*THE HARMONY STORY* ハーモニー...考え方や価値観の一致 調和がとれる バランスの良い 美しい組み合わせ という意味が。 お互い自分にないものを持っていて バランスが取れているからこそ、 ふたりで奏でることができるハーモニー。 そんな意味を込めたコンセプト♡ アカペラサークルに属していて... 絵本が大好き!というのも込められた ふたりに似合うかわいいコンセプト♡ そんなおふたりのメインテーブル♡ テーブルのランナーは新郎新婦 ふたりでスタンプDIYを! 森の中で小鳥のさえずりが 聞こえてくる♡そんなデコレーション♡ decoration designer

*THE HARMONY STORY* ハーモニー...考え方や価値観の一致 調和がとれる バランスの良い 美しい組み合わせ という意味が。 お互い自分にないものを持っていて バランスが取れているからこそ、 ふたりで奏でることができるハーモニー。 そんな意味を込めたコンセプト♡ アカペラサークルに属していて... 絵本が大好き!というのも込められた ふたりに似合うかわいいコンセプト♡ そんなおふたりのメインテーブル♡ テーブルのランナーは新郎新婦 ふたりでスタンプDIYを! 森の中で小鳥のさえずりが 聞こえてくる♡そんなデコレーション♡ decoration designer @kondo.tsg #TRUNKBYSHOTOGALLERY #wedding #lighting #interior #結婚式 #結婚式場 #結婚式準備 #披露宴 #披露宴会場 #バンケット #メインテーブル #高砂 #新郎新婦 #ウエディング #ウエディングフォト #ウエディングドレス #ウエディングプランナー #ウエディングフォト #フォトウエディング #プレ花嫁 #ゼクシィ #式場見学…

「howzlife(株式会社秀建)」のリノベーション事例「家具センスがマッチ、カフェ風ビンテージに魅了」

安くはない賃料を払い続けるのであれば、自分たちの住まいを創りたいと思い始めた矢先、ご夫妻が出会ったのがhowzlifeでした。施工例の雰囲気がお好みだったということで、物件探し~ワンストップでのご相談となりました。物件探しは、当初都内の西側エリアを中心にしていましたが、交通の便利さや価格のバランスで東側にも目を向けてご提案。やがて、江東区の築33年の物件と出会います。大きな開口部を持つ南向きのバ…

二世帯リノベ、戸建リノベーション事例。二世帯でくつろぐ上質な時間 ~ご両親世帯編~。ご両親との同居を考え、ご実家近くで中古の二世帯戸建を購入され、リノベーションされたお客様。二週に分けてご紹介いたします!玄関は共有で、1階を親世帯、2階を子世帯と分けました。お食事はご一緒にされることが多い仲良しなご家族でしたので、1階のキッチンは広々スペースを。コバルトブルーのタイルがとっても印象的!板張りの天井や、ウォールナットのフローリング、猫間障子… 。そしてお家に入るとすぐに目に飛び込んでくるアンティークの建具は、お母様がリノベーションの打合せ最中出会った逸品。「すぐにプランナーさんに連絡して、このドアを使いたいんです!使えますか?って相談したんです。」と、当時を思い出し楽しそうにお話してくださいました。お互いの生活スペースを大事にしながら2世帯が気軽に行き来できる、「程よい距離感」と「近くにいる安心感」のある暮らし。これからますます増えていくと思います。

二世帯リノベ、戸建リノベーション事例。二世帯でくつろぐ上質な時間 ~ご両親世帯編~。ご両親との同居を考え、ご実家近くで中古の二世帯戸建を購入され、リノベーションされたお客様。二週に分けてご紹介いたします!玄関は共有で、1階を親世帯、2階を子世帯と分けました。お食事はご一緒にされることが多い仲良しなご家族でしたので、1階のキッチンは広々スペースを。コバルトブルーのタイルがとっても印象的!板張りの天井や、ウォールナットのフローリング、猫間障子… 。そしてお家に入るとすぐに目に飛び込んでくるアンティークの建具は、お母様がリノベーションの打合せ最中出会った逸品。「すぐにプランナーさんに連絡して、このドアを使いたいんです!使えますか?って相談したんです。」と、当時を思い出し楽しそうにお話してくださいました。お互いの生活スペースを大事にしながら2世帯が気軽に行き来できる、「程よい距離感」と「近くにいる安心感」のある暮らし。これからますます増えていくと思います。

『kuva』――とじる、ひらく | 東京のリノベーション会社・空間社の事例 #リノベーション #ワークスペース

『kuva』――とじる、ひらく | 東京のリノベーション会社・空間社の事例

仕事に子育てに目が回りそうな毎日を工夫いっぱいの空間で楽しんで乗り切るマンションリノベ、マンションリノベーション事例。忙しくても家族の時間を大切に!―課題は家事時短と子ども達との距離。共働きでお忙しい毎日の中、使いやすい間取りやお子さんの成長に合わせ可変できる子どもスペースの確保と収納スペースの必要性を感じ、リフォームすることにしました。家事時短はまず動線整理から!朝、起きて着替えたら、隣室の洗濯機をON、そのまますぐに朝ごはんの支度。おうちに帰ってきたら手を洗って、ウォークインクローゼットで着替えてまっすぐキッチンへGO。夕食の支度にもすぐに取り掛かれます。「ここには取っ手はあった方がいいですよ」 まるで自分のお家をつくるように、我がことのように、一緒に悩み提案してくれて、経験値の高さを感じました。と、お客様に喜んでいただけました♪また、リビングと一体の透明ガラスの室内窓で囲まれた子どもスペースは入り口が2つ。お子さんが成長したら、ベッドで仕切ることでそれぞれの個室が作れます。ママのプランナーが、働くママと一緒につくった、ママ目線のおうちの完成しました。

