ラーチ合板

<p>単管パイプとラーチ合板で作った仮設っぽいラック。ちょっと頑張ればDIYでできそう。</p>

<p>単管パイプとラーチ合板で作った仮設っぽいラック。ちょっと頑張ればDIYでできそう。</p> More

リノベーション 設計事務所 FieldGarage Inc. www.fieldgarage.com/     Floor _ 床  (モルタル・畳・フローリング・タイル・足場板・カーペット・パーケット・ヘリンボーン・ラーチ合板)

リノベーション 設計事務所 FieldGarage Inc. www.fieldgarage.com/ LIVING & DINING _ リビング ダイニング もっと見る

belly house|実績紹介|畑友洋建築設計事務所

[ 所在地 ] [ ロケーション ] [ 敷地面積 ] [ 延床面積 ] [ 竣工年 ] [ 構造設計 ] [ 施工者 ] [ 作品解説 ]

ラワンベニヤの素朴でシンプルな空間。壁を取り払って、2階全体をひとつの大空間にすることも可能。

ラワンベニヤの風合いが活きる風と光が通り抜ける外に向けて開かれた家

6年前に建てられた金野邸のコンセプトは“蚊取り線香の似合う家”。どの部屋からも外に出られること、内と外の境が曖昧であることが希望だった。

玄関を開けると広がる光景。ラーチ合板の扉は手前の書斎だけでなくキッチンまでをカバー。その先にさしこむ光も、奥行きを感じさせる演出のひとつ。

団地の狭さと暗さを解消 ここは築40年の3階建ての団地。建築家・青木律典さんは、分譲として売り出された公団の一室をリノベーションし、自宅としている。 「まわりが程よくのどかな環境で、バルコニーのある南側には保育園の園庭があり視界が開けています。建物も、コンクリートの壁で間仕切りされた壁式構造で強度がある。低コストで購入できて、しかも自由に手がつけられるので理想的な物件でした」。 57平米の空間をいかに広く感じさせるか。最初に考えたのは視覚効果だった。既に3DKから2LDKへリフォームされた物件だったが、廊下や収納を取り壊し、全面的に見直すことに。 「まず玄関が狭く感じられました。ドアを開けた瞬間に視界がまっすぐ伸びていけば、空間に奥行きと広がりが感じられます。そこで押し入れなどを取り、中央に土間を通しました」。 玄関をあけると奥まで伸びたモルタルの土間とグレーの壁。公団のイメージとはかけ離れた空間が出迎えてくれた。 少しだけ和を取り入れ、シンプルに徹した空間。天井と壁は漆喰で仕上げた。光を受けた時、ムラが感じられて味わい深い。…

imagebox|R不動産 toolbox

ステンレス×ラーチ合板の組み合わせがカジュアル。|R不動産 toolbox

<p>合板をL型に組んだパーツに裸電球を吊るして。シンプルだけどキャッチーな照明。</p>

<p>合板をL型に組んだパーツに裸電球を吊るして。シンプルだけどキャッチーな照明。</p> もっと見る

<p>白塗装の壁を背景にラーチ合板を貼ると、ミッドセンチュリーの雰囲気に。</p>

白塗装の壁を背景にラーチ合板を貼ると、ミッドセンチュリーの雰囲気に。 もっと見る

キッチンとスタディルームの間の壁。壁面を利用したマガジンラックは使い勝手がよい。

都心の2世帯・3階建2階LDKとつながるアウトドアリビングを楽しむ

地震がきっかけで家づくりを決意 佐藤さんの家が建つのは、都心の地下鉄の駅から徒歩1分ほどの便利な場所。「私の両親との2世帯で暮らすこと、さらに車を3台駐車するスペースが必要なことから、ある程度まとまった土地を探していました」と話すのは夫の丈幸さん。土地を探す中で駅近のこの場所と出会い「ここなら子どもの学区も変わらない」と、家を建てることを決意した。 以前は、近くのマンションの13階に暮らしていた佐藤さん一家。いずれは丈幸さんのご両親との同居を考えていたところ、東日本大震災が起きたことをきっかけに土地探しをスタート。妻の匡世さんは「帰宅したら、本棚や食器棚が倒れ、何もかもが壊れていました。エレベーターも使えず大変な思いもしましたし、子どもたちのためにも戸建に暮らしたいと考えるようになったんです」と当時を振り返る。 2世帯住宅に強いヘーベルハウスを選ぶ…

Pinterest
検索