サラ・ドリュー

おはようございます。 今日6/15はエロル・ガーナーが生まれた日。 今朝の一曲は彼が作曲した代表曲「ミスティ」、ジャズのスタンダードの中でも名曲中の名曲。 ヴォーカルだとエラ、サラ、ジューン・クリスティなど、ピアノだとエロル・ガーナー本人、山元剛など、サックスだとゲッツ、デクスター・ゴードンなど、たくさんの人が歌い、演奏していて、今朝の一曲でもいろいろ取り上げてきました。 今朝は気分的にピアノで聴きたくなったので、まだ取り上げていないピアノ演奏を探して、ケニー・ドリューのトリオで爽やかに。ニールス・ペデルセンのベースがいい味を出しています。

おはようございます。 今日6/15はエロル・ガーナーが生まれた日。 今朝の一曲は彼が作曲した代表曲「ミスティ」、ジャズのスタンダードの中でも名曲中の名曲。 ヴォーカルだとエラ、サラ、ジューン・クリスティなど、ピアノだとエロル・ガーナー本人、山元剛など、サックスだとゲッツ、デクスター・ゴードンなど、たくさんの人が歌い、演奏していて、今朝の一曲でもいろいろ取り上げてきました。 今朝は気分的にピアノで聴きたくなったので、まだ取り上げていないピアノ演奏を探して、ケニー・ドリューのトリオで爽やかに。ニールス・ペデルセンのベースがいい味を出しています。

おはようございます。 昨日1/4はマリーンの誕生日でもありました。 今朝の一曲は彼女が歌う「レフト・アローン」、角川映画「キャバレー」の主題歌にもなりました。私はこの映画は見ていませんが、マリーンのヴォーカルはとてもいいですね。この名曲「レフト・アローン」はもともと、ビリー・ホリディの伴奏を務めていたマル・ウォルドロンがビリーに捧げて作曲し、ビリーが歌ったもの。ビリーの歌は録音されたものが残っていないそうですが、マルのピアノとジャッキー・マクリーンのアルトサックスで奏されたものが定番。でも、ヴォーカルありのものでは、このマリーンのはなかなかです。 マリーンがフィリピンから来日して1stアルバムを出したのは20歳頃、六本木サテンドールで聴いたのが懐かしい。と思って検索したら、サテンドールは場所は少し移動したけれどまだ六本木にあって、マリーンもこの店で歌い続けています。

ブログ始めました。音楽関係ないですけど……。 「稼ぐ力と遺す力~臆病なヒツジFX投資家の投資雑記帳」 https://yujimaema.com/

おはようございます。 今日6/6はスタン・ゲッツの命日。 今朝の一曲はゲッツのサックスとケニー・バロンのピアノで「ファースト・ソング」。タイトルは「ファースト・ソング」なのですが、ゲッツの死の間際のラストレコーディング。コペンハーゲンのカフェ・モンマルトルでのライヴ。鬼気迫る晩年の最高傑作、やっぱり素晴らしいですね。

おはようございます。 今日6/6はスタン・ゲッツの命日。 今朝の一曲はゲッツのサックスとケニー・バロンのピアノで「ファースト・ソング」。タイトルは「ファースト・ソング」なのですが、ゲッツの死の間際のラストレコーディング。コペンハーゲンのカフェ・モンマルトルでのライヴ。鬼気迫る晩年の最高傑作、やっぱり素晴らしいですね。

Night Lights - Gerry Mulligan  (HQ)

おはようございます。 でも、私はいろいろあって徹夜をしてしました。 今朝の一曲はジェリー・マリガンの「ナイト・ライツ」 おやすみなさいzzz

おはようございます。 タイムラインに鰻や花火の写真がたくさん流れた週末でしたが(^.^)、私は軽井沢で美術館巡り。東京よりは涼しかったのですが、晴天のもと徒歩と自転車で巡ったので、足腰にやや疲れが残るとともに、少し日焼けもしました。 今朝の一曲は、そんな雰囲気にもマッチした曲「Once Upon A Summertime」、ブロッサム・ディアリーのヴォーカルは可愛らしいけどちょっと癖があって好みが解かれるようですが、この曲の雰囲気にはよく合っていますね。