たっぷりの収納と回遊動線で家事効率をアップ、マンションリノベーション事例。ていねいに効率的に暮らしを楽しむ。お子さんたちの成長に伴い、子ども部屋が必要になったお客様。リビング隣に室内窓のある子ども部屋を作りました。高めの天井高を利用して造作したロフトは秘密基地としても大活躍!更に大容量のウォークスルークロゼットができ収納場所が決まった事で、子どもたちが率先してお片付けするようにもなりました、との事でした。水まわりはキッチン、脱衣室、洗面室、リビングと回遊できる動線で家事効率がアップ。また主寝室、クローゼット、子ども部屋リビング、玄関ホールまでぐるぐると回れる動線で、家事や子育てで忙しい毎日を効率よく過ごせる間取りのおうちの完成です。

『kuva』――とじる、ひらく | 東京のリノベーション会社・空間社の事例  #リノベーション #ドア

『kuva』――とじる、ひらく | 東京のリノベーション会社・空間社の事例

“モノの場所”を上手に生み出す リノベーションプランナーの“整った部屋”【男の部屋】 | OLIVER

“モノの場所”を上手に生み出す リノベーションプランナーの“整った部屋”【男の部屋】

4年前にリノベーションして住んでいる増田さん宅。白色をベースに、木目の温かさと所々に差し色として使われている爽やかなブルーが気持ちのいい空間を作っている。「主張が強すぎるから」という理由でデザイナーズのものは置かないというこだわりの住まいは、心地よくモノが置かれている、整理整頓された部屋。

仕事に子育てに目が回りそうな毎日を工夫いっぱいの空間で楽しんで乗り切るマンションリノベ、マンションリノベーション事例。忙しくても家族の時間を大切に!―課題は家事時短と子ども達との距離。共働きでお忙しい毎日の中、使いやすい間取りやお子さんの成長に合わせ可変できる子どもスペースの確保と収納スペースの必要性を感じ、リフォームすることにしました。家事時短はまず動線整理から!朝、起きて着替えたら、隣室の洗濯機をON、そのまますぐに朝ごはんの支度。おうちに帰ってきたら手を洗って、ウォークインクローゼットで着替えてまっすぐキッチンへGO。夕食の支度にもすぐに取り掛かれます。「ここには取っ手はあった方がいいですよ」 まるで自分のお家をつくるように、我がことのように、一緒に悩み提案してくれて、経験値の高さを感じました。と、お客様に喜んでいただけました♪また、リビングと一体の透明ガラスの室内窓で囲まれた子どもスペースは入り口が2つ。お子さんが成長したら、ベッドで仕切ることでそれぞれの個室が作れます。ママのプランナーが、働くママと一緒につくった、ママ目線のおうちの完成しました。

仕事に子育てに目が回りそうな毎日を工夫いっぱいの空間で楽しんで乗り切るマンションリノベ、マンションリノベーション事例。忙しくても家族の時間を大切に!―課題は家事時短と子ども達との距離。共働きでお忙しい毎日の中、使いやすい間取りやお子さんの成長に合わせ可変できる子どもスペースの確保と収納スペースの必要性を感じ、リフォームすることにしました。家事時短はまず動線整理から!朝、起きて着替えたら、隣室の洗濯機をON、そのまますぐに朝ごはんの支度。おうちに帰ってきたら手を洗って、ウォークインクローゼットで着替えてまっすぐキッチンへGO。夕食の支度にもすぐに取り掛かれます。「ここには取っ手はあった方がいいですよ」 まるで自分のお家をつくるように、我がことのように、一緒に悩み提案してくれて、経験値の高さを感じました。と、お客様に喜んでいただけました♪また、リビングと一体の透明ガラスの室内窓で囲まれた子どもスペースは入り口が2つ。お子さんが成長したら、ベッドで仕切ることでそれぞれの個室が作れます。ママのプランナーが、働くママと一緒につくった、ママ目線のおうちの完成しました。

“モノの場所”を上手に生み出す リノベーションプランナーの“整った部屋”【男の部屋】 | OLIVER

“モノの場所”を上手に生み出す リノベーションプランナーの“整った部屋”【男の部屋】

4年前にリノベーションして住んでいる増田さん宅。白色をベースに、木目の温かさと所々に差し色として使われている爽やかなブルーが気持ちのいい空間を作っている。「主張が強すぎるから」という理由でデザイナーズのものは置かないというこだわりの住まいは、心地よくモノが置かれている、整理整頓された部屋。

Pinterest
検索