William Eggleston:  1959年ころのカルチェ=ブレッソンとウォーカー・エバンスの 写真集との出会いをきっかけに写真家を志します。初期のモノクロ写真はロバード・フランク、リー・フリードランダー、ゲイリー・ウィノグランドを強く感じさせます。エグルストンのイメージは消え行くアメリカ原風景がいまだ残る何気ない南部の生活や風景をカラーで写し出しています。  以上のアメリカ美術の伝統を受け継ぎ、カラー写真による新しいアメリカ・シーンを表現しているのがエグルストンをはじめスティーブン・ショアー、ジョエル・マイロウィッツなどの「ニューカラー」の作家なのです。また彼らが ロバート・フランクが切り開いた 自己表現としての写真をカラーで実現した点も見逃せません。その後80年代にかけてカラー写真はアートの一分野として定着し、リチャード・ミズラック、レン・ジェンシェルなど 多くのカラー作家が出現しました。

William Eggleston: 1959年ころのカルチェ=ブレッソンとウォーカー・エバンスの 写真集との出会いをきっかけに写真家を志します。初期のモノクロ写真はロバード・フランク、リー・フリードランダー、ゲイリー・ウィノグランドを強く感じさせます。エグルストンのイメージは消え行くアメリカ原風景がいまだ残る何気ない南部の生活や風景をカラーで写し出しています。 以上のアメリカ美術の伝統を受け継ぎ、カラー写真による新しいアメリカ・シーンを表現しているのがエグルストンをはじめスティーブン・ショアー、ジョエル・マイロウィッツなどの「ニューカラー」の作家なのです。また彼らが ロバート・フランクが切り開いた 自己表現としての写真をカラーで実現した点も見逃せません。その後80年代にかけてカラー写真はアートの一分野として定着し、リチャード・ミズラック、レン・ジェンシェルなど 多くのカラー作家が出現しました。

Copyright © | stephen shore 1977

dfltweb1.onamae.com – このドメインはお名前.comで取得されています。

Stephen Shore, Home of Abram and Malka Dikhtayar, Bazalia, Ukraine, July 27, 2012

Stephen Shore, Home of Abram and Malka Dikhtayar, Bazalia, Ukraine, July 27, 2012

Pinterest
検索