<作り方> オーブンを190度に温めておきます。そして、メープルシロップとタイムの葉、塩をかけたブリーチーズをそのままオーブンへ。15分から20分程度、チーズがとろける感じになったら出来上がりです。 オリーブオイルを垂らしオーブンで焼いたフランスパン(スライス)にガーリックをすり込んだ、ガーリックトーストを浸けていただきます。

パーティーの一品に♪チーズフォンデュ&いろいろフォンデュのレシピ集

<作り方> オーブンを190度に温めておきます。そして、メープルシロップとタイムの葉、塩をかけたブリーチーズをそのままオーブンへ。15分から20分程度、チーズがとろける感じになったら出来上がりです。 オリーブオイルを垂らしオーブンで焼いたフランスパン(スライス)にガーリックをすり込んだ、ガーリックトーストを浸けていただきます。

オレンジと生ハムのカルパッチョ風サラダ

オレンジと生ハムのカルパッチョ風サラダ もっと見る

箸休めのサラダということですが、とても美味しそう♡ ロミロミ風なのは、サーモンが細かくしてあるからでしょうか。ちなみに「romiromi(ロミロミ)」とは、ハワイ語で「もみもみ」の意味だそうです。でも、この具材はもみもみせずにまぜまぜしてくださいね♪

おもてなしにも◎ 褒められ「ごちそうサラダ」のレシピ集♪

箸休めのサラダということですが、とても美味しそう♡ ロミロミ風なのは、サーモンが細かくしてあるからでしょうか。ちなみに「romiromi(ロミロミ)」とは、ハワイ語で「もみもみ」の意味だそうです。でも、この具材はもみもみせずにまぜまぜしてくださいね♪ もっと見る

トマトとオクラと塩昆布と青じその オリーブ和え

トマトとオクラと塩昆布と青じその オリーブ和え

SnapDishに投稿されたYukie Mouri たぬとんさんの料理「トマトとオクラと塩昆布と青じその オリーブ和え (ID:0Tj1ea)」です。「マグロの赤身ではありません笑」トマト オクラ 塩昆布

「ビールに合う★ドイツ人直伝!本格ジャーマンポテト」ドイツで教えてもらったジャーマンポテトを再現!ビールやワインのおつまみにどうぞ♪【楽天レシピ】

材料 (2人分) じゃがいも3個ソーセージ4本ベーコン4枚オリーブオイル小さじ1ニンニクみじん切り1片分塩胡椒適量粒マスタード小さじ1パセリみじん切り適量 作り方 1 まず、じゃがいもをよく洗い、皮つきで2センチ角に切ってお鍋に入れ、ひたひたになるぐらいの水を注いで中火にかけ、粉吹き芋をつくります。焦がさないよう注意です。 2 ソーセージとベーコンを食べやすい大きさに切ります。中火に温めたフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、香りが出てきたらソーセージとベーコンをこんがり炒めます。 3 ②に①のじゃがいもを入れ、塩胡椒で味付けをしながら炒めます。火を切って粒マスタードを入れて和え、最後にパセリみじん切りを散らして出来上がり!

13108543 993464317406433 950755286 n.jpg?ig cache key=mtiznzk1ndkxmtc0njeynjm1nq%3d%3d

保存版♡「赤黄緑」が重要なんです!色別おかずレシピ緑色系

4,334 Likes, 119 Comments - シンプルご飯が好き。 (@heavydrinker) on Instagram: “木曜日のおべんと。 鶏の生姜焼き 3色丼 キャロットラペ ポテトサラダ 紫キャベツのシバ漬け和え 茗荷のオリーブレモン酢漬け =================== 連休前のおべんとは…”

豆腐をオリーブオイルに漬けておくとカッテージチーズのようになってワインのお供にぴったりらしい!

まるでチーズ!?「豆腐のオイル漬け」がワインのお供に最高だった!

日本の食卓には欠かせない豆腐。お味噌汁に入れたり、冷奴にしてビールや日本酒のお供にしたり、和食では大活躍ですよね。ところが、その豆腐をオリーブオイルに漬けておくとカッテージチーズのようになってワ...

おもてなしにも♪サーモンのたたき風 by トイロ* [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

おもてなしにも♪サーモンのたたき風

お刺身用の柵を買ったら、いつもと違う食べ方を♪表面をガーリックオイルでこんがり焼くだけでおもてなしの一品に大変身!! もっと見る

「ワインに合う♪ホタテのカルパッチョ☆」簡単でワインにも合う一品です。【楽天レシピ】

楽天が運営する楽天レシピ。ユーザーさんが投稿した「ワインに合う♪ホタテのカルパッチョ☆」のレシピページです。簡単でワインにも合う一品です。。ホタテのカルパッチョ。ホタテ(刺身用),ベビーリーフ,○合わせ調味料,○オリーブオイル,○しょうゆ,○シークワーサー果汁又はレモン汁,○にんにくのすりおろし,○塩,○あらびきこしょう

オイル 4 : 酸味 1  ドレッシングのベースとなるオイル(オリーブオイル、グレープシードオイル、なたね油)と酸味(ワインビネガー、レモン、米酢)を4:1の割合とし、そこに調味料やフルーツ&ナッツ、ハーブ&スパイスをプラスすれば、組み合わせは無限大! レシピページでは、それぞれのドレッシングに合わせるメニューも提案してくれたので、そちらもぜひチェックしてみて。 ※今回のドレッシングレシピは、オイル160ml、酸味40mlに統一。

【ELLE gourmet】手作りドレッシングの簡単レシピ&黄金比率はこれだ!|エル・オンライン

簡単に作れるホームメイド・ドレッシングに挑戦してみない? サラダだけではなく前菜やメイン料理のソース代わりにも、と応用範囲が広いドレッシングは、メニューやシーンにあわせてバリエーションを知っておけば、おもてなしにも重宝。そこで、料理研究家の長谷川智永子さんが、簡単でおいしく仕上がるドレッシングレシピの黄金比率をレクチャー! まずはベースとなるオイルと酸味の基本比率を覚えよう。オイル 4 : 酸味 1ドレッシングのベースとなるオイル(オリーブオイル、グレープシードオイル、なたね油)と酸味(ワインビネガー、レモン、米酢)を4:1の割合とし、そこに調味料やフルーツ&ナッツ、ハーブ&スパイスをプラスすれば、組み合わせは無限大! レシピページでは、それぞれのドレッシングに合わせるメニューも提案してくれたので、そちらもぜひチェックしてみて。※今回のドレッシングレシピは、オイル160ml、酸味40mlに統一。

Pinterest
検索