Pinterest

マルセル・デュシャン

マルセル・デュシャン 紙の上の仕事

1991年に京都のビギ・アート・スペースにて開催された展覧会に際して刊行。マルセル・デュシャンのドローイング、銅版画、ポスター、作業用図面、メモなどのペーパーワークからなるビギ・コレクションを網羅する内容。アルトゥーロ・シュヴァルツ(Arturo

ダダの概要,ダダイズム,dada,dadaism,ダダイズム,トリスタン・ツァラ,マルセル・デュシャン,芸術否定,ケルン・ダダ,チューリヒ・ダダ,ニューヨーク・ダダ,

ダダイスム「反芸術」

ダダの概要,ダダイズム,dada,dadaism,ダダイズム,トリスタン・ツァラ,マルセル・デュシャン,芸術否定,ケルン・ダダ,チューリヒ・ダダ,ニューヨーク・ダダ,

ダダイスム「反芸術」

アート/ART  ダダ「マルセル・デュシャン」

アート/ART ダダ「マルセル・デュシャン」

マルセル・デュシャン、ロトレリーフ

マルセル・デュシャン、ロトレリーフ

The most prominent example of Duchamp's association with Dada was his submission of Fountain, a urinal, to the Society of Independent Artists exhibit in 1917. Artworks in the Independent Artists shows were not selected by jury, and all pieces submitted were displayed. However, the show committee insisted that Fountain was not art, and rejected it from the show. This caused an uproar amongst the Dadaists, and led Duchamp to resign from the board of the Independent Artists.

森山大道的作品掀起爭議,其實甚麼叫做好,甚麼叫做差,是國王的新衣,還只是群眾的無知,這個爭論一直都有,並且還會繼續。

【完全解説】マルセル・デュシャン「観念の芸術」 - 山田視覚芸術研究室 / 前衛芸術と現代美術のデータベース

マルセル・デュシャンと作品の解説です。デュシャン,ダダイスム,レディ・メイド,泉,彼女の独身者によって裸にされた花嫁、さえも,大ガラス,階段を降りる裸体.No.2,作品解説,現代アート,art、美術

マルセル・デュシャン「創造的行為」

翻訳は辻憲行 (twitterID=nori_1999) 芸術係数(http://gjks.org) 音声ファイルはUBUWEBにて公開されています。 http://www.ubu.com/sound/duchamp.html Togetterにまとめた翻訳を少しいじりました。

マルセル・デュシャン / 自転車の車輪 / 1913 / レディメイド /

 今日はマルセル・デュシャン(Marcel Duchamp1887−1968)です。  デュシャンは、画家きっての知性派です。それまで、画家は絵を描き、ギョーム・アポリオーネのような文学者が思想を代弁してきました。画家は愚か者と見なされていたのです。 確かに、文学者や

マルセル・デュシャン「回転硝子板」

1920年の作品。 ガラス+モーター+金属 120x184センチ。

(モダンアートの無 十選)(1)マルセル・デュシャン「パリの空気50cc」 美術評論家 沢山遼 :日本経済新聞

 一般的に芸術作品をつくることは、形あるものを造形することだと考えられている。しかし、モダンアートの歴史には、実体のない「無」がつくられるという奇妙で矛盾した事態がそこかしこに見られる。その実例を、1

【作品解説】マルセル・デュシャン「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」(大ガラス) - 山田視覚芸術研究室 / 前衛芸術と現代美術のデータベース

【作品解説】マルセル・デュシャン「彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも」(大ガラス) - 山田視覚芸術研究室 / 前衛芸術と現代美術のデータベース

マルセル・デュシャン展 反芸術「ダダ」の巨匠 見るひとが芸術をつくる 田中一光表紙デザイン 1981年/西武美術館/高輪美術館 ¥3,150

マルセル・デュシャン展 反芸術「ダダ」の巨匠 見るひとが芸術をつくる 田中一光表紙デザイン 1981年/西武美術館/高輪美術館 ¥3,150

2017年1月7日(土)-2月12日(日) ozasakyotoでは、マルセル・デュシャンの生誕130年を記念し、デュシャンにゆかりのある瀧口修造と岡崎和郎の二人展を開催。

マルセル・デュシャン生誕130年記念「瀧口修造・岡崎和郎二人展」

マルセル・デュシャン

フランス人のアーティストで、コンセプチュアルアートの父として知られるマルセル・デュシャンが、今から約百年前にフランスからニューヨークに活動を移したとき、あるひとつの「作品」によって、それまでのアートの常識を覆すようなアイディアを提示しました。それが『Fountain』です。今ではあまり見かけなくなった旧式の男性用便器を通常使用されるポジションから90度傾けて立て、その横側にもっともらしく黒の絵の具で「R. Mutt 1917」という作者のサインを入れたのでした。

【作品解説】マルセル・デュシャン「グリーンボックス」 - 山田視覚芸術研究室 / 20世紀以降の前衛芸術

【作品解説】マルセル・デュシャン「グリーンボックス」 - 山田視覚芸術研究室 / 20世紀以降の前衛芸術