おはようございます。 タイムラインに鰻や花火の写真がたくさん流れた週末でしたが(^.^)、私は軽井沢で美術館巡り。東京よりは涼しかったのですが、晴天のもと徒歩と自転車で巡ったので、足腰にやや疲れが残るとともに、少し日焼けもしました。 今朝の一曲は、そんな雰囲気にもマッチした曲「Once Upon A Summertime」、ブロッサム・ディアリーのヴォーカルは可愛らしいけどちょっと癖があって好みが解かれるようですが、この曲の雰囲気にはよく合っていますね。

Till Brönner - "Ligia"

おはようございます。 今朝の一曲は、アントニオ・カルロス・ジョビンの「リジア」を、ティル・ブレナーのトランペットで♪

Oscar Peterson Trio - When Summer Comes

おはようございます。 今日は「鍵盤の皇帝」オスカー・ピーターソンが生まれた日。 今朝の一曲は「When Summer Comes」 彼本来の超絶技巧は抑えられていますが、ピーターソン自身が作曲した美しいスローバラード。私が大好きな「カナダ組曲」というアルバムも彼自身の作曲、超絶技巧は抑え気味で、流れるようなメロディからカナダの美しい風景が感じられる名盤ですが、今朝の曲もその路線です。彼自身で作曲する際は、故郷カナダの風景を思い描きながら作っているのかもしれませんね。

おはようございます。 今日から8月。8月1日は花火の日だそうです。 今朝の一曲は「ファイヤーワーク」、オリジナルはケイティ・ペリーのヒット曲ですが、ザ・クールトレイン・カルテットによるスムースジャズアレンジで。ヴォーカルはたぶんカレン・ソウザ。

おはようございます。 今日から8月。8月1日は花火の日だそうです。 今朝の一曲は「ファイヤーワーク」、オリジナルはケイティ・ペリーのヒット曲ですが、ザ・クールトレイン・カルテットによるスムースジャズアレンジで。ヴォーカルはたぶんカレン・ソウザ。

おはようございます。 今日はケニー・ドリューの命日。 今朝の一曲は「ブルース・フォー・ニカ」 欧州へ移る以前、ニューヨークで録音された彼のトリオの名盤からの一曲。 そういえば、ジャズの曲に「ニカ」という名前がよく出てきます。実はパノニカ・ドゥ・コーニグズウォーター(Pannonica de Koenigswarter)という女性のことで、数々のジャズミュージシャンのパトロンとして精神的・経済的援助をしていたそうです。この曲のほかにも、彼女に捧げられた曲がこんなに↓ セロニアス・モンク「パノニカ」 ホレス・シルヴァー「ニカズ・ドリーム」 ソニー・クラーク「ニカ」 ケニー・ドーハム「トニカ」 バリー・ハリス「インカ」 トミー・フラナガン「セロニカ」ほか

おはようございます。 今日はケニー・ドリューの命日。 今朝の一曲は「ブルース・フォー・ニカ」 欧州へ移る以前、ニューヨークで録音された彼のトリオの名盤からの一曲。 そういえば、ジャズの曲に「ニカ」という名前がよく出てきます。実はパノニカ・ドゥ・コーニグズウォーター(Pannonica de Koenigswarter)という女性のことで、数々のジャズミュージシャンのパトロンとして精神的・経済的援助をしていたそうです。この曲のほかにも、彼女に捧げられた曲がこんなに↓ セロニアス・モンク「パノニカ」 ホレス・シルヴァー「ニカズ・ドリーム」 ソニー・クラーク「ニカ」 ケニー・ドーハム「トニカ」 バリー・ハリス「インカ」 トミー・フラナガン「セロニカ」ほか

Pinterest
検索