オーギュスト・ロダン

オーギュスト・ロダンとカミーユ・クローデル

「ロダン・1840~1917年)と「クローデル・1864~1943年」の2人はなんとも哀しい師弟関係であり、男女関係ですね。カミーユ・クローデルの弟(ポール・クローデル)は外交官であり詩人でもありましたが、その彼の優しい詩行が思い出されます。 ぼくには心地よい両手がある あ...

オーギュスト・ロダン『考える人』

オーギュスト・ロダン『考える人』:アート静美洞 - 【スマイル通販】

バルザック オーギュスト・ロダン

バルザック オーギュスト・ロダン

オーギュスト・ロダンの名言

オーギュスト・ロダンの名言を記録しています。ぜひご覧になっていってください。

構造乾漆 土岐 謙次 x 金田 充弘(構造エンジニア、東京藝術大学)  かのオーギュスト・ロダンをして「彫刻の内部から膨らむようなやわらかい表現は日本人の感性によってのみ生み出すことができる」と言わしめたほどの日本古来の造形技法である乾漆(麻布などを漆で固めたもの)は、奈良時代から平安時代中頃まで仏像や伎楽面などの彫像製作を中心に用いられました。しかし現代まで乾漆そのものが主構造となり自立し、さらに荷重を支えるような家具や調度品はほとんど作られていません。漆を母材とし麻や綿布の天然繊維を骨材とする乾漆は、天平時代以降の技術的断絶はありますが、原料としての漆は計画的・持続的な生産が可能な点において環境負荷の小さい天然材料であると言えます。 また漆は化学製品に比べて硬化にやや時間を要すものの、接着力は強力で、酸・アルカリにも高耐性であり、抗菌作用も備えた優れた天然樹脂です。繊維骨材を用いて母材を強化するという点においては、FRP(Fiber-Reinforced Plastic…

漆 x 「‥」 Kenji Toki Studioでは日本の伝統的漆工芸と、CADをはじめとしたデジタルデザイン技術の融合による新たな工芸・アートワーク・デザインの世界を提案しています。日本工芸のアイデンティティーの象徴とも言える漆を中心的な素材としながらも、ラピッドプロトタイプ造型機やレーザー加工機、カーボンファイバー等の先端素材などと融合したハイブリッドな活動を展開しています。 Based in Japan, I have been working as a contemporary craft practitioner exploring representation of Japanese lacquer (URUSHI) with diverse materials and measures such as carbon fiber and photograph and exhibiting internationally since 1995. I'm undertaking the research into digital…

ウジェーヌ・カリエール「自画像」彫刻家のオーギュスト・ロダンと親交が深かったた事でも知られる。

ウジェーヌ・カリエール「自画像」彫刻家のオーギュスト・ロダンと親交が深かったた事でも知られる。

フリーイング figma テーブル美術館 SP056 オーギュストロダン 考える人

まんだらけ通販

フリーイング figma オーギュストロダン 考える人 SP056

FREEing figma オーギュストロダン 考える人 SP056

Pinterest
検索