ダマルを持つヒンズー教のシバ神(shiva)

インドの太鼓/ダマルを持つヒンズー教のシバ神。ダマルは日本でいう でんでん太鼓。IROMBOOK のフリー素材。

摩醯首羅王(まけいしゅらおう)像 国宝・三十三間堂 観音二十八部衆  木造彩色、玉眼。161cm。ヒンズー教のシヴァ神。大自在天ともいう。上半身裸で右手は肩の高さへ上げて掌を開き、左手は頂部に鳥が付いた杖を握る。驚きに近い忿怒の表情を浮かべる。

美しい日本の仏像 on

美しい日本の仏像 on Twitter: "【京都・三十三間堂/摩醯首羅王(二十八部衆)(鎌倉)】木造彩色、玉眼。161cm。ヒンズー教のシヴァ神。大自在天ともいう。上半身裸で右手は肩の高さへ上げて掌を開き、左手は頂部に鳥が付いた杖を握る。驚きに近い忿怒の表情を浮かべる。 https://t.co/LA7PwGklmK"

インドでは17日、破壊と創造を司るヒンズー教のシバ神(Lord Shiva)を称える祭り「マハ・シバラトリ(Maha Shivaratri)」を迎えた。信者らはこの日、シバ神に祈りを捧げて日没後の断食を行う。

インドでは17日、破壊と創造を司るヒンズー教のシバ神(Lord Shiva)を称える祭り「マハ・シバラトリ(Maha Shivaratri)」を迎えた。信者らはこの日、シバ神に祈りを捧げて日没後の断食を行う。

インド北部アムリツァル(Amritsar)で、ヒンズー教の春の祭典「ホーリー(Holi)」を前に行われたパレードで、シバ(Shiva)神に扮(ふん)した信者(2014年3月12日撮影)。(c)AFP/NARINDER NANU ▼13Mar2014AFP|春はもうすぐ、お祭りムードのインド http://www.afpbb.com/articles/-/3010264 #India #Amritsar #Holi #Shiva

【3月13日 AFP】インドでは、冬の終わりを告げるヒンズー教の色鮮やかな祭典「ホーリー(Holi)」を数日後に控え、既にお祭りムードが高まっている。

インド北部アムリツァル(Amritsar)で、ヒンズー教の春の祭典「ホーリー(Holi)」を前に行われたパレードで、シバ(Shiva)神(後方)と女神カーリー(Kali)に扮(ふん)した信者ら(2014年3月12日撮影)。(c)AFP/NARINDER NANU ▼13Mar2014AFP|春はもうすぐ、お祭りムードのインド http://www.afpbb.com/articles/-/3010264 #India #Amritsar #Holi #Shiva #Kali

インド北部アムリツァル(Amritsar)で、ヒンズー教の春の祭典「ホーリー(Holi)」を前に行われたパレードで、シバ(Shiva)神(後方)と女神カーリー(Kali)に扮(ふん)した信者ら(2014年3月12日撮影)。(c)AFP/NARINDER NANU ▼13Mar2014AFP|春はもうすぐ、お祭りムードのインド http://www.afpbb.com/articles/-/3010264 #India #Amritsar #Holi #Shiva #Kali

英ロンドンで6月9日、ヒンズー教の最高神ヴィシュヌの化身とされる英雄クリシュナをたたえるラタヤートラ祭が行われた。

【6月10日 AFP】英ロンドン(London)中心部で9日、ヒンズー教の最高神ヴィシュヌの化身とされる英雄クリシュナ(Krishna)をたたえるラタヤートラ(Ratha-yatra)祭が行われた。

インド西部アーメダバード(Ahmedabad)郊外で執り行われた雨の神をなだめる儀式で、式を取り仕切るヒンズー教の司祭階級であるバラモンの人々(2014年7月1日撮影)。(c)AFP/Sam PANTHAKY ▼2Jul2014AFP|雨よ降れ!印アーメダバードで雨乞い http://www.afpbb.com/articles/-/3019458 #Ahmedabad #Brahmin

【7月2日 AFP】インド西部のアーメダバード(Ahmedabad)郊外で1日、雨の神をなだめる儀式が執り行われた。

インド北部アムリツァル(Amritsar)で、ヒンズー教の春の祭典「ホーリー(Holi)」を前に行われたパレードで、シバ(Shiva)神(後方)に扮(ふん)しニシキヘビを手にした信者(2014年3月12日撮影)。(c)AFP/NARINDER NANU ▼13Mar2014AFP|春はもうすぐ、お祭りムードのインド http://www.afpbb.com/articles/-/3010264 #India #Amritsar #Holi #Shiva #Python

【3月13日 AFP】インドでは、冬の終わりを告げるヒンズー教の色鮮やかな祭典「ホーリー(Holi)」を数日後に控え、既にお祭りムードが高まっている。

2012年8月10日にヒンズー教の神クリシュナの生誕を祝う祭り「ジャンマシュタミ」が行われた様子。ジャンマシュタミはインド中で行われます。

Reutersが2012年に撮られた報道写真のうち、ベストショット95枚を公開しています。大統領選挙やシリアの紛争、ハリケーン・サンディの被害など、2012年に起こった出来事の衝撃的瞬間を捉えた写

インド西部アーメダバード(Ahmedabad)郊外で執り行われた雨の神をなだめる儀式で、式を取り仕切るヒンズー教の司祭階級であるバラモンの人々(2014年7月1日撮影)。(c)AFP/Sam PANTHAKY ▼2Jul2014AFP|雨よ降れ!印アーメダバードで雨乞い http://www.afpbb.com/articles/-/3019458 #Ahmedabad #Brahmin

【7月2日 AFP】インド西部のアーメダバード(Ahmedabad)郊外で1日、雨の神をなだめる儀式が執り行われた。

インド西部アーメダバード(Ahmedabad)郊外で執り行われた雨の神をなだめる儀式で、式を取り仕切るヒンズー教の司祭階級であるバラモンの人々(2014年7月1日撮影)。(c)AFP/Sam PANTHAKY ▼2Jul2014AFP|雨よ降れ!印アーメダバードで雨乞い http://www.afpbb.com/articles/-/3019458 #Ahmedabad #Brahmin

【7月2日 AFP】インド西部のアーメダバード(Ahmedabad)郊外で1日、雨の神をなだめる儀式が執り行われた。

双身歓喜天立像(十輪寺)  元正天皇の勅願寺で元興寺の一子院と伝えられる奈良県の寺院。歓喜天は仏法守護の神であるが、我が国では夫婦和合をもたらす性の神の面が強いため、通常人目のつかないよう円筒形の厨子に収められている。

十輪院歓喜天立像:元正天皇の勅願寺で元興寺の一子院と伝えられる奈良県の寺院。歓喜天は仏法守護の神であるが、我が国では夫婦和合をもたらす性の神の面が強いため、通常人目のつかないよう円筒形の厨子に収められている。 https://t.co/KJPAmhMoSn

[ tumbi ] plucked string instruments. Indian necked lutes.

トゥンビ(tumbi)はインドやパキスタンの楽器。片手でヒョイっと持てる小さな弦楽器。弦は一本だけ。【モバイル対応 弦楽器の図鑑】

[ chanzy ] plucked string instrument.

[ chanzy ] plucked string instrument.

Pinterest
検索