新生カタナ"KATANA3.0"がミラノデビュー! | WEBヤングマシン

新生カタナ"KATANA3.0"がミラノデビュー! | WEBヤングマシン

.

「バイク雑誌の表紙で女性がセクシーポーズを取ってるのは何故?」を考えさせてくれる男性グラビア「MotoCorsa」

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

ニューモデルの発表が相次ぐEICMA(国際モーターサイクルショー:ミラノ)の会場の一角で、多くのライダーの足を止めていたマシンが「KATANA3.0」。1981年に登場したスズキのGSX1100Sカタナは言わずと知れた名車の一台で、そのイメージを踏襲しながら36年が経過した2017年に、工業デザイン先進国であるイタリアの人々のセンスでリメイクしたマシンだ。 イタリアのバイク雑誌とエンジニアリング企業がコラボ イタリアのバイク雑誌「MOTOCICLSMO(モトチクリスモ)」誌のブースに展示されていたKATNA3.0。同誌が誌面の企画として2016年春にスタートさせたプロジェクトで、モトグッツィのグリーゾやトライアンフのタイガーを手がけたデザイナー、ロドルフォ・フラスコーリ氏がデザインを手がけている。シャーシやエンジンはスズキのGSX−S1000Fを使用し、そこにオリジナルデザインのタンクやシート、アッパーカウルを搭載。決してこのショーのためにしつらえられたデザインモックなどではなく、プロトタイプレベルまで作り込まれた実際に走行が可能なマシンだ。…

Pinterest
Search