16世紀テューダー朝貴族女性。メアリー・ブーリン。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 メアリー・ブーリン - Wikipedia

16世紀テューダー朝貴族女性。メアリー・ブーリン。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 メアリー・ブーリン - Wikipedia

マーゴットロビー新作でエリザベス1世役に

マーゴット・ロビー、新作でエリザベス1世役に?

マーゴットロビー新作でエリザベス1世役に

中谷美紀 - Google Search

中谷美紀 - Google Search

メアリー1世  1516年2月18日 - 1558年11月17日)は、イングランドとアイルランドの女王(在位:1553年7月19日 - 1558年11月17日)。ヘンリー8世と最初の王妃キャサリン・オブ・アラゴン(カスティーリャ女王イサベル1世とアラゴン王フェルナンド2世の娘)との娘として、グリニッジ宮殿で生まれた。後述するようにイングランド国教会に連なるプロテスタントに対する過酷な迫害から、ブラッディ・メアリー(血まみれのメアリー)と呼ばれた。

メアリー1世 1516年2月18日 - 1558年11月17日)は、イングランドとアイルランドの女王(在位:1553年7月19日 - 1558年11月17日)。ヘンリー8世と最初の王妃キャサリン・オブ・アラゴン(カスティーリャ女王イサベル1世とアラゴン王フェルナンド2世の娘)との娘として、グリニッジ宮殿で生まれた。後述するようにイングランド国教会に連なるプロテスタントに対する過酷な迫害から、ブラッディ・メアリー(血まみれのメアリー)と呼ばれた。

エリザベス1世(ユリウス暦1533年9月7日 - 1603年3月24日)  イングランドとアイルランドの女王(在位:1558年 - 1603年)。テューダー朝第5代[nb 1]にして最後の国王。別名は処女王(the Virgin Queen)、グロリアーナ(Gloriana、「栄光あるもの」の意)、よき女王エリザベス(Good Queen Bess)。ヘンリー8世の王女として生まれたが、エリザベスの出生2年半後に母のアン・ブーリンが処刑されたため、彼女は庶子とされた。弟のエドワード6世はジェーン・グレイへの王位継承に際して姉たちの王位継承権を無効としている。続くカトリックのメアリー1世の治世ではエリザベスはプロテスタントの反乱を計画したと疑われて1年近く投獄されたものの、1558年にメアリー1世が死去すると王位を継承した。

エリザベス1世(ユリウス暦1533年9月7日 - 1603年3月24日) イングランドとアイルランドの女王(在位:1558年 - 1603年)。テューダー朝第5代[nb 1]にして最後の国王。別名は処女王(the Virgin Queen)、グロリアーナ(Gloriana、「栄光あるもの」の意)、よき女王エリザベス(Good Queen Bess)。ヘンリー8世の王女として生まれたが、エリザベスの出生2年半後に母のアン・ブーリンが処刑されたため、彼女は庶子とされた。弟のエドワード6世はジェーン・グレイへの王位継承に際して姉たちの王位継承権を無効としている。続くカトリックのメアリー1世の治世ではエリザベスはプロテスタントの反乱を計画したと疑われて1年近く投獄されたものの、1558年にメアリー1世が死去すると王位を継承した。

A detail of a portrait of Queen Mary I of England, by an unknown artist from the English School. (A bit more flattering than some of her other portraits, don't you think?)

A detail of a portrait of Queen Mary I of England, by an unknown artist from the English School. (A bit more flattering than some of her other portraits, don't you think?)

Queen Mary I: painted in 1554, this is perhaps the most famous image of the queen. It is a conventional pose and the queen appears quite confident, reflecting the celebration and optimism which greeted her ascension. She holds a red rose, which was a personal symbol, referring both to the Tudor rose and her Christian name.

Queen Mary I: painted in 1554, this is perhaps the most famous image of the queen. It is a conventional pose and the queen appears quite confident, reflecting the celebration and optimism which greeted her ascension. She holds a red rose, which was a personal symbol, referring both to the Tudor rose and her Christian name.

Queen Mary I by unknown artist, Southern Netherlands  Portrait of Queen Mary I by an unknown artist. Southern Netherlands; sixteenth-century. Oil on panel; 45 x 35cm. Royal Museum of Fine Arts, Antwerp.   From 1554-8, Mary was married to the ruler of the Netherlands and her prospective male children held a claim to these lands, factors which encouraged the production of her image in the region.

Queen Mary I by unknown artist, Southern Netherlands Portrait of Queen Mary I by an unknown artist. Southern Netherlands; sixteenth-century. Oil on panel; 45 x 35cm. Royal Museum of Fine Arts, Antwerp. From 1554-8, Mary was married to the ruler of the Netherlands and her prospective male children held a claim to these lands, factors which encouraged the production of her image in the region.

June 25th, 1533 - Mary Tudor, queen consort of Louis XII of France died at 37.  Mary died at Westhorpe, Suffolk, and was first buried at the abbey at Bury St Edmunds, Suffolk. Her body was moved to nearby St Mary's Church, Bury St Edmunds, when the abbey was destroyed during the Dissolution of the Monasteries. http://www.thefuneralsource.org/deathiversary/june/25.html

June 25th, 1533 - Mary Tudor, queen consort of Louis XII of France died at 37. Mary died at Westhorpe, Suffolk, and was first buried at the abbey at Bury St Edmunds, Suffolk. Her body was moved to nearby St Mary's Church, Bury St Edmunds, when the abbey was destroyed during the Dissolution of the Monasteries. http://www.thefuneralsource.org/deathiversary/june/25.html

Pinterest
検索