写真仲尾知泰家族のシアワセをつくる収納術。 「家族のシアワセは、暮らしの基本となる『家』から。」これは、整理収納アドバイザーであるEmiさんが2008年にスタートしたブログ『OURHOME』

洗濯ものはたたまない!「OURHOME」のクローゼット収納術。

写真仲尾知泰家族のシアワセをつくる収納術。 「家族のシアワセは、暮らしの基本となる『家』から。」これは、整理収納アドバイザーであるEmiさんが2008年にスタートしたブログ『OURHOME』

家の中につくられた“ 外”戸外のような開放感と自由さ、変化を楽しむ

家の中につくられた“ 外”戸外のような開放感と自由さ、変化を楽しむ

家の中につくられた“ 外”戸外のような開放感と自由さ、変化を楽しむ もっと見る

写真仲尾知泰家族のシアワセをつくる収納術。 「家族のシアワセは、暮らしの基本となる『家』から。」これは、整理収納アドバイザーであるEmiさんが2008年にスタートしたブログ『OURHOME』

洗濯ものはたたまない!「OURHOME」のクローゼット収納術。

写真仲尾知泰家族のシアワセをつくる収納術。 「家族のシアワセは、暮らしの基本となる『家』から。」これは、整理収納アドバイザーであるEmiさんが2008年にスタートしたブログ『OURHOME』

プレゼンテーションを成功させるには、まず骨子を決めること。本当に伝えたい1つのことに絞り込むために、いくつかの視点を持って検討すべきです。この骨子、言い換えると「コンセプト」を決めるために図解思考を活用してみましょう。

プレゼンテーションを成功させるには、まず骨子を決めること。本当に伝えたい1つのことに絞り込むために、いくつかの視点を持って検討すべきです。この骨子、言い換えると「コンセプト」を決めるために図解思考を活用してみましょう。

感覚派デザイナーも知っておいて損はない「デザインの要素と原則」

感覚派デザイナーも知っておいて損はない「デザインの要素と原則」

Kaon ラッフルスリーブ ミラノリブプルオーバー Kaon ラッフルスリーブ ミラノリブプルオーバー 27000 2016SS La TOTALITE ドロップショルダーに立体的なラッフルスリーブが特徴的なプルオーバー しっかりとしたミラノリブ素材でシンプルながら品良く着こなせます パンツやスカートなどボトムを選ばずお使いいただけるので毎日の着回しが楽しくなりそう カオン カオンとはフランス語で中性分子の記号の意味ブランドコンセプトとして年齢などにとらわれずに着る人の個性と服でミックス感のあるコーディネートが出来る様にと考えこのコンセプトをもとにデザイン モデルサイズ:身長:170cm バスト:75cm ウェスト:60cm ヒップ:83cm 着用サイズ:フリー

Kaon ラッフルスリーブ ミラノリブプルオーバー Kaon ラッフルスリーブ ミラノリブプルオーバー 27000 2016SS La TOTALITE ドロップショルダーに立体的なラッフルスリーブが特徴的なプルオーバー しっかりとしたミラノリブ素材でシンプルながら品良く着こなせます パンツやスカートなどボトムを選ばずお使いいただけるので毎日の着回しが楽しくなりそう カオン カオンとはフランス語で中性分子の記号の意味ブランドコンセプトとして年齢などにとらわれずに着る人の個性と服でミックス感のあるコーディネートが出来る様にと考えこのコンセプトをもとにデザイン モデルサイズ:身長:170cm バスト:75cm ウェスト:60cm ヒップ:83cm 着用サイズ:フリー

取材協力:カスタムバーニング カスタムバーニング誌で連載していた 弾丸カフェレーサーが登場!!  ここに紹介する1台......見たことのある人も多いだろう。そう、SR好きならみんな読んでる人気雑誌「カスタムバーニング」において、かつて連載企画として製作したマシンなのである。  オーナーは元同誌編集部員で、今も愛車としてガンガン走っているということで、その詳細を改めて見ていきたい。  もともとはノーマルだったSR400であるが、「弾丸カフェレーサーを作ろう!」ということで、カスタムバーニング誌で今から約3年ほど前に連載がスタート。イエローモーターサイクルやモーターガレージグッズ、フレークスなど、名だたるカスタムショップによって作り上げられたのだが、連載を続けるうちに当初の「弾丸カフェレーサー」というコンセプトから、純正っぽさを残す仕様に変更。車体のすべてに手が入っていながらも、ひとめでSRだと分かるスタイルに仕上げられている。  …

取材協力:カスタムバーニング カスタムバーニング誌で連載していた 弾丸カフェレーサーが登場!! ここに紹介する1台......見たことのある人も多いだろう。そう、SR好きならみんな読んでる人気雑誌「カスタムバーニング」において、かつて連載企画として製作したマシンなのである。 オーナーは元同誌編集部員で、今も愛車としてガンガン走っているということで、その詳細を改めて見ていきたい。 もともとはノーマルだったSR400であるが、「弾丸カフェレーサーを作ろう!」ということで、カスタムバーニング誌で今から約3年ほど前に連載がスタート。イエローモーターサイクルやモーターガレージグッズ、フレークスなど、名だたるカスタムショップによって作り上げられたのだが、連載を続けるうちに当初の「弾丸カフェレーサー」というコンセプトから、純正っぽさを残す仕様に変更。車体のすべてに手が入っていながらも、ひとめでSRだと分かるスタイルに仕上げられている。 …

コンセプト  20坪程度の子育て世代の小さな家です 個室は主寝室+子供室2部屋で、リビング・ダイニングは南北につながっているので、光と風が通りぬけ気持ち...

コンセプト 20坪程度の子育て世代の小さな家です 個室は主寝室+子供室2部屋で、リビング・ダイニングは南北につながっているので、光と風が通りぬけ気持ち...

3階の“外”の部分につくられたリビングは、スキップして2段構成になっている。左の外壁に開けられた開口は、枠を見せないデザイン。対して、“家”を囲う壁では木製サッシの枠を見せて色も塗っている。

家の中につくられた“ 外”戸外のような開放感と自由さ、変化を楽しむ

3階の“外”の部分につくられたリビングは、スキップして2段構成になっている。左の外壁に開けられた開口は、枠を見せないデザイン。対して、“家”を囲う壁では木製サッシの枠を見せて色も塗っている。

KOTESASHI HOUSE | 玄関のリノベーション事例写真 | TATO DESIGN(タトデザイン) | HOUSY

KOTESASHI HOUSE | 玄関のリノベーション事例写真 | TATO DESIGN(タトデザイン) | HOUSY

Pinterest
検索