16~17世紀テューダー朝貴族女性。アン・ブーリン。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16~17世紀西ヨーロッパ。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 映画「ブーリン家の姉妹」を観る - 夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

ヤフーの動画サイトGYAO!で映画『ブーリン家の姉妹』を 見ました。アン・ブーリンはイングランドの王妃に なったものの、たった1000日しかいられなかった 「1000日のアン」のリメイク。 アン・ブーリンの物語。なかなか面白く作られていましたが アンを演じていたのがナタリー・ポートマンでした。 ナタリー・ポートマンといったら映画「レオン」の子役で でした。そのナタリーが美人な娘さんになって 悲劇の王妃アン・ブーリンを演じていました。 映画はイギリスの時代劇としておもしろかったです。 それにしてもヘンリー8世という王様は6回も妻を 変えたし、愛人はたくさんいたという。 2番目の王妃がアン・ブーリンということで、 ヘンリーの愛人だったアンの妹メアリー・ブーリンを 退け、男子(王子)が産めない王妃と王を離婚させ 王...

16~17世紀テューダー朝貴族女性。アン・ブーリン。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16~17世紀西ヨーロッパ。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。映画「ブーリン家の姉妹」を観る - 夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

ヤフーの動画サイトGYAO!で映画『ブーリン家の姉妹』を 見ました。アン・ブーリンはイングランドの王妃に なったものの、たった1000日しかいられなかった 「1000日のアン」のリメイク。 アン・ブーリンの物語。なかなか面白く作られていましたが アンを演じていたのがナタリー・ポートマンでした。 ナタリー・ポートマンといったら映画「レオン」の子役で でした。そのナタリーが美人な娘さんになって 悲劇の王妃アン・ブーリンを演じていました。 映画はイギリスの時代劇としておもしろかったです。 それにしてもヘンリー8世という王様は6回も妻を 変えたし、愛人はたくさんいたという。 2番目の王妃がアン・ブーリンということで、 ヘンリーの愛人だったアンの妹メアリー・ブーリンを 退け、男子(王子)が産めない王妃と王を離婚させ 王...

16~17世紀テューダー朝貴族女性。アン・ブーリン。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16~17世紀西ヨーロッパ。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 アン・ブーリン - Wikipedia

アンブーリン(1507頃~1536) イングランド・テューダー朝ヘンリー8世の第二王妃。 娘はエリザベス1世 1536年5月1日、結婚から2年後、アンは国王暗殺の容疑、および不義密通を行ったとして、反逆罪に問われた。5人の男と姦通したとされたが、うち1人は実の兄弟(すなわち近親相姦)だった。 同年5月19日、反逆、姦通、近親相姦及び魔術という罪で死刑判決を受け、ロンドン塔にて斬首刑に処せられた。この時、ヘンリー8世はイングランドの死刑執行人に処刑させず、フランスのリールからジャン・ロムバウドという死刑執行人を呼び寄せて執行させたと伝えられている。

16~17世紀貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。テューダー朝。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴である切妻フード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 Late 1500s to late 1600s

16~17世紀貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。テューダー朝。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴である切妻フード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 Late 1500s to late 1600s

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。Gable hood - Wikipedia

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。Gable hood - Wikipedia

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 annehorenbout

The easy Gable hood guide

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 annehorenbout

16~17世紀テューダー朝貴族女性。エリザベス・シーモア。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 French hood - Wikipedia

16~17世紀テューダー朝貴族女性。エリザベス・シーモア。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 French hood - Wikipedia

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 eli york

The easy Gable hood guide

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 eli york

16~17世紀テューダー朝貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。テューダー朝。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。  Tudor Set 1 | Richard Jenkins Photography

16~17世紀テューダー朝貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。テューダー朝。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 Tudor Set 1 | Richard Jenkins Photography

Pinterest
検索