Gustav Klimt グスタフ・クリムト : 「ひまわりの咲く農家の庭」

Gustav Klimt / グスタフ・クリムト 「ひまわりの咲く農家の庭」

グスタフ・クリムト作品の細部画像をご紹介

帝政オーストリアの画家グスタフ・クリムトは19世紀末から20世紀かけて活躍した象徴主義を代表する画家の1人です。金箔を使い豪華で装飾性ある豊かな画面と人物の写実的な描写を巧みに構成した絵画はあまりに有名で、ロマンティックでエロスを感じさせる画風です。 今回はそのクリムト作品の細部画像をご紹介。金箔を使った細部、線

クリムト『ストックレー・フリーズ-生命の樹』アールヌーヴォー

画像 : 日本絵画から影響を受けまくった西洋の絵画作品まとめ - NAVER まとめ

グスタフ・クリムト「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I」

これぞ芸術…史上最高額で取引された絵画ベスト20

"アデーレブロッホ=バウアーIの肖像", オイル バイ Gustav Klimt (1862-1918, Austria)

「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」 2010.01.12 : 断調亭落丁の日記

北九州市立美術館で「クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」を観る。 19~20世紀初頭のウィーンで活躍した二人は、その前のパリの印象派の絵画を見慣れた私...

グスタフ・クリムト 花の庭

グスタフ・クリムト「花の庭(詳細)」高品質プリントは世界最大級の品揃えのオールポスターズで。ポスター、絵画、写真、ウォールステッカー、タペストリー、キャンバスプリント、Tシャツ、ビンテージアート、額入りアートなど100万点以上販売しております。

グスタフ・クリムト-愛- 愛 (Liebe) 1895年

グスタフ・クリムト Gustav Klimt:19世紀末から20世紀かけて活躍したユーゲントシュティール(象徴主義)を代表するゼツェッション(ウィーン分離派)の画家。黄金色を多用した豪華で装飾的な画面構成と明確な輪郭線を用いた対象描写、平面的な空間表現などと、人物の顔や身体での写実的描写を混合させた独自の絵画表現で19世紀末の美術界を席巻し一世を風靡。晩年期には最も様式的特徴であった黄金色の使用を捨て、色彩に新たな活路を見出した。また世紀末独特の退廃・生死・淫靡的要素を顕著に感じさせる作風も画家の大きな特徴である。

Pinterest
検索