5/3  ナナカマド(七竈、学名;Sorbus commixta)は、バラ科の落葉高木。赤く染まる紅葉や果実が美しいので、北海道や東北地方では街路樹としてよく植えられている。      赤い実を成らせる。実は鳥類の食用となる。果実酒にも利用できる。 備長炭の材料として火力も強く火持ちも良いので作られた炭は極上品とされている。  北欧などでは魔よけにもなっている。  「ナナカマド」という和名は、"大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えない"ということから付けられたという説が、広く流布している。その他に、"7度焼くと良質の炭になる"という説や、食器にすると丈夫で壊れにくい事から"竃が7度駄目になるくらいの期間使用できる"という説などもある。         双子葉植物綱 Magnoliopsida 亜綱	:	バラ亜綱 Rosidae 目	:	バラ目 Rosales 科	:	バラ科 Rosaceae 属	:	ナナカマド属 Sorbus 種	:	ナナカマド S. commixta 学名 Sorbus commixta 和名 ナナカマド 英名 Japanese Rowan

5/3 ナナカマド(七竈、学名;Sorbus commixta)は、バラ科の落葉高木。赤く染まる紅葉や果実が美しいので、北海道や東北地方では街路樹としてよく植えられている。 赤い実を成らせる。実は鳥類の食用となる。果実酒にも利用できる。 備長炭の材料として火力も強く火持ちも良いので作られた炭は極上品とされている。 北欧などでは魔よけにもなっている。 「ナナカマド」という和名は、"大変燃えにくく、7度竃(かまど)に入れても燃えない"ということから付けられたという説が、広く流布している。その他に、"7度焼くと良質の炭になる"という説や、食器にすると丈夫で壊れにくい事から"竃が7度駄目になるくらいの期間使用できる"という説などもある。 双子葉植物綱 Magnoliopsida 亜綱 : バラ亜綱 Rosidae 目 : バラ目 Rosales 科 : バラ科 Rosaceae 属 : ナナカマド属 Sorbus 種 : ナナカマド S. commixta 学名 Sorbus commixta 和名 ナナカマド 英名 Japanese Rowan

タネツケバナ  写真植物図鑑(雑草・野草)

タネツケバナ 写真植物図鑑(雑草・野草)

ワルナスビ

ワルナスビ

6/1 ハコネウツギ(箱根空木)とはスイカズラ科の植物の1種[1]。学名はWeigela coraeensis(シノニムはW. amabilis)。別名はベニウツギ          被子植物門 Magnoliophyta 綱	:	双子葉植物綱 Magnoliopsida 目	:	マツムシソウ目 Dipsacales 科	:	スイカズラ科 Caprifoliaceae 属	:	タニウツギ属 Weigela 種	:	ウコンウツギ W. coraeensis

6/1 ハコネウツギ(箱根空木)とはスイカズラ科の植物の1種[1]。学名はWeigela coraeensis(シノニムはW. amabilis)。別名はベニウツギ 被子植物門 Magnoliophyta 綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida 目 : マツムシソウ目 Dipsacales 科 : スイカズラ科 Caprifoliaceae 属 : タニウツギ属 Weigela 種 : ウコンウツギ W. coraeensis

5月10日【トチノキ(栃の木)】学名:Aesculusturbinata近縁種のセイヨウトチノキが、フランス語名「マロニエ」形態:落葉樹 樹高:高木分類:トチノキ科花色:白~薄い紅色。穂状の花序となる。使われ方:公園樹、街路樹などとして使われています。 セイヨウトチノキ「マロニエ」はパリの街路樹として有名ですね。トチノキは巨木なるものが多く、昔はくり抜いて臼を作るのにも使われました。現在は木目や色の美しさから家具などの材料として使われ、主にテーブルなどに使用されています。栃の実は渋抜きをして食用になるため、かつては稲作困難な山村などで主食の一角を成した事もあります。飢饉等の非常時の食料としても重宝され、トチノキはあまり伐採されることは無かったようです。またトチノキの花は、ミツバチが好んで蜜を採取するため、養蜂の重要な蜜原植物です。養蜂家の中には「栃蜜が一番おいしい」という方も多いようです。

5月10日【トチノキ(栃の木)】学名:Aesculusturbinata近縁種のセイヨウトチノキが、フランス語名「マロニエ」形態:落葉樹 樹高:高木分類:トチノキ科花色:白~薄い紅色。穂状の花序となる。使われ方:公園樹、街路樹などとして使われています。 セイヨウトチノキ「マロニエ」はパリの街路樹として有名ですね。トチノキは巨木なるものが多く、昔はくり抜いて臼を作るのにも使われました。現在は木目や色の美しさから家具などの材料として使われ、主にテーブルなどに使用されています。栃の実は渋抜きをして食用になるため、かつては稲作困難な山村などで主食の一角を成した事もあります。飢饉等の非常時の食料としても重宝され、トチノキはあまり伐採されることは無かったようです。またトチノキの花は、ミツバチが好んで蜜を採取するため、養蜂の重要な蜜原植物です。養蜂家の中には「栃蜜が一番おいしい」という方も多いようです。

