スバル360 - Google 検索

てんとう虫こと「スバル360」が機械遺産に!スバル360の魅力と中古車情報をまとめていきます。富士重工業のスバル360はてんとう虫の愛称で親しまれた日本の名車であり、戦後日本史に残る大衆車です!昔も今も、子供からお年寄りまで人気の秘訣は!?機械遺産の決め手は!?

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

甦るハマの黒ヒョウ、ランボルギーニ・カウンタック | editeur エディトゥール

日東 サーキットの狼

「インターミッション」どどまいやのブログ | ちーぷトイトイ

「インターミッション」どどまいやのブログ記事です。自動車情報は日本最大級の自動車SNS「みんカラ」へ!

甦るハマの黒ヒョウ、ランボルギーニ・カウンタック | editeur エディトゥール

「ランボルギーニ・カウンタック」。この名前を聞くだけで胸を熱くする40〜50代の男性は多いのではないか。1975年から1979年に『週刊少年ジャンプ』で連載された「サーキットの狼」では、“ハマの黒ヒョウ”が駆る漆黒のカウンタックが人気となり、1981年公開の映画『キャノンボール』のオープニングでパトカーとカーチェイスを繰り広げたのも、レーシングスーツを纏ったセクシー美女コンビが操る黒のカウンタックだった。以降、『キャノンボール』シリーズのオープニングでは、カウンタックとパトカーのカーチェイスシーンが定番となった。1970年代半ばから80年代にかけて、当時の少年たちを熱狂させたスーパーカーブームの主役は、まさにこのクルマだったのである。1990年の生産終了から四半世紀が経過した現在も、カウンタックの人気は衰えず、世界中に愛好家が存在する。

もう1台の「トヨタ 2000GT スポーツカー」(写真提供:サーキットの狼ミュージアム)

日本のボンドカーこと「トヨタ 2000GT オープンカー」。トヨタ博物館が走行可能な状態で所蔵していることは話題になった。だが実は、その血族とも言うべきもう1台の 2000GT オープンカーが存在するという。

サーキットの狼 BATTLE!! Part 2【Best MOTORing】2000 - YouTube

サーキットの狼 BATTLE!! Part 2【Best MOTORing】2000 - YouTube

サーキットの狼 飛鳥ミノルとランボルギーニ  ミウラ - YouTube

サーキットの狼 飛鳥ミノルとランボルギーニ ミウラ - YouTube

スバル360 - Google 検索

スバル360 - Google 検索

サーキットの狼(邦画ポスター)

サーキットの狼(邦画ポスター)

キクリン (@kikurin5625) Instagram photo 2017-01-12 09:34:44 #スーパーカー#サーキットの狼 #ロータスヨーロッパ #lotus

キクリン (@kikurin5625) Instagram photo 2017-01-12 09:34:44 #スーパーカー#サーキットの狼 #ロータスヨーロッパ #lotus

ディノ

ディーノ!(※Wikipediaによるとフェラーリとは別ブランドなので、「フェラーリ・ディーノ」ってのは間違いなんだそうです。) 悩みのなさそうな、飄々とした面構えと流れるようなフォルムラインが素敵なバランスで統合されている名車。 でも名前の由来のせつなさは、スーパーカーブームの当時から有名でした。

トヨタ 2000GT

1975年から1979年まで少年ジャンプで連載された「サーキットの狼」。累計発行部数1100万部を超え、スーパーカーブームの火付け役となった漫画です。数々の名車が登場するこの漫画から中心人物の愛車を紹

キクリン (@kikurin5625) Instagram photo 2017-01-12 09:33:39 #lotus #ロータスヨーロッパ#サーキットの狼 #スーパーカー

キクリン (@kikurin5625) Instagram photo 2017-01-12 09:33:39 #lotus #ロータスヨーロッパ#サーキットの狼 #スーパーカー

1976年、ウラッコの進化形でタルガルーフが付いた最初のランボルギーニ車が「シルエット」。ミッドの3リッターV8は、最高出力250HP、最高時速260km/hを発揮した。2台の試作車と53台の生産モデルが製作された - LGMSports.com

ランボルギーニ設立50周年、歴代モデル 写真特集

1970年代後半に人気を博士た漫画「サーキットの狼」。ヤンキーからプロレーサーを目指す主人公の姿が大きな人気を集め、スーパーカーブームの火付け役になったと言われています。今回は、そんなサーキットの狼で登場した名車をご紹介します。

池沢早人師 サーキットの狼MUSEUM公式サイト

【昭和の名車まつり15】一世を風靡したスーパーカー…フェラーリとロータス ヨーロッパ[写真蔵][写真21] | goo 自動車&バイク

長野県東御市にある道の駅雷電くるみの里で9月13日、「昭和の名車まつり」が開かれた。同道の駅オープンの翌年からスタートしたイベントで、東信地方の旧車好きでつくる「カードリームオーナーズクラブ」の協力。[写真21]

Pinterest
検索