「スフォリアテッラ」は貝殻のような見た目、パイのような層の中にクリームが入ったイタリアのナポリ地方の名物菓子です。バターではなくラードを使用することからバリバリ感が強く、さっくりとした歯ごたえを楽しめます。手作りで作ってみませんか?

繊細な食感♩イタリア菓子「スフォリアテッラ」のレシピをチェック - macaroni

139 Likes, 1 Comments - CHEESE STAND (@cheese_stand) on Instagram: “スフォリアテッラ、焼きあがりました。リコッタのクリームが入ったサクサクのスフォリアテッラ。持ち帰りでお買い求めいただくこともできます。 #cheesestand #スフォリアテッラ #焼きたて…”

繊細な食感♩イタリア菓子「スフォリアテッラ」のレシピをチェック - macaroni

繊細な食感♩イタリア菓子「スフォリアテッラ」のレシピをチェック - macaroni

東銀座駅から歩いて約3分のところに懐かしさあふれるハムカツパンの名店チョウシ屋があるんです 近隣で働くサラリーマンやOLから愛され続けお昼時は行列もできるほどの名店 ラードでカラッと揚げられたハムカツがふんわりした食パンサンドされていて昔ながらのおいしさがたまりません( tags[東京都]

東銀座駅から歩いて約3分のところに懐かしさあふれるハムカツパンの名店「チョウシ屋」があるんです。 近隣で働くサラリーマンやOLから愛され続け、お昼時は行列もできるほどの名店! ラードでカラッと揚げられたハムカツがふんわりした食パンサンドされていて、昔ながらのおいしさがたまりません(≧∇≦)

小麦粉の代わりに片栗粉、 ラードの代わりにオリーブオイル、 ウチの有り合せばかりで真似しちゃいましたァ(笑)  中濃ソースと、イチゴジャムの②種類を試したンだけど  やっぱソースやねぇん✨(笑)  サクサクで熱いウチに、 ムシャムシャかぶりつくのがイイよね ღゝ◡╹)ノ♡ - 59件のもぐもぐ - できたよ〜パンカツ✨ by demi79

できたよ パンカツ

小麦粉の代わりに片栗粉、 ラードの代わりにオリーブオイル、 ウチの有り合せばかりで真似しちゃいましたァ(笑) 中濃ソースと、イチゴジャムの②種類を試したンだけど やっぱソースやねぇん🐷👍✨(笑) サクサクで熱いウチに、 ムシャムシャかぶりつくのがイイよね ღゝ◡╹)ノ♡ - 59件のもぐもぐ - できたよ〜パンカツ🍞✨👍 by demi79

パンに水で溶いた小麦粉、パン粉を付けてラードで焼き上げた「パンカツ」がネットを中心に話題に。Yahoo!検索の「話題のツイート」にもランクインしています。

みなさんは「パンカツ」という食べ物を知っているだろうか。なんでも八王子のソウルフードらしいが、徐々にブームを起こしつつあるのだという。しかし、パンカツと聞いてもどのような食べ物なのか想像がつきにくいのも事実。パンなのかカツなのか…一体どのような食べ物なのだろうか?

デーツ(なつめやし)クラウン デーツ ペースト 1kg ( ナツメヤシ / パン 製菓 業務用 / 100% 天然 / 無添加 / ラード 砂糖 不使用 / 非遺伝子組換え :アラブ王室御用達, ハラル, ベジタリアン、ビーガン対応, ベジタリアンマーク(インド)あり。栄養価が非常に高いので、一日これを一粒食べるだけで生きていけるといわれています。ラマダーンの断食明けにはデーツと水を摂ります。

デーツ(なつめやし)クラウン デーツ ペースト 1kg ( ナツメヤシ / パン 製菓 業務用 / 100% 天然 / 無添加 / ラード 砂糖 不使用 / 非遺伝子組換え :アラブ王室御用達, ハラル, ベジタリアン、ビーガン対応, ベジタリアンマーク(インド)あり。栄養価が非常に高いので、一日これを一粒食べるだけで生きていけるといわれています。ラマダーンの断食明けにはデーツと水を摂ります。

パンとラードを持って来てもらって、ひたすら食べる♩ 丁度良い塩気とラードの甘み、それにハーブの香りがバランス良く、しかも丁度良い薄切り具合(これが手切りだとなかなかこうはいかない)で、全然脂っこさがないのです。き、危険だ。満喫出来ました。

パンとラードを持って来てもらって、ひたすら食べる♩ 丁度良い塩気とラードの甘み、それにハーブの香りがバランス良く、しかも丁度良い薄切り具合(これが手切りだとなかなかこうはいかない)で、全然脂っこさがないのです。き、危険だ。満喫出来ました。

リフライドビーンズ 材料:・煮た豆(今回はピント豆缶詰)・玉ねぎ:小1個(みじん切り)・ラードかベーコンかチョリソーのファットか植物油・塩胡椒・好きなスパイスなど(今回はクミン粉、カイエンペッパー、チポトレペッパーをクミン粉多めで振りいれました)手順:1  フライパンか平鍋に油脂を熱し、玉ねぎを炒める 2  玉ねぎが柔らかくなれば煮た豆と煮汁少々(焦付き防止)を入れる 3  ポテトマッシャーなどで豆を潰しながらペースト状になるまで炒め続ける。私はお玉で豆を鍋肌に擦り付けるようにして潰しました。パサパサにならないよう足りなければ水分を足します。ご飯と混ぜたり、肉の煮込みやグリルに添えて、また目玉焼きやオムレツなど卵料理とも相性が良いです。もちろんパンに塗ったりディップとしても。今回のスパイスが絶妙でした。多分、クミン粉小匙1/2、ペッパーは小匙1/4〜1/8か?

こちら↓の一品から手軽な豆ペーストの紹介です。 夏の始まりにテックスメックス★チリビーンズ、ピント豆のペースト、ワカモレ、コーントルティーヤのサルサ&チッピスその他 - アメリカ生活 お野菜たっぷりご飯の記録imoebinankin.hatenablog.com なんらかの煮た豆を玉ねぎと炒めながら潰したものはこちらで…

Via delle Oche にあるエノテカ、コクイナリウスにて。二人からオーダー出来る前菜の盛り合わせ。これが結構侮れないっ!それぞれ1品ずつ、どれも味も良くて気の利いた味の組み合わせでした。薄切りのラードをのせたジャガイモのフラン、カプリーノチーズをのせたズッキーニのオーブン焼き、鴨のパテのイチゴジャム添え、カプリーノチーズとルッコラのブレザオラ包み等。これに追加で、クロストーネ(具をのせたパン)も注文しました。

フィレンツェ田舎生活便り2の画像|エキサイトブログ (blog)

マヨルカ島名物ソブラサダ(Sobrassada)。豚肉とラード、赤パプリカが主材料の伝統腸詰。パンに塗って食す濃厚なパテといった感じです。トーストにとろけるチーズと一緒にのせてさらに少しだけトーストするのがおいしい。パーティーや突き出しに。白ワインやビールにあいます。

マヨルカ島名物ソブラサダ(Sobrassada)。豚肉とラード、赤パプリカが主材料の伝統腸詰。パンに塗って食す濃厚なパテといった感じです。トーストにとろけるチーズと一緒にのせてさらに少しだけトーストするのがおいしい。パーティーや突き出しに。白ワインやビールにあいます。

島津 睦子 さんの「パン・ド・カンパーニュ」。ザックリとした焼き上がりの素朴なパンを手作りで!先に生地の一部を発酵させ、残りと合わせる方法で作れば、コネ不足による失敗は少なくなります! NHK「きょうの料理」で放送された料理レシピや献立が満載。

パン・ド・カンパーニュ レシピ 島津 睦子さん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

島津 睦子さんの「パン・ド・カンパーニュ」のレシピページです。ザックリとした焼き上がりの素朴なパンを手作りで!先に生地の一部を発酵させ、残りと合わせる方法で作れば、コネ不足による失敗は少なくなります! 材料: 中種用、本ごね用、ラード、アマランサス、強力粉、サラダ油

リエット ブロックを、サイコロに切ります。部位はなんでも。塩をして、たっぷりのラードでキツネ色になるまで炒めます。  続いてここへ、ザク切りしたニンジンとタマネギを加え、炒め合わせます。月桂樹の葉を一枚と、胡椒をたっぷり振りかけます。  鍋の中を全部器に移し、ワインをヒタヒタに注いで200度のオーブンで一時間煮込みます。途中二三度、天地をひっくり返してまんべんなく火を入れます。煮込めたら粗熱をとってフードプロセッサに入れ、滑らかなペースト状に仕上げます。回しにくい時は、煮きったワインを注いでのばす。ペーストを保存容器に入れ、上からラードをビッチリ張ります。リエットは豚、鶏、ウサギ、魚等でも作られるフランスの保存食です。

フランスの保存食「リエット」の作り方を伝授してもらいました。 マッタリまいります。

北イタリアのエミリア・ロマーニャ地方で有名な薄いパンpiadinaピアディーナのご紹介。本場は豚のラードを使うのですが、今回は手軽にオリーブオイルを使っています。発酵なしでとっても簡単に作れます

北イタリアのまきまきパン

shinomaiさんが作った「北イタリアのまきまきパン」のレシピです。「北イタリアのエミリア・ロマーニャ地方で有名な薄いパンpiadinaピアディーナのご紹介。本場は豚のラードを使うのですが、今回は手軽にオリーブオイルを使っています。発酵なしでとっても簡単に作れます」

サンタフェ風、インディアンフライブレッド

サンタフェ風、インディアンフライブレッド

アメリカのニューメキシコ州サンタフェで食べた味を再現。ラード風味の揚げパンは、タコスよりボリューム感があります。

リフライドビーンズ材料(4人分の付け合せ)ゆでた豆カップ1.5、たまねぎ大1/2個、にんにく1カケ、クミン小さじ1/2(好き嫌いがあるスパイスなので好みで使ってください)、油 おおさじ1-2くらい  、豆のゆで汁適量、塩こしょうチリペッパー。材料の量は参考まで。作り方・ゆで豆の缶を使ってかまいません。日本なら白いんげん豆や金時豆、うずら豆など。煮崩れとか気にしないで茹でる。フライパンにおおさじ1-2の油を熱し、みじん切りのたまねぎ、にんにく、クミンを入れて中火で炒めます。この時、適量の生のホットペッパーを刻んで一緒に炒めるとに辛味と風味が加えられます。油は本格的にいくならラード。たまねぎがしんなりしたらゆで豆を加えます。ざっと混ぜたら、ここにヒタヒタになるくらいに豆のゆで汁を加えます。マッシャーやフォークで豆をつぶしながら好みの固さになるまで煮ます。つぶし加減はお好みでどうぞ。塩、こしょう、チリペッパーなどで味を整えてハイどうぞ!

ラテンアメリカ料理の付け合せの定番、塩味で炒め煮した豆です。 Refried Beans と言われていますが別…

「ラルド」は、いわゆるラード。新鮮な豚の背脂に塩をすり込み熟成させた「生ハム」のようなものです。@フィレンツエ市場

イタリアの珍味!雪のように白いコロンナータのラルド - フィレンツェガイド日記

Pinterest
検索