ジンギスカン 丼 レシピ

鮨・釜めし・ジンギスカン - きばなの硝子瓶

連休ですからね~サボって食べまくり~ですよ(泣) トップ画像は宅配の「釜めし」のランチセットです アタシは「うなぎ」で、オットは「五目」の 最近できた店で、お初のだった 前の晩、注文したら3時間待ちだったので諦めて 翌日の、リーズナブルな「ランチ」を.......... ...

北海道出身の夫にとってザンギ(とジンギスカンと豚丼)はソウルフードだそうです。そんな大層なもの東京出身のわたしが作れるはずがない!と、これまでできるだけ避けてきました。作っても何かしら言われるので。 ですが、いちお道民に嫁いだ者としてザンギはきちんと作れた方がいいよなあと、今回は咲きちゃんのレシピに挑戦。いや、ずっと⭐️つけてたんですが、なかなか踏み出せなくて(´•ω•`;) うっかり生姜が5gほど足らなかったのですが、こんなに味付け濃くするのね〜と納得しました。わたしが作ると味がないと言われるので。 結果。夫の評判は上々。しかも「生姜もっと効いてるほうがいい」とまで言われました。生姜少ないの - 188件のもぐもぐ - 咲きちゃんの うちのザンギを作ってみた! by sakuramochi14

咲きちゃんの うちのザンギ を作ってみた

SnapDishに投稿された佐倉さんの料理「咲きちゃんの うちのザンギ を作ってみた (ID:DS0eba)」です。「北海道出身の夫にとってザンギ とジンギスカンと豚丼 はソウルフードだそうです そんな大層なもの東京出身のわたしが作れるはずがない と これまでできるだけ避けてきました 作っても何かしら言われるので ですが いちお道民に嫁いだ者としてザンギはきちんと作れた方がいいよなあと 今回は咲きちゃんのレシピに挑戦 いや ずっと つけてたんですが なかなか踏み出せなくて うっかり生姜が5gほど足らなかったのですが こんなに味付け濃くするのね と納得しました わたしが作ると味がないと言われるので 結果 夫の評判は上々 しかも 生姜もっと効いてるほうがいい とまで言われました 生姜少ないの」

峠の釜飯

峠の釜飯

SnapDishに投稿されたHASHさんの料理「峠の釜飯 (ID:mmOL1)」です。峠の釜飯

MaguroTeriyakiDon03.jpg

マグロの照焼きわっぱ丼 - Teriyaki bowl of Maguro

ugh yes

おっかぁ~の「食ネタ一直線」!!: 目から鱗!!pivot お魚&乾物調理教室

極上松阪牛すき焼きコース写真

三重県津市にある和食、京懐石料理、日本料理の坐忘庵です。顔合わせ、接待にもご利用できます。お昼の懐石料理、夜の懐石料理と分かれており、各コース、天然のお魚と松阪肉、季節のお野菜を個室でゆったりとおくつろぎ頂けます。

Unadon ~ Japanese BBQ eel over rice ~ sprinkle it with aromatic Japanese black pepper to add a bit of kick.

絶滅危惧種になってしまったうなぎ! ひつまぶしをいつまでも食べていたい。 忘れられない味。だしの旨味。 うなぎさま様ですね。

Japanese Kameshi - rice, meat or fish and vegetables served in a small pot.

・鮭といくらの親子釜飯 - 和 旬゛ - お気軽に京料理を…。ご友人と、ご家族と、デートや接待、歓送迎会など様々な場面で。

Edible delights at Ebi-ten in Japan.  Sapporo’s Top 10 Restaurants: Hokkaido for Foodies by TheCultureTrip.com.  Click here to see the full list of places to eat.

The Top 10 Restaurants In Sapporo, Hokkaido

ホテル予約はプリンスホテルへ。快適な宿泊施設はもちろんのこと、ゴルフ場、レストランや映画館・水族館といった多彩な施設をご用意しております。また、会員登録して頂きますと、レストラン・イベント・ゴルフ・ホテルの予約がスムーズです。是非ご利用下さい。

川連漆器と稲庭うどん  inaniwa-udon

秋田県湯沢市 稲庭うどんの里から 地域に受け継がれてきた食文化や身近な風景などをお届けしております。

Japanese broiled eel on rice

【土用の丑の日】日本で暑い時期を乗り切るために栄養価の高いウナギを食べるという習慣は万葉集にも詠まれている古いものだが、土用の丑の日に食べる習慣となったのは、文政5年(1822年 - 1823年)当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)によれば、安永・天明の頃(1772年 - 1788年)よりの風習であるという。

Japanese Unaju, Grilled Eel on Rice, Tokyo うな重

やまけんの出張食い倒れ日記:美味しいウナギを食べながら、この魚の持続可能性について思いをはせる。日本橋「いづもや」の生醤油焼き、鰻重を、適正価格でありがたくいただきます。

Pinterest
検索