Yahoo!検索(画像)で「ソニア ドローネ」を検索すれば、欲しい答えがきっと見つかります。

Yahoo!検索(画像)で「ソニア ドローネ」を検索すれば、欲しい答えがきっと見つかります。

1925, Art Impression ソニア ドローネ 衣装 ガスで動く心臓 同時的テキスタイル ブルックリン美術館 アートライブラリー

1925, Art Impression ソニア ドローネ 衣装 ガスで動く心臓 同時的テキスタイル ブルックリン美術館 アートライブラリー

ソニア・ドローネのエキシビション - Paul Smith World - Paul's Blog

先週のある朝早く、テート・モダンを訪れて、画家ソニア・ドローネのエキシビションを見てきました。 私は長年、彼女と彼女の夫で著名な画家であるロベール・ドローネの大ファンですが、今回のエキシビションは妻ソニアのアーティストとしての才能の素晴らしさを存分に紹介しています。

ソニア・ドローネ

ソニア・ドローネ

ソニア ドローネ Sonia Delaunay   1885 - 1979.12.5  フランスの画家。 ウクライナ生まれ。 旧名ソニア テルク。 ドイツのカールスルーエ、パリのアカデミ・ドゥ・ラ・プラネットで学ぶ。1910年ロベール・ドローネと結婚し、ロベールの「窓」シリーズがアポリネールにオルフィスムと名づけられた後、夫とともにオルフィスムを追求する。とくに織物、布地のデザインなどで活躍し、’41年ロベールの死後は、’59年ロベール・ソニア展、’67年ソニア回顧展、’75〜76年にソニア栄光展を開催したほか、アルプらとロベールが構想していたサロン・デ・レアリテ・ヌーベルを創立した。’79年東京近代美術館でドローネ展開催中に死去した。

ソニア ドローネ Sonia Delaunay 1885 - 1979.12.5 フランスの画家。 ウクライナ生まれ。 旧名ソニア テルク。 ドイツのカールスルーエ、パリのアカデミ・ドゥ・ラ・プラネットで学ぶ。1910年ロベール・ドローネと結婚し、ロベールの「窓」シリーズがアポリネールにオルフィスムと名づけられた後、夫とともにオルフィスムを追求する。とくに織物、布地のデザインなどで活躍し、’41年ロベールの死後は、’59年ロベール・ソニア展、’67年ソニア回顧展、’75〜76年にソニア栄光展を開催したほか、アルプらとロベールが構想していたサロン・デ・レアリテ・ヌーベルを創立した。’79年東京近代美術館でドローネ展開催中に死去した。

Sonia Delaunay, ロシア帝政末期にウクライナで生まれたソニア・ドローネは、ドイツで絵画を学んだ後、20歳でパリに留学し、以後70余年にわたってパリを拠点に制作活動を展開しました。1910年にロベール・ドローネと結婚した頃から、夫とともに鮮やかな色彩とリズム感のある形態を特徴とする新しいキュビスム(オルフィスム)を追求する中で独自の表現世界を構築し、その後の抽象芸術に大きな影響を及ぼしています。

Sonia Delaunay, ロシア帝政末期にウクライナで生まれたソニア・ドローネは、ドイツで絵画を学んだ後、20歳でパリに留学し、以後70余年にわたってパリを拠点に制作活動を展開しました。1910年にロベール・ドローネと結婚した頃から、夫とともに鮮やかな色彩とリズム感のある形態を特徴とする新しいキュビスム(オルフィスム)を追求する中で独自の表現世界を構築し、その後の抽象芸術に大きな影響を及ぼしています。

Pinterest
検索