ジャン=リュック・ゴダール監督「軽蔑」より。バレエの実力もトップクラスだったバルドーは、スタイル抜群。ファッションセンスもずば抜けていました。 ネイビー×ボーダーでまとめたフレンチスタイル。

ジャン=リュック・ゴダール監督「軽蔑」より。バレエの実力もトップクラスだったバルドーは、スタイル抜群。ファッションセンスもずば抜けていました。 ネイビー×ボーダーでまとめたフレンチスタイル。

本作は、2010年発表の最新作『ゴダール・ソシアリスム』の公開記念としてゴダールの代表作から5作品を選び、再上映されました。 製作/1959年~2004年 公開/2011年6月4日 フランス映画 監督/ジャン=リュック・ゴダール 出演/ジ...

本作は、2010年発表の最新作『ゴダール・ソシアリスム』の公開記念としてゴダールの代表作から5作品を選び、再上映されました。 製作/1959年~2004年 公開/2011年6月4日 フランス映画 監督/ジャン=リュック・ゴダール 出演/ジ...

画像 : 優れた紙面デザイン 日本語編 (表紙・フライヤー・レイアウト・チラシ)700枚位 - NAVER まとめ

画像 : 優れた紙面デザイン 日本語編 (表紙・フライヤー・レイアウト・チラシ)700枚位 - NAVER まとめ

女と男のいる舗道(1963) ジャン=リュック・ゴダール 2016/04/13 早稲田松竹

“One day Jean-Luc and I were sitting in a cafe in Boulevard St Michel and we heard these two students talking about My Life to Live (Vivre Sa Vie). One was screaming, “I love this picture!

Amazon.co.jp: ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015: ジャン=リュック・ゴダール, 蓮實重彦, 阿部和重: 本

Amazon.co.jp: ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015: ジャン=リュック・ゴダール, 蓮實重彦, 阿部和重: 本

Jean Seberg and Jean-Paul Belmondo - A Bout De Souffle (Jean-Luc Godard, 1960)

Jean Seberg + Jean-Paul Belmondo - A Bout De Souffle (Breathless) Jean-Luc Godard, 1960

Mangy Loveの他のレビューをみる»評価: Anti-(2016-08-26)死んだ犬は治せない黒人だけを襲うように調教された白い犬──フランスの小説家ロマン・ガリが、自分の妻であり、ジャン=リュック・ゴダール監督『勝手に

Mangy Loveの他のレビューをみる»評価: Anti-(2016-08-26)死んだ犬は治せない黒人だけを襲うように調教された白い犬──フランスの小説家ロマン・ガリが、自分の妻であり、ジャン=リュック・ゴダール監督『勝手に

jlgodard | 美しき女たち男たち ジャン=リュック・ゴダール監督 Jean-Luc Godard

jlgodard | 美しき女たち男たち ジャン=リュック・ゴダール監督 Jean-Luc Godard

1960年代、フランスで花開いたヌーヴェルヴァーグの旗手ジャン=リュック・ゴダール。「女は女である」は、彼の映画の中でも最もカラフルで楽しい作品と言われています。

ファッションのお手本にしたい♡60年代&70年代の素敵な映画たち

1960年代、フランスで花開いたヌーヴェルヴァーグの旗手ジャン=リュック・ゴダール。「女は女である」は、彼の映画の中でも最もカラフルで楽しい作品と言われています。

フランス、ヌーヴェル・ヴァーグの決定打と言わしめたジャン=リュック・ゴダール監督の最高傑作。警官を殺してパリに逃げて来た自転車泥棒のミシェルは、アメリカ人の恋人パトリシアとお互い自由で束縛のない関係を楽しんでいた。

勝手にしやがれ

フランス、ヌーヴェル・ヴァーグの決定打と言わしめたジャン=リュック・ゴダール監督の最高傑作。警官を殺してパリに逃げて来た自転車泥棒のミシェルは、アメリカ人の恋人パトリシアとお互い自由で束縛のない関係を楽しんでいた。

『勝手にしやがれ』でジーン・セバーグをスターにしたジャン=リュック・ゴダール監督と

『勝手にしやがれ』でジーン・セバーグをスターにしたジャン=リュック・ゴダール監督と

ジャン=リュック・ゴダール 映画史  全8章の上映と各章の分析   アテネフランセ文化センター  2013.2.12(火)-2.20(水)(日曜休館/8日間)    2013年2月12日(火)-2月20日(水)(日曜休館/8日間)

ジャン=リュック・ゴダール 映画史 全8章の上映と各章の分析 アテネフランセ文化センター 2013.2.12(火)-2.20(水)(日曜休館/8日間) 2013年2月12日(火)-2月20日(水)(日曜休館/8日間)

ジャン・リュック・ゴダール最新作『Film Socialism』の予告編

ジャン・リュック・ゴダール最新作『Film Socialism』の予告編

Pinterest
Search