Eatable of Many Orders エタブル

Eatable of Many OrdersHeart Blouse Drebbel Long_Indigo Myrobalan Eatable of Many Orders/エタブルオブメニーオーダーズ Palm maison store

「エリザベス ペイトン展」原美術館で開催 - 特有の色彩と繊細な線で描く魅惑の人物像 | ファッションプレス

「エリザベス ペイトン展」原美術館で開催 - 特有の色彩と繊細な線で描く魅惑の人物像

「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」が、2017年1月21日(土)から5月7日(日)まで、東京・品川の原美術館で開催される。エリザベス・ペイトンは、1990年代初頭より絵画や素描、版...

エリザベス・ペイトン展 : Still Life 静 / 生 @ 原美術館 | VOGUE Blog

エリザベス・ペイトン展 : Still Life 静 / 生 @ 原美術館

原美術館で始まったエリザベス・ペイトン『 Still Life 静 / 生 』展へ行きました。エリザベス・ペイトンは、90年代半ばミュージシャンやアクターなどの肖像画を描くことで新風をもたらしたアメリ

■ 2017年1月21日[土]- 「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」 [原美術館]

アメリカ人の女性肖像画家エリザベス・ペイトンが、個展「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」を原美術館で開催する。日本の美術館で個展を開くのは今回が初めて。会期は2017年1月21日から5月7日まで。

エリザベスペイトン個展人を愛したくなる珠玉のアート

【2月1日 MODE PRESS】アメリカの画家、エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)の個展「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」が東京・原美術館にて5月7日まで開催される。

エリザベス・ペイトン展 : Still Life 静 / 生 @ 原美術館 | VOGUE Blog

エリザベス・ペイトン展 : Still Life 静 / 生 @ 原美術館

原美術館で始まったエリザベス・ペイトン『 Still Life 静 / 生 』展へ行きました。エリザベス・ペイトンは、90年代半ばミュージシャンやアクターなどの肖像画を描くことで新風をもたらしたアメリ

■ 2017年1月21日[土]- 「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」 [原美術館]

■ 2017年1月21日[土]- 「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」 [原美術館]

Elizabeth Peyton: Live Forever at New Mu... : エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)の作品画像コレクション - NAVER まとめ

moongirlstar: “ David Hockney, Powis Terrace Bedroom, 1998 by Elizabeth Peyton ” 今日は、時代を作ったアーティスト2枚。 アーティストが時代を作るのか、時代が求めるのか.... 必然的に生まれて作り上げられて行く。 たくさんのアーティストが生まれた80年代だった。懐かしいこと。

エリザベスペイトン国内美術館初の個展が遂に開催新たな具象画を描く彼女の魅力に迫る

エリザベス・ペイトン、国内美術館初の個展が遂に開催。新たな具象画を描く彼女の魅力に迫る。

自身の憧れの対象や身近な愛する人を独特かつ透明感のあるタッチで描き、観るものを惹きつけるエリザベス・ペイトン。日本の美術館では初の開催となる原美術館での個展を前に、アートライター住吉智恵さんが彼女に話を聞いた。作品にかける思い、そしてその世界観を覗き見る。

Elizabeth Peyton

Elizabeth Peyton

エリザベスペイトン, 芸術写真

原美術館にてエリザベスペイトンが日本の美術館における初個展約40作品を展示

【1月13日 MODE PRESS WATCH】東京・品川の原美術館にて2017年1月21日から5月7日の期間中、アメリカの女性作家エリザベス・ペイトン(Elizabeth Peyton)の日本の美術館における初個展となる「エリザベス ペイトン:Still life 静/生」を開催する。

Elizabeth PEYTON

※冒頭英文の日本語訳付カート・コバーン、ベック、シド・ヴィシャスから自らの友人までをペインティングする、現代アートの寵児ともいわれるアメリカの画家、エリザベス・ペイトン初の画集。■ 著者名:エリザベス・ペイトン■

エリザベス・ペイトン【Ghost】 - 京都にある美術洋書をセレクトした本屋【Artbook Eureka Onlinestore(アートブック・ユリーカ)】

エリザベス・ペイトンは1965年アメリカ合衆国コネチカット州で生まれの画家。ニューヨークにてアートを学び、薄く溶いた油絵具で描かれた新しい肖像画が話題を呼びます。ウィリアム・シェイクスピアやリヒャルト・ワーグナーなど歴史上の人物から、フリーダ・カーロ、デヴィッド・ホックニー、アンディ・ウォーホルなどのアーティスト、またエミネムやカート・コバーンといったポップスター、彼女の友人まで幅広く描いています。 本書は、ペイトンが1990年以降、現在まで制作を続けているプリント作品(モノタイプ、リトグラフ、木