Cafe ふるーるの丘様 設計施工

ぬくもり工房が手がけさせていただきました店舗建築・改装の中から、レストラン・カフェの施工事例についてご紹介いたします。大山の麓、森の中にオーナーご夫妻の想いをいっぱい込めて小さなカフェができました。庭を見おろすテラスで心地良い風に癒されオーナーご夫妻の手づくりのお料理とおもてなしをぜひどうぞ。

まるでジブリの森!日本一カワイイと話題の「ぬくもりの森」とは | RETRIP

ジブリやムーミンの谷のお話は日本人なら誰もが観たことありますよね?そんな世界観を持った森が実際あるんです!!そんな話題沸騰の「ぬくもりの森」をたっぷりご紹介いたします!ぜひ、ゴールデンウィークや土日に訪れてみてはいかがでしょう?

浜松の設計事務所、工務店。自然素材で自由設計の家づくり。新築一戸建て・店舗をご提供。

ぬくもり工房が手がけさせていただきました店舗建築・改装の中から、ショップ の施工事例についてご紹介いたします。

house in Switzerland. 元カレがこんなおうちを建てたいって模型を作ってくれたなぁ。実際地下のおうちがあるなんて行ってみたいな。

Look at this underground house in Switzerland.

http://www.soniafigueroarealtor.com- passive solar native stone ROUND earth archietectural home design //核が落とされても中で生き残れそうな家。周辺の自然や家の形がラピュタに出てくる建物にそっくり。

もっとも安く、簡単で、頑丈で、地球に優しい家を、自分で、建てる方法!(アースバッグハウス) - ICHIROYAのブログ

by Bomun by Jan Tik 知人の高江さんは、ログハウスの家を自分で建ててしまった。ログハウスの家を建てるためには、太い木材を組み上げねばならず、いくら熊のような体格の高江さんといえど、大勢の援軍が必要だったと想像がつく。しかし、今、まったく新しい、「アースバッグ」工法による家が生まれつつある。簡単に言うと…

森のケーキ屋 クリム様 設計施工

ぬくもり工房が手がけさせていただきました店舗建築・改装の中から、ケーキ店・パン店の施工事例についてご紹介いたします。テーマは「森」です。決して森にあるわけではないのですが、森を感じていただけるよう店内も思考されています。

元美術教師が建てた【約3万円】コブハウスを作る9個の裏技 | THINK FUTURE                                                                                                                                                                                 もっと見る

元 美術教師、自作ハウスへ挑戦 イギリス・オックスフォードシャーに住む、Michael Buckさん(59歳) は、美術の教師を退職した後、庭の敷地内に自らの力で素晴らしい家を建てました。 Buckさんの決して曲げられない信念は、“コストダウン” その為に、彼は自分で探せる素材だけを使い、電気を使わない工具のみを使用するという徹底ぶり。 家を買う余裕がないと思っている人たちにとって、この家は低予算で建てることができる最高のインスピレーションになるでしょう。 コストダウンの為の徹底した節約ぶり Buckさんは、この家を最初に封筒の裏側にデザインし、2年以上かけて地元の素材を集めることに費やしました。 床板は、近所の人が放置していたボートから作られ、窓ガラスも廃棄物のトラックから引き上げられたものです。 さらに、藁でさえも周辺の畑の藁葺き屋根から収集されたものです。 この家には電気も水も通っていません。 しかし、近くを流れる小川から新鮮な水を得ることができ、壁土の断熱高価のおかげで暖炉だけで家の熱を十分キープすることができます。…

埋め込み画像への固定リンク

TABI LABOは、カルチャーからライフスタイル、トレンドにテクノロジー。おもしろいモノ、感動するコト、刺激的なキーパーソン。いま世界で起きているあらゆるトピックを扱う、「世界とつながるネクストマガジン」です。

photo(C)池本史彦 篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所が設計した栃木県宇都宮市の住宅「House I」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** House I 住宅と田畑がひろがる周辺環境の中に建つ、3人家族のための住宅である。地元で採掘される大谷石でつくられた囲いの中に、大屋根を支える放射状の壁がひろがることでそれぞれの生活空間をつくっている。敷地は袋小路の突き当たりに位置し、心地のよい奥まった感覚を感じる場所であり、隣家の庭や畑、洗濯物などが垣間見えて、近隣の気配も感じられる開放的な場所でもある。近隣の人たちと庭越しに挨拶したり、塀をまたいでお互いに行き来するといった風景がひろがる場所である。 そのような場所に、家族の生活が周囲と連続しながら包まれている住宅を目指した。家という箱ではなく生活の囲いをつくり、そしてその囲いは出入り口をつくる外壁になったり、周囲を眺める窓の高さによって塀になったりと、生活の動きによって変化していく住宅である。平面的に偏平したこの囲いの中には壁が放射状にひろがっていて、その間に家族が集まったり離れ...

photo(C)池本史彦 篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所が設計した栃木県宇都宮市の住宅「House I」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** House I 住宅と田畑がひろがる周辺環境の中に建つ、3人家族のための住宅である。地元で採掘される大谷石でつくられた囲いの中に、大屋根を支える放射状の壁がひろがることでそれぞれの生活空間をつくっている。敷地は袋小路の突き当たりに位置し、心地のよい奥まった感覚を感じる場所であり、隣家の庭や畑、洗濯物などが垣間見えて、近隣の気配も感じられる開放的な場所でもある。近隣の人たちと庭越しに挨拶したり、塀をまたいでお互いに行き来するといった風景がひろがる場所である。 そのような場所に、家族の生活が周囲と連続しながら包まれている住宅を目指した。家という箱ではなく生活の囲いをつくり、そしてその囲いは出入り口をつくる外壁になったり、周囲を眺める窓の高さによって塀になったりと、生活の動きによって変化していく住宅である。平面的に偏平したこの囲いの中には壁が放射状にひろがっていて、その間に家族が集まったり離れ...

Pinterest
検索