Pinterest
ボルシチ風トマトスープ « SAKURA KITCHIN

ボルシチ風トマトスープ « SAKURA KITCHIN

寒い冬の到来です。キッチンに立つもの本当に寒くなってきましたね。そこで今回は、お鍋でコトコト煮て作る、具だくさんの食べるスープレシピをご紹介します。和洋中とアレンジも色々、ポカポカのスープで体を芯から温めて、風邪に負けない体を作りましょう!

体の芯からポカポカ。一皿で満足する、具だくさんの食べるスープレシピ【和洋中】

ボルシチ by 庭乃桃 寒い季節にとびきりの元気をくれる、あったかボルシチ。一見難しそうですが、すね肉やすじ肉など出汁の出やすい部位の牛肉と、ビーツ(缶詰可)があれば作れます。圧力鍋ならさらに簡単に。冷蔵庫の残り野菜をたっぷり入れた、ノンオイルのレシピです。

牛肉なしでも、ビーツさえあればボルシチ風の美味しいスープが簡単にできてしまいます♡

牛肉なし!ビーツがあれば簡単ボルシチ風♡

牛肉なしでも、ビーツさえあればボルシチ風の美味しいスープが簡単にできてしまいます♡

ロシアの定番ボルシチ | お酒にピッタリ!おすすめレシピ | サッポロビール

ロシアの定番ボルシチ

赤ワインにピッタリの洋食!―ビーツを入れると、スープが美しい深紅色になる華やかな一品です。ロシアをはじめ広くヨーロッパで作られている煮込み料理の定番。サワークリームを入れて食べると味の変化が楽しめます。

ロシアで人気のスープ・レシピ【はじめて作るロシア料理】

ロシア料理の中で一番重要なのがスープです。ボルシチ意外にも様々なスープがあるんですよ。それらを紹介しましょう。

真っ赤なスープが目を引く☆「ボルシチ」献立

生ビーツの下ごしらえ(下茹で)の仕方 レシピ・作り方

真っ赤なスープが目を引く☆「ボルシチ」献立

ビーツがあればポットひとつで超簡単にできる本格的なロシア風ボルシチスープ☆ヘルシーで、野菜の旨みたっぷり、温まります。

簡単☆本場の味ベーコンのボルシチスープ

「簡単☆本場の味ベーコンのボルシチスープ」ビーツがあればポットひとつで超簡単にできる本格的なロシア風ボルシチスープ☆ヘルシーで、野菜の旨みたっぷり、温まります。 材料:生のビーツ、人参、玉ねぎ..

缶詰ビーツでOK!世界三大スープ「ボルシチ」の本格レシピ - macaroni

缶詰ビーツでOK!世界三大スープ「ボルシチ」の本格レシピ - macaroni

鮮やかな真紅色が目を引くボルシチは、ロシアやウクライナで広く親しまれている伝統料理。ビーツとたっぷりの野菜で作るボリューム満点の一皿です。今回は缶詰のビーツでもおいしく作れるレシピをご紹介。美しくておいしい#おしゃレシピですよ♩

ボルシチ - 鮮やかなビーツやたっぷりの野菜とお肉の味が凝縮した抗酸化力満点のスープ

ボルシチはウクライナの伝統的な家庭料理。日本でいうところの味噌汁にあたります。家庭料理の特徴として、地方や家々によって材料のバリーエションはありますが、サワークリームを混ぜて食べること、ビーツを使用することの2つは共通しています。

見た目も鮮やかなビーツ色のスープ。リトアニアの夏の料理。サラダ感覚の健康的なひと皿|『ELLE a table』はおしゃれで簡単なレシピが満載!

シャルティバルシチャイ(冷たいボルシチ、リトアニア)

見た目も鮮やかなビーツ色のスープ。リトアニアの夏の料理。サラダ感覚の健康的なひと皿|『ELLE gourmet(エル・グルメ)』はおしゃれで簡単なレシピが満載!

ボルシチのレシピ|キユーピー3分クッキング

ロシア料理といえばこれ・・・赤色の謎はビーツの赤でした「ボルシチ」のレシピを紹介!

ボルシチ

ボルシチ・・・・これ見て最初に「赤っ」って言わなかった人にはご褒美あげることにしたいくらい赤い。 日本人には浸…

リトアニアのスープの旅 [第3回]深紅色の「ビートルートスープ(ボルシチ)」

食のデザイナーHORO

簡単ボルシチの画像

簡単ボルシチ

「簡単ボルシチ」IKEAで売ってたビーツの瓶詰めを使って本格簡単ボルシチ 材料:鶏肉(胸肉)、人参、セロリ..

ボルシチ  牛肉は一晩赤ワインに浸し、濾したワインで1時間煮る。野菜を投入して更に1時間ことこと。その間にビーツを茹でておいて、最後の5分でビーツを投入。1回目はきれいな赤が出なかったけど、再挑戦の2回目は鮮やかな赤に。たった最後の5分なのにすごい。ビーツの他にターニップやセロリルートなど冷蔵庫お掃除野菜がてんこ盛り。ビーツの甘さがスープにも溶け出して美味しい。

少し前になんちゃって野菜好きになった夫がはまっていたビーツ(Beets)。重さ単位じゃなくて束単位で売ってるとつい大きいのを買いたくなるんだけど(貧乏性)...

最近、自然食品店などでよく目にするビーツ。 赤カブの一種です。 その真っ赤な色がサラダや付け合わせなどにカラフルな色味を添えてくれますね。 出典 eatandsmile.net ロシアの伝統料理「ボルシチ」も赤いビーツの色を活かしたスープです。 ビーツには血行を促進して体を温める効果もあるので、 まさに極寒のロシアで生まれた身土不二の根菜です。 出典 cookingloverskitchen.com 薄切りにして生で食べると、シャキシャキ甘くて少し土の香り。 オーブンでゆっくりローストして食べると、中はほくっと柔らかく、とろけるような味わいに。 ぬか漬けや浅漬けにしても美味しいんですよ。 ビーツの赤色は、もちろんポリフェノールの色。 抗酸化作用は他のどんな根菜類より、ずば抜けています! その他にも、鉄分、カリウム、マグネシウムなど、ミネラルを豊富に含んでいることから、 ビーツは「血の薬」とか「飲む輸血」などと呼ばれています。 貧血気味の方は、ビーツとお肉を合わせたボルシチスープで効率良く鉄分を摂取すると良いかもしれません。…

「ビーツは血の薬。ビーツのピンクポタージュ」鉄分・ポリフェノール・ビタミンE、女性に必要な栄養が豊富なビーツと、ココナッツミルクで作るクリーミーなサプリスープです。 材料:ビーツ、玉ねぎ、だし汁(※)..