ピカソ 展

アンリ・マティス『大きな赤い室内』1948 Photo: Bertrand Prévost - Centre Pompidou, MNAM-CCI

ポンピドゥー・センター所蔵作品から近現代美術を紐解く『傑作展』

アンリ・マティス『大きな赤い室内』1948 Photo: Bertrand Prévost - Centre Pompidou, MNAM-CCI もっと見る

ポンピドゥー・センター傑作展 ―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―|美術館・博物館・展覧会ならミュージアムカフェ

『ポンピドゥー・センター傑作展』で感じる20世紀のフランス*ピカソにデュシャン、巨匠も続々!(6/11〜) #ヨーロッパ #展覧会 #ペインティング #デュシャン #歴史 #theartistpress

バルテュス展 Balthus - 東京都美術館  2014年4月19日(土) ~ 6月22日(日)  ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家バルテュス(本名バルタザール・クロソフスキー・ド・ローラ、1908-2001)。 時が止まったように静謐な風景画や、バルテュス曰く「この上なく完璧な美の象徴」である少女のいる室内画など、どこか神秘的で緊張感に満ちたバルテュスの絵画は、多くの人々に愛され続けています。

Balthus《 夢見るテレーズ 》少女と猫というバルテュスお気に入りのモティーフが登場するこの作品のモデルは、パリのクール・ド・ロアンの隣人だった失業者の娘テレーズ・ブランシャールで、最初の少女のモデルである。無垢から性の目覚めへの過渡期を表わしたとも言える作品で、少女の膝は完璧なモデリングとハイライトと陰影で描かれている。 1938年 油彩、カンヴァス 150x130.2cm メトロポリタン美術館 Jacques and Natasha Gelman Collection, 1998 (1999.363.2). Photo: Malcolm Varon. © The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY

「キュビズムのピカソ展」(東京ステーションギャラリー)は煉瓦を積み上げた壁面にキ...

美術アーカイブ:1988年 キュビズムのピカソ展 - ジョヴァンニッキ

アルフォンス・ミュシャ-受難-

ツアツδ仰フツォツδ督スツ・ツミツδ�ツシツδ�-ツ偲ウツ禿ッ-

DOGLOVER AKIKO シドニーで 観たり聴いたり: ピカソ展ーパリピカソ美術館から

パブロ ピカソは生前 何度も結婚したり 愛人をたくさん持ったが、愛人のフランソワーズ ジローに、こう言ったそうだ。「女というものは苦痛ばかりを作り出す機械のようなものだ。自分にとっては女は二種類しかいない。女神か、あるいはドアマットだ。」 また、ピカソは どうして子供のよ...

Pinterest
検索