もう1台の「トヨタ 2000GT スポーツカー」(写真提供:サーキットの狼ミュージアム)

知られざる「トヨタ 2000GT オープンカー」--「サーキットの狼ミュージアム」が所蔵

もう1台の「トヨタ 2000GT スポーツカー」(写真提供:サーキットの狼ミュージアム)

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼(邦画ポスター)

サーキットの狼(邦画ポスター)

ミニカーはWorldWide 京商 サーキットの狼 ?YATABE RS

ミニカーはWorldWide 京商 サーキットの狼 ?YATABE RS

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

1970年代後半に人気を博士た漫画「サーキットの狼」。ヤンキーからプロレーサーを目指す主人公の姿が大きな人気を集め、スーパーカーブームの火付け役になったと言われています。今回は、そんなサーキットの狼で登場した名車をご紹介します。

1970年代後半に人気を博士た漫画「サーキットの狼」。ヤンキーからプロレーサーを目指す主人公の姿が大きな人気を集め、スーパーカーブームの火付け役になったと言われています。今回は、そんなサーキットの狼で登場した名車をご紹介します。

サーキットの狼 - Bing 画像

サーキットの狼 - Bing 画像

Pinterest
Search