カラー写真の先駆者ソール・ライターがとらえた、ニューヨークの光と色 | IROZAマガジン | IROZA(イロザ)の色とファッションにまつわるウェブマガジン

SAUL LEITER 現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。 幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。 その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

SAUL LEITER   現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。  幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。  その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

SAUL LEITER 現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。 幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。 その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

ソール・ライター ≪Footprints≫ 1950年 ⒸSaul Leiter Estate

とにかくかっこよくて、デザインされたかのように斬新な構図の、まるで昨日みたいな雰囲気なのに何十年も前に撮られた、じわーっと郷愁を誘う写真の数々は、歴史に埋もれることを自ら選び、80歳を超えるまで無名だった老人が、ニューヨークの自宅周辺で、60年以上にわたり撮り続けた写真です。彼の名前は、ソール・ライター。日本で初の展覧会開催にあたり、生前の「伝説の写真家」と親交のあったポリーヌ・ヴェルマールさんに、ソール・ライターってどんな人だったのか、うかがってきました。

SAUL LEITER   現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。  幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。  その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

SAUL LEITER 現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。 幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。 その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

SAUL LEITER   現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。  幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。  その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

SAUL LEITER 現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。 幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。 その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

Gallery ギャラリー | 映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト

映画についてのページです|映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト|ニューヨーク、ロウアー・イースト・サイド。ドイツ・シュタイデル社が再発見した伝説の写真家の半生を追う。いま、彼の写真が私達の心を強く打つその理由は…

Gallery ギャラリー | 映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト

映画についてのページです|映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト|ニューヨーク、ロウアー・イースト・サイド。ドイツ・シュタイデル社が再発見した伝説の写真家の半生を追う。いま、彼の写真が私達の心を強く打つその理由は…

伝説の写真家、日本初回顧展「写真家 ソール・ライター展」 | What's New | IMA ONLINE

2017年4月29日(土・祝)より東京都・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催される「写真家 ソール・ライター展」紹介ページ。

Subtitles 日本語字幕 | 映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト

映画についてのページです|映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』公式サイト|ニューヨーク、ロウアー・イースト・サイド。ドイツ・シュタイデル社が再発見した伝説の写真家の半生を追う。いま、彼の写真が私達の心を強く打つその理由は…

SAUL LEITER   現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。  幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。  その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

SAUL LEITER 現代では、スマートフォンで簡単に写真や動画を撮影する出来、 SNSなどで簡単に世界中の人達に共有が出来る時代。 モノクロ写真からカラー写真へ移行し、カラー写真のパイオニアと言われたソール・ライター。 4/29(土)-6/25(日) Bunkamuraザ・ミュージアムでは、ソール・ライター展が開催されます。 約200点程の多くの作品が楽しめます。 幼い頃に母からもらったカメラに興味を持ち始め、写真に目覚めたソール・ライターは、 1946年、NYに拠点を移します。 色褪せやすくコントロールが難しい為、モノクロ主流だった時代に、 カラー写真を撮り始め、彼の作品が注目されます。 NY近代美術館写真部ディレクターだったエドワード・スタイケンが彼のカラー写真を評価、 MOMAに展示され、写真の世界に新しい風を吹き込んだそうです。 その後1980年代は、VOGUEやELLE、HARPER’S BAZAARなどのファッション誌で活躍したのち、 58歳で商業写真から退きます。 2006年83歳の頃に、ドイツの出版社から『Early Colour』...

Pinterest
検索