カミーユ・ピサロ - Wikipedia

カミーユ・ピサロ - Wikipedia

Apple Picking(1886)  Camille Pissarro

東京近郊の美術館・展覧会を紹介してます。 絵画作品にときどき文学や音楽、映画などもからめて。

カミーユ・ピサロ                                                                                                                                                                                 もっと見る

「総目次」へはここをクリック! ブログもはじめてから5ヶ月目に突入したので、まとめの意味で10分で読める近代絵画史を掲載しました。お気に入りの画家や気になる画家が見つかったら、総目次からその画家のページへ移動してみてください。 総目次へはここを

カミーユ・ピサロ作「林檎の木」(1896年)

ゴッホ展の翌日、5月5日(日)は「レーピン展」で以前訪れた、姫路市立美術館へ「エミール・クラウスとベルギーの印象派」展を観に行きました。こちらは、ゴッホ展とは…

カミーユ・ピサロ『オペラ座通り、テアトル・フランセ広場』1898年 油彩、カンヴァス 73.3×92.3cm Reims, Musée des Beaux-Arts ©MBA Reims 2015/Christian Devleeschauwer.

『フランス絵画の宝庫 ランス美術館展』 - アート・デザインイベントを探す?

フランス革命時に収集が始められたコレクションをもとに、1913年に現在の形で開館したランス美術館。シャンパーニュ地方の都市・ランスの中心部に位…

[フリー絵画素材] カミーユ・ピサロ - 緑のネッカチーフをした女 (1893) ID:201307192000

高画質・高解像度で商用利用が可能なフリー絵画・版画作品素材をコレクション。パブリック・ドメインですのでクレジット表示なしで無料にてお使い頂けます。製作年順や皆さんの評価順に作品を並べ替えることも可能。素晴らしい名画の数々をごゆっくりとお楽しみ下さいませ。

ピサロ50

「総目次」へはここをクリック! 「10分でわかる近代絵画史」はここをクリック! 今回は印象派の父、カミーユ・ピサロ(1830−1903)です。 ピサロの絵は地味です(上の絵は派手ですがほとんどは地味です)。明度と彩度の変化が少なく、トーンが

カミーユ・ピサロ 「エルミタージュの丘」

カミーユ・ピサロ 「エルミタージュの丘、ポントワース」 1867

カミーユ・ピサロ りんご採り

カミーユ・ピサロは、1874年から86年まで全8回に渡って開催された印象派展全てに作品を出品した唯一の画家で、生涯に渡ってその画風を貫いたという意味では、モネをも凌ぐミスター印象主義です。最後の第8回印象派展、初期の頃、この展覧会を牽引していたモネもルノワール

Pinterest
検索