コバノカモメヅル ガガイモ科 カモメヅル属  単葉・対生  両性花(ずい柱)  Z巻き  花期:7~9  分布:本(関東・中部・近畿)  撮影地 : 滋賀県 7月 IMG_2361  葉:長さ3-11cm・幅1-2.5cm   長楕円状披針形・先は鋭頭~鋭尖頭・   両面無毛または一部に僅かに短毛   基部は円形またはときに僅かに心形 葉柄:7-15mm 総花柄:長さ1-2cm 小花柄:長さ5-12mm 花:径7-9mm・暗紫色 花冠裂片:細長く、長さ4-6mm        鈍頭・無毛・僅かに微粒状突起 副花冠:蕊柱の約1/2 袋果:披針形・長さ5-7cm・幅6-7mm 種子:広卵形・長さ6mm・ごく狭い翼  ジョウシュウカモメヅル:関東~近畿・大きい  袋果 オオカモメヅル:柄の先に2個が水平に開出 コカモメヅル:双生して水平に開出 コバノカモメヅル:単生

コバノカモメヅル ガガイモ科 カモメヅル属 単葉・対生 両性花(ずい柱) Z巻き 花期:7~9 分布:本(関東・中部・近畿) 撮影地 : 滋賀県 7月 IMG_2361 葉:長さ3-11cm・幅1-2.5cm 長楕円状披針形・先は鋭頭~鋭尖頭・ 両面無毛または一部に僅かに短毛 基部は円形またはときに僅かに心形 葉柄:7-15mm 総花柄:長さ1-2cm 小花柄:長さ5-12mm 花:径7-9mm・暗紫色 花冠裂片:細長く、長さ4-6mm 鈍頭・無毛・僅かに微粒状突起 副花冠:蕊柱の約1/2 袋果:披針形・長さ5-7cm・幅6-7mm 種子:広卵形・長さ6mm・ごく狭い翼 ジョウシュウカモメヅル:関東~近畿・大きい 袋果 オオカモメヅル:柄の先に2個が水平に開出 コカモメヅル:双生して水平に開出 コバノカモメヅル:単生

8/22 イヌトウバナ

8/22 イヌトウバナ

7/9 リョウブ (令法、学名:Clethra barbinervis)はリョウブ科の落葉小高木である。若葉は山菜とされ、庭木としても植えられる。古名ハタツモリ ☆昔は飢饉のときの救荒植物として利用された。現在は「令法飯」などの材料にする。 また、5年に一度しか採取できないがハチミツが市場に出ることも。結晶化せず、香り高い。  令法という名は、救荒植物として育て蓄えることを法で決められたからといわれるが、花序の形から「竜尾」がなまったとの説もある。ハタツモリは畑つ守などの字が当てられるが、語源ははっきりしない。  双子葉植物綱 Magnoliopsida 亜綱	:	ビワモドキ亜綱 Dilleniidae 目	:	ツツジ目 Ericales 科	:	リョウブ科 Clethraceae 属	:	リョウブ属 Clethra 種	:	リョウブ C. barbinervis 学名 Clethra barbinervis

7/9 リョウブ (令法、学名:Clethra barbinervis)はリョウブ科の落葉小高木である。若葉は山菜とされ、庭木としても植えられる。古名ハタツモリ ☆昔は飢饉のときの救荒植物として利用された。現在は「令法飯」などの材料にする。 また、5年に一度しか採取できないがハチミツが市場に出ることも。結晶化せず、香り高い。 令法という名は、救荒植物として育て蓄えることを法で決められたからといわれるが、花序の形から「竜尾」がなまったとの説もある。ハタツモリは畑つ守などの字が当てられるが、語源ははっきりしない。 双子葉植物綱 Magnoliopsida 亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae 目 : ツツジ目 Ericales 科 : リョウブ科 Clethraceae 属 : リョウブ属 Clethra 種 : リョウブ C. barbinervis 学名 Clethra barbinervis

8/2 オトコエシ    男郎花      被子植物門 Magnoliophyta 綱	:	双子葉植物綱 Magnoliopsida 目	:	マツムシソウ目 Dipsacales 科	:	オミナエシ科 Valerianaceae 属	:	オミナエシ属 Patrinia 学名 Patrinia Juss.  女郎花(おみなえし)より大きい。 ・根は漢方薬になる。   ・別名  「敗醤(はいしょう)」    花瓶に生けておくと、    醤油(しょうゆ)の    腐ったような匂いが    してくることから。    女郎花(おみなえし)同様、    あまりいい匂いは    しないようです。

8/2 オトコエシ 男郎花 被子植物門 Magnoliophyta 綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida 目 : マツムシソウ目 Dipsacales 科 : オミナエシ科 Valerianaceae 属 : オミナエシ属 Patrinia 学名 Patrinia Juss. 女郎花(おみなえし)より大きい。 ・根は漢方薬になる。 ・別名 「敗醤(はいしょう)」 花瓶に生けておくと、 醤油(しょうゆ)の 腐ったような匂いが してくることから。 女郎花(おみなえし)同様、 あまりいい匂いは しないようです。

フウセンカズラ

フウセンカズラ

7/23〜8月 ミズヒキ 水引 被子植物 Angiosperms 階級なし : 真正双子葉類 Eudicots 階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots 目 : ナデシコ目 Caryophyllales 科 : タデ科 Polygonaceae 亜科 : ミチヤナギ亜科 Polygonoideae 連 : Persicarieae 亜連 : Persicariinae 属 : イヌタデ属 Persicaria 種 : ミズヒキ P. filiformis 学名 Persicaria filiformis (Thunb.) Nakai ex W.T.Lee[1]

7/23〜8月 ミズヒキ 水引 被子植物 Angiosperms 階級なし : 真正双子葉類 Eudicots 階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots 目 : ナデシコ目 Caryophyllales 科 : タデ科 Polygonaceae 亜科 : ミチヤナギ亜科 Polygonoideae 連 : Persicarieae 亜連 : Persicariinae 属 : イヌタデ属 Persicaria 種 : ミズヒキ P. filiformis 学名 Persicaria filiformis (Thunb.) Nakai ex W.T.Lee[1]

7/14 クマシデ

7/14 クマシデ

7/9 ヤマブキショウマ 山吹升麻 春、茎が伸び、茎先の葉がまだ展開しないものは山菜として食用にされる。ジョンナともいわれる[7]。  バラ亜綱 Rosidae 目	:	バラ目 Rosales 科	:	バラ科 Rosaceae 亜科	:	シモツケ亜科 Spiraeoideae 属	:	ヤマブキショウマ属 Aruncus 種	:	Aruncus dioicus 変種	:	ヤマブキショウマ A. d. var. kamtschaticus 学名 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara[1]

7/9 ヤマブキショウマ 山吹升麻 春、茎が伸び、茎先の葉がまだ展開しないものは山菜として食用にされる。ジョンナともいわれる[7]。 バラ亜綱 Rosidae 目 : バラ目 Rosales 科 : バラ科 Rosaceae 亜科 : シモツケ亜科 Spiraeoideae 属 : ヤマブキショウマ属 Aruncus 種 : Aruncus dioicus 変種 : ヤマブキショウマ A. d. var. kamtschaticus 学名 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara[1]

8/17 マツカゼソウ

8/17 マツカゼソウ

9月29日の誕生日の木は「ヤマハギ(山萩)」です。 マメ科ハギ属の落葉低木。原産地は日本、朝鮮半島、中国など。日本では全国の山地、山すそ、野原などに自生しています。樹高は2m程度。初秋から秋にかけて紅紫色をした長さ1.5cmほどの蝶型花を多数つけ枝先を下垂させる立ち姿は、古くから日本人に親しまれてきました。「秋の七草」の筆頭にあげられている「萩」はこのヤマハギまたは同属のマルバハギとされています。 「秋の七草」は、万葉集の山上憶良の歌『秋の野に咲きたる花を指(おゆび)折りかき数ふれば七種の花』が起源とされています。「萩」は多くの詩歌に詠まれ、日本人の心のふるさとといわれる万葉集では141首に登場し、万葉集でもっとも多く詠われた植物となっています。

9月29日の誕生日の木は「ヤマハギ(山萩)」です。 マメ科ハギ属の落葉低木。原産地は日本、朝鮮半島、中国など。日本では全国の山地、山すそ、野原などに自生しています。樹高は2m程度。初秋から秋にかけて紅紫色をした長さ1.5cmほどの蝶型花を多数つけ枝先を下垂させる立ち姿は、古くから日本人に親しまれてきました。「秋の七草」の筆頭にあげられている「萩」はこのヤマハギまたは同属のマルバハギとされています。 「秋の七草」は、万葉集の山上憶良の歌『秋の野に咲きたる花を指(おゆび)折りかき数ふれば七種の花』が起源とされています。「萩」は多くの詩歌に詠まれ、日本人の心のふるさとといわれる万葉集では141首に登場し、万葉集でもっとも多く詠われた植物となっています。

Pinterest
Search