colorful, typo,  2014年7月28日(月)から8月2日(土)の期間、渋谷駅周辺地域において「渋谷夏祭り」が初開催される。これは2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、「日本文化の発信」、「国際交流の促進」、「地域社会の活性化」を基本趣旨としたイベントだ。1年目である本年は、我が国の民族衣装の一つで...

渋谷がゆかたで彩られる6日間「渋谷夏祭り」 ハチ公前で”ゆかた”ファッションショー - 写真1

colorful, typo, 2014年7月28日(月)から8月2日(土)の期間、渋谷駅周辺地域において「渋谷夏祭り」が初開催される。これは2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催を見据え、「日本文化の発信」、「国際交流の促進」、「地域社会の活性化」を基本趣旨としたイベントだ。1年目である本年は、我が国の民族衣装の一つで...

東京オリンピック・パラリンピック招致エンブレム(2020招致) - WORKS

東京オリンピック・パラリンピック招致エンブレム(2020招致) - WORKS

9月7日にスタートしたリオ2016パラリンピック競技大会。その最終日、9月 18日(リオデジャネイロ現地時間)に同閉会式で実施するフラッグハンドオーバーセレモニーの演出コンセプト、主な出演者が明らかになった。

9月7日にスタートしたリオ2016パラリンピック競技大会。その最終日、9月 18日(リオデジャネイロ現地時間)に同閉会式で実施するフラッグハンドオーバーセレモニーの演出コンセプト、主な出演者が明らかになった。

2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の招致を目指す東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は30日、招致活動の象徴となるロゴを発表しました。   日本を象徴する、桜。2020年オリンピック・…

JOC - 東京2020オリンピック・パラリンピック招致ロゴを発表

2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の招致を目指す東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会は30日、招致活動の象徴となるロゴを発表しました。 日本を象徴する、桜。2020年オリンピック・…

佐野研二郎氏、五輪エンブレム制作過程を解説「自身のキャリアの集大成であり、盗用疑惑は事実無根」 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ)

佐野研二郎氏、五輪エンブレム制作過程を解説「自身のキャリアの集大成であり、盗用疑惑は事実無根」 #ブレーン | AdverTimes(アドタイ)

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイトです。大会に関する最新ニュースやイベント情報、大会ビジョンや会場計画をご紹介します。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイトです。大会に関する最新ニュースやイベント情報、大会ビジョンや会場計画をご紹介します。

小池百合子都知事、JOCスポーツ賞表彰式に出席「記録と記憶に残るようなオリンピック・パラリンピックになるよう、東京都も努力したい」

小池百合子都知事、JOCスポーツ賞表彰式に出席「記録と記憶に残るようなオリンピック・パラリンピックになるよう、東京都も努力したい」

イメージ19 - 韓国で「開催権を返上すべき」との声も 5年後に迫る平昌冬季五輪、安倍総理は下村文部科学大臣を「東京オリンピック・パラリンピック担当大臣」に任命、朴槿恵支援でIOC側「準備状況は満足できる水準だ」は嘘の画像 - 近野滋之Blog『民族主義者の警鐘』 - Yahoo!ブログ

イメージ19 - 韓国で「開催権を返上すべき」との声も 5年後に迫る平昌冬季五輪、安倍総理は下村文部科学大臣を「東京オリンピック・パラリンピック担当大臣」に任命、朴槿恵支援でIOC側「準備状況は満足できる水準だ」は嘘の画像 - 近野滋之Blog『民族主義者の警鐘』 - Yahoo!ブログ

10月から東京都内で開催される建築家フランク・ゲーリーの展覧会で、主催者が、アートディレクター 佐野研二郎氏制作の展覧会グラフィックの撤回を決めたことが、10日、分かった。  理由は「主催者側の都合」としている。   展覧会は10月16日から2016年2月7日の日程で、東京・六本木のデザイン専門施設 「2121デザインサイト」が開催。米国の代表的な建築家、フランク・ゲーリーの代表作やアイデアを 紹介する内容で、佐野氏は展覧会のチラシやチケットに展開されるメーングラフィックの制作を手掛けていた。   佐野氏をめぐっては、デザインした20年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに 似ているとして、劇場側が使用差し止めを求めて提訴。組織委は佐野氏の申し出を受けエンブレム撤回を決めた。  [ 2015年9月10日 12:17 ]   これか。

10月から東京都内で開催される建築家フランク・ゲーリーの展覧会で、主催者が、アートディレクター 佐野研二郎氏制作の展覧会グラフィックの撤回を決めたことが、10日、分かった。 理由は「主催者側の都合」としている。 展覧会は10月16日から2016年2月7日の日程で、東京・六本木のデザイン専門施設 「2121デザインサイト」が開催。米国の代表的な建築家、フランク・ゲーリーの代表作やアイデアを 紹介する内容で、佐野氏は展覧会のチラシやチケットに展開されるメーングラフィックの制作を手掛けていた。 佐野氏をめぐっては、デザインした20年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに 似ているとして、劇場側が使用差し止めを求めて提訴。組織委は佐野氏の申し出を受けエンブレム撤回を決めた。 [ 2015年9月10日 12:17 ] これか。

東京2020オリンピック・パラリンピック - Tokyo2020

東京2020オリンピック・パラリンピック - Tokyo2020

Pinterest
検索