小指側を石っぽく見せようと、 曖昧な形状になってしまってる(ことと操作性、そしてバックドアを仕込んでる会社だって)以外は 完璧。やられたって思う。 mouse [Lenovo N800 Stone mouse]

小指側を石っぽく見せようと、 曖昧な形状になってしまってる(ことと操作性、そしてバックドアを仕込んでる会社だって)以外は 完璧。やられたって思う。 mouse [Lenovo N800 Stone mouse]

ASCII.jp:「バックドア」とはどういうもの?  バックドアを仕込まれてしまうと、「パソコンの画面を撮影したり」「キーボード入力を記録したり」「ファイルのアップロードやダウンロード」「感染させたマルウェア自身を消去し感染の痕跡を消す機能」(マカフィーブログより)などが遠隔操作で可能になるのです。つまり、知らないうちにPC上の情報(中には機密情報もあると思います)を送信していたり、知らないうちに、インターネット上で犯罪性のある行為をしている可能性があります。

ASCII.jp:「バックドア」とはどういうもの? バックドアを仕込まれてしまうと、「パソコンの画面を撮影したり」「キーボード入力を記録したり」「ファイルのアップロードやダウンロード」「感染させたマルウェア自身を消去し感染の痕跡を消す機能」(マカフィーブログより)などが遠隔操作で可能になるのです。つまり、知らないうちにPC上の情報(中には機密情報もあると思います)を送信していたり、知らないうちに、インターネット上で犯罪性のある行為をしている可能性があります。

「首相夫人はバックドア」安倍昭恵女史の懸念と「AO義塾」の後始末(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

「首相夫人はバックドア」安倍昭恵女史の懸念と「AO義塾」の後始末(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

パワーバックドア初期化

パワーバックドア初期化

LEXUS NX F SPORTS PARTS (MODELLISTA) バックドアエアロプレート

LEXUS NX F SPORTS PARTS (MODELLISTA) バックドアエアロプレート

「悪魔のように賢い」とGoogleのエンジニアが舌を巻く「悪意あるハードウェア」が登場 - 「悪意あるハードウェア」というのは、具体的には「塞ぐことのできないハード的バックドアを持つプロセッサ」のことで、コンピューターに最初から組み込まれています。こうして作られたプロセッサは論理ゲートが1つ追加されている程度で、通常時にはおかしな挙動をすることがないので、使っていても「悪意あるハードウェア」だと気付くことは不可能。その難しさは「干し草の山の中から、潜んだ針を見つけ出すようなもの」だとのこと。

「悪魔のように賢い」とGoogleのエンジニアが舌を巻く「悪意あるハードウェア」が登場 - 「悪意あるハードウェア」というのは、具体的には「塞ぐことのできないハード的バックドアを持つプロセッサ」のことで、コンピューターに最初から組み込まれています。こうして作られたプロセッサは論理ゲートが1つ追加されている程度で、通常時にはおかしな挙動をすることがないので、使っていても「悪意あるハードウェア」だと気付くことは不可能。その難しさは「干し草の山の中から、潜んだ針を見つけ出すようなもの」だとのこと。

▲SimejiのAndroid版は音声入力に対応。iOS版もまもなく対応  6月14日、Baiduが発表会にて日本語入力キーボードアプリ「Simeji」の音声入力機能について詳細を発表しました。  かつて日本ではSimejiが入力データを許可なくサーバーに送信していることや、Baiduが提供する別のSDKにバックドア...

Simejiの音声入力はSiriやGoogle並みの正確さ、背景にBaiduの莫大なAI投資。どうなる?音声データの個人情報

▲SimejiのAndroid版は音声入力に対応。iOS版もまもなく対応 6月14日、Baiduが発表会にて日本語入力キーボードアプリ「Simeji」の音声入力機能について詳細を発表しました。 かつて日本ではSimejiが入力データを許可なくサーバーに送信していることや、Baiduが提供する別のSDKにバックドア...

BIOSやファームウェアに感染してハードウェアに検知不能なバックドアを作る「ラクシャーサ」とは? - GIGAZINE

BIOSやファームウェアに感染してハードウェアに検知不能なバックドアを作る「ラクシャーサ」とは? - GIGAZINE

中国製のネットワーク端末にバックドアの存在が発覚、IoT時代の大問題になる可能性 - GIGAZINE  GoIP端末のマニュアルには「ctlcmd」と「limitsh」というIDでログインして端末の情報を取得することは明記されていましたが、「dbladm」という隠しIDが存在していることが判明。このバックドアを利用するとターゲット端末のルート権限シェルにリモートアクセスできる可能性があるとTrustwaveは指摘しています。

中国製のネットワーク端末にバックドアの存在が発覚、IoT時代の大問題になる可能性 - GIGAZINE GoIP端末のマニュアルには「ctlcmd」と「limitsh」というIDでログインして端末の情報を取得することは明記されていましたが、「dbladm」という隠しIDが存在していることが判明。このバックドアを利用するとターゲット端末のルート権限シェルにリモートアクセスできる可能性があるとTrustwaveは指摘しています。

Pinterest
検索