Igarashi Design personal helicopter prototype

正月休みにすっかりハマってしまったラジコン ヘリですが、 今までのヘリは手の平サイズで室内でしたか、飛ばせませんでしたが、 今回は屋外でもOKです。 ...

世界のヘリコプター - 岩淸水

ご案内 世界のヘリコプター Focke-Wulf Fw 61 フォッケウルフ Fw 61 ドイツが開発した世界初の実用ヘリコプターである。機番は Fa 61 とも表記される。サイド・バイ・サイド・ローター形式のヘリで、Fw 44 の...

スターヘリコプター

スターヘリコプター : 80年代懐かしのおもちゃ【昭和】 - NAVER まとめ

線香花火

江戸文化の伝統とこだわり、老舗の味と技、古くて新しい和の心を大切に集めた匠の逸品をお届け。 手拭いや琺瑯、がま口等日本の良品を紹介和雑貨「ちどり屋」、江戸グルメを日本橋よりお取り寄せ出来ます。

世界の名車<第116回>日本のクルマの原点「ダイハツ・ミゼット」 - 小川フミオのモーターカー - 朝日新聞デジタル&M

販売戦略も、その軽便性を売りとする「街のヘリコプター」なるユニークなキャッチフレーズ、楠トシエの歌うコマーシャルソングなど個性的であったが、特筆すべきはテレビコマーシャルのいち早い活用であった。当時ダイハツがスポンサーとなっていたコメディドラマ「やりくりアパート」(1958年 - 1960年)の生CMに、ドラマの主役である大村崑を起用、番組終わりのCM枠では毎回、大村がギャグ混じりで「ミゼット!、ミゼット!」と連呼した。これらの拡販策は大当たりとなり、ミゼットは一躍ベストセラーとなった。 以後大手・中堅のオート三輪メーカー各社はミゼットに追随して軽オート三輪に続々参入し、この軽オート三輪ブームは1960年(昭和35年)頃まで続く

間取り ヤマダ・エスバイエルホーム

SxLヤマダ・エスバイエルホームの千葉県の住宅展示場、幕張展示場。空間に静と動の心地よいメリハリを持たせ、さまざまなシーンに合わせる、可変性のある住まい

ソ連時代の「機雷」をインテリアに改造01

ソ連時代の「機雷」をインテリアに改造すると→こんな風になるのか

機雷(機械水雷)とは、水中に設置することで艦船を爆発させる兵器。 とても物騒なものですが、ソビエト連邦時代の古い機雷をインテリアとしてリサイクルした人がいました。 いったいどんな物に変身したのか、ご覧ください。

飛行機, Pinterest, ゲージ, 贅沢, 航空機, コンテナ, 楽器, プロジェクト, プレーン

芦ノ湖と富士山 【Tokyo Enhancer】 の画像|”Stratoblue” 航空写真家 野口克也 Blog

ヘリコプター空撮いたします。実機ヘリコプターでのスタビライザー空撮は、いまや広告表現になくてはならないもの。という分野の方もいらっしゃると思います。また、CM…

Pinterest
検索