジェであり、リビングとダイニングの空間の役割を柔らかく分ける仕切りであり、外の眺望を楽しむもの。階段はAさんと担当者が、ショールームで選んだ。こだわりと思い出が詰まっている。テレビの後ろにはエコカラットを配し、両脇を間接照明で、空間のアクセントとした

スタイリッシュなスケルトン階段は、ゲストをもてなすオブジェであり、リビングとダイニングの空間の役割を柔らかく分ける仕切りであり、外の眺望を楽しむもの。階段はAさんと担当者が、ショールームで選んだ。こだわりと思い出が詰まっている。テレビの後ろにはエコカラットを配し、両脇を間接照明で、空間のアクセントとした

LIVING DINING KITCHEN2(正方形のpersonarity) - リビングダイニング事例|SUVACO(スバコ)

正方形の家の中心に正方形のウォークインクローゼットを配置した、回遊性のあるプラン。 まず玄関を入ると、オリジナルで造作した階段のような形のシューズボックス。テラコッタのタイルを敷き詰めたエントランススペースはキッチンへと続きます。 開放的なLDKは、無垢オークのフローリングに白い壁。 リビングに面した寝室の壁は、正方形に縁取ったガラス戸を並べることで、どこにいても明るい空間に。 お酒好きな施主様のために、キッチンの横にはバーカウンターを造作。ドラフトタワーで注いだ生ビールを飲みながら、夫婦水入らずの時間を楽しみます。 住む人のパーソナリティーが存分に発揮された、変幻自在の真四角な家。これからも家族で過ごす時と共に、心地良いカタチに変わっていく事でしょう。 専門家:nu(エヌ・ユー)リノベーションが手掛けたマンションリフォーム・リノベーション事例:正方形のpersonarityのページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

リビングとダイニングの空間を分けるような吹き抜けは柔らかな陽の光が差し込みます。ソファ後ろのブラウン系タイルがお部屋のアクセントに*

大阪で注文住宅・分譲住宅をお考えならアーバンプランニングにご相談ください。お客様の要望を踏まえた上で、専属の建築士がデザイン性や住み心地を一緒に考え、丁寧な家づくりを致します。

まったり過ごせる“小下がり”を カメラマンの浜村菜月さんは、仕事柄、地の利のよい場所に物件を探していた。見つけたのは原宿にほど近い、築40年を超えるヴィンテージマンション。 「水廻りはボロボロ、お風呂もなくてシャワーブースのみでした。でもマンションの管理がしっかりしていたので購入を決めて、リノベーションしたんです」。 間取りはほとんど変更せず、廊下と居室を分ける仕切りを収納にしたり、ドアの場所を付け替えたり、アイデアを活かして暮らしやすい形態に。いちばんの目玉はリビングに設けた“小下がり”。 「空間を広く見せたいと思い設計士さんと相談したのですが、逆梁工法のマンションということから天井は上げられず、配管などが通っていない床を下げることにしたんです」。 普段は寝転がってテレビを観たり、本を読んだり、お客さんを招いたときは車座になってテーブルを囲んだり。 「囲われている安心感があってまったりと過ごせます。この場所がお気に入りですね」。 明るい採光のリビングに設けた小下がり。窓のブラインドは上からも下からも開閉できるものをルーセント・ホームで購入…

まったり過ごせる“小下がり”を カメラマンの浜村菜月さんは、仕事柄、地の利のよい場所に物件を探していた。見つけたのは原宿にほど近い、築40年を超えるヴィンテージマンション。 「水廻りはボロボロ、お風呂もなくてシャワーブースのみでした。でもマンションの管理がしっかりしていたので購入を決めて、リノベーションしたんです」。 間取りはほとんど変更せず、廊下と居室を分ける仕切りを収納にしたり、ドアの場所を付け替えたり、アイデアを活かして暮らしやすい形態に。いちばんの目玉はリビングに設けた“小下がり”。 「空間を広く見せたいと思い設計士さんと相談したのですが、逆梁工法のマンションということから天井は上げられず、配管などが通っていない床を下げることにしたんです」。 普段は寝転がってテレビを観たり、本を読んだり、お客さんを招いたときは車座になってテーブルを囲んだり。 「囲われている安心感があってまったりと過ごせます。この場所がお気に入りですね」。 明るい採光のリビングに設けた小下がり。窓のブラインドは上からも下からも開閉できるものをルーセント・ホームで購入…

一番奥のキッチンから、ダイニング、リビング…。すべては一つながりの、大きなワンルームになっています…。また、一方で、天井のレール部分を走る可動間仕切りによって、必要に応じて、別々の部屋に、分けることも出来ます…。そして、そのようにして分けられた、全ての部分は、南北、両方向に、開かれています…。家中のどこにいても、南側の山、北側の海…、その両方の景色を、楽しむことが出来るようになっています…。

一番奥のキッチンから、ダイニング、リビング…。すべては一つながりの、大きなワンルームになっています…。また、一方で、天井のレール部分を走る可動間仕切りによって、必要に応じて、別々の部屋に、分けることも出来ます…。そして、そのようにして分けられた、全ての部分は、南北、両方向に、開かれています…。家中のどこにいても、南側の山、北側の海…、その両方の景色を、楽しむことが出来るようになっています…。

リビングのインテリア・コーディネート - イエナカ手帖

『イエナカ手帖』に投稿されたkanayon.mさんの記事 - リビング『タイトル:リビングダイニングをゆるやかに分ける』です。家の中(イエナカ)の知識や工夫を共有して、イエナカの暮らしをもっと楽しもう!

Just like I imagined.

マンションの建築様式に多いリビングダイニング。機能をどう分けるか、テイストをどう統一するかでお悩みの方も多いようです。ここでは北欧テイストからフレンチシンプル、ボヘミアン、レトロモダンと人気の高いテイストを中心にレイアウトの実例を集めてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

PLATEFUL OF LOVE: oma koti

マンションの建築様式に多いリビングダイニング。機能をどう分けるか、テイストをどう統一するかでお悩みの方も多いようです。ここでは北欧テイストからフレンチシンプル、ボヘミアン、レトロモダンと人気の高いテイストを中心にレイアウトの実例を集めてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スターディ・スタイル - 施工事例「居心地のよさの連鎖」|注文住宅のハウスネットギャラリー

WORKS|埼玉・千葉・東京・茨城の注文住宅ならSturdy Style もっと見る

Pinterest
検索