オープンハウス – nötch – - 名古屋市の住宅設計事務所 フィールド平野一級建築士事務所

2013年11月30日、12月1日に開催されたオープンハウス。 今回の場所は 丹羽郡扶桑町。 プランニングを担当したmakiのレポートです。 *ファサード* 周辺の家々と…

《リノベのトレンドvol.8》カフェ世代だから? 黒板塗装はハズせない|リノベーション情報サイト【リノベりす】

いまやトレンドを通り越して「定番」となりつつある黒板塗装。先日取材で伺ったカラーワークスさんでも人気商品で、某お散歩番組でロケに訪れたアノ大物タレントさんもかなり興味を示されていたそうです!マグネット機能付きのものなどもあり、また色のバリエーションも豊富になってきていて、今後ますます取り入れる方が増えていきそうな気がします。黒板塗装の良い所は「それだけでカフェっぽくなる」「挿し色効果で空間にメリ…

_MG_9978

2015年07月25,26日、愛知県岡崎市で お客さまのご厚意で開催されたオープンハウス。 今回は1F親世帯、2F子世帯、完全二世帯住宅です。 *東面のファサード* 4台ゆった…

KITCHEN /キッチン/タイル/ステンレス/リノベーション/フィールドガレージ/ FieldGarage Inc.

KITCHEN / TILE /キッチン/タイル/アイアン/ステンレス/木/リノベーション/フィールドガレージ/ FieldGarage Inc./FG-craft

『olive』 リビング

株式会社アネストワンの投稿記事:「子供の成長を見守れる、回遊式キッチンの家」です。1975年築のヴィンテージマンションをリノベーション。 細かく仕切られていた3LDKの間取りを一新し、キッチンを中心に回遊できる住まいに。 光と風を通す、開放的な空間へと生まれ変わった。 無垢の床や漆喰の壁など自然素材をふんだんに使った空間に、オリーブグリーンに調色した漆喰のアクセントウォールや、ブルーのリビング扉と小窓がアクセントとなっている。 「家族が常に一緒に居られる空間の家が理想だった」という建て主。 どこにいても家族と繋がる住まいとなり、お子様の成長を見守りながら明るく楽しい日々を過ごしている。

豊田市にて完成現場見学会を開催致します。 【OPENHOUSE】 ■日程:3/19(SAT)、20(SUN)、21(MON) ■時間:10:00〜17:00 ブルーの外壁とイエローの玄関ドアが印象的な外観。 内装も個性的な色使いで家族みんなが楽しく暮らせるお住まいになりました。 照明やスイッチプレートなど細部までこだわったインテリアも必見です。 ※こちらのお住まいのご見学は完全予約制とさせていただきます。見学ご希望のお客様は下記までお電話いただくか、クラシスホーム豊田店までお越しください。スタッフがご案内致します。 【お問い合わせ】 TEL:0565-42-7296 クラシスホーム豊田店 #クラシスホーム #オープンハウス #新築 #豊田 #無垢 #黒板塗装#clasishome #ACTUS

豊田市にて完成現場見学会を開催致します。 【OPENHOUSE】 ■日程:3/19(SAT)、20(SUN)、21(MON) ■時間:10:00〜17:00 ブルーの外壁とイエローの玄関ドアが印象的な外観。 内装も個性的な色使いで家族みんなが楽しく暮らせるお住まいになりました。 照明やスイッチプレートなど細部までこだわったインテリアも必見です。 ※こちらのお住まいのご見学は完全予約制とさせていただきます。見学ご希望のお客様は下記までお電話いただくか、クラシスホーム豊田店までお越しください。スタッフがご案内致します。 【お問い合わせ】 TEL:0565-42-7296 クラシスホーム豊田店 #クラシスホーム #オープンハウス #新築 #豊田 #無垢 #黒板塗装#clasishome #ACTUS

<Frankfurt(Main)> フランクフルト(マイン)の地下鉄用シュタットバーン車両U2型。U1型はプロトタイプに当たるため、実質このU2型がフランクフルト地下鉄の最初の顔ということになる。デュヴァーグ製の6軸2部連接車。1968年から導入が始まり、その後の駅改良によるホーム高さ変更後や新規開業区間にも、それに合わせたドア位置(高さ)の改造を施されU2e型、U2h型として運用されたが、2017年現在ではほとんど廃車されたか休車状態となっている。保存車は3編成ある。初期は赤と白のツートンカラーだったが、写真の3色塗装を経て最終的には他の路面電車や地下鉄車両と同様のターコイズ一色になっていた。路面電車と違い海外譲渡はなかったが、新造車両は輸出もされ、エドモントン、カルガリー(いずれもカナダ)、サンディエゴ(米国)に導入され、路線が整備されたメンドーサ(アルゼンチン)にはサンディエゴからの譲渡車が走っている。

<Frankfurt(Main)> フランクフルト(マイン)の地下鉄用シュタットバーン車両U2型。U1型はプロトタイプに当たるため、実質このU2型がフランクフルト地下鉄の最初の顔ということになる。デュヴァーグ製の6軸2部連接車。1968年から導入が始まり、その後の駅改良によるホーム高さ変更後や新規開業区間にも、それに合わせたドア位置(高さ)の改造を施されU2e型、U2h型として運用されたが、2017年現在ではほとんど廃車されたか休車状態となっている。保存車は3編成ある。初期は赤と白のツートンカラーだったが、写真の3色塗装を経て最終的には他の路面電車や地下鉄車両と同様のターコイズ一色になっていた。路面電車と違い海外譲渡はなかったが、新造車両は輸出もされ、エドモントン、カルガリー(いずれもカナダ)、サンディエゴ(米国)に導入され、路線が整備されたメンドーサ(アルゼンチン)にはサンディエゴからの譲渡車が走っている。

Nail-Common Tokyo JAPAN http://news.nail-common.com

COMMONの写真ブログ VOL.2〜なかめぐろのネイル - a nail salon that offers high quality custom nail art to meet your needs - The nails are made with love by Masako MOCHIHARA

木とコーヒーの香りに癒される、そんなキッチンはいかがですか?  #hughome88 ..☕︎

雰囲気 もっと見る

自然に空間を共有する家 - 施工事例 設計事務所とはじめる家づくり・注文住宅・自由設計の[neie(ネイエ)] | 名古屋 一宮 富山 高山

ダイニングキッチンはウッドデッキ・庭へと外部空間とつながり、開放感をもたせます。 リビングは低重心で落ち着きのある包容力の内部空間としています。 この2つ空間をシンプルな構成にすることでお互いを自然に共有しています。

Pinterest
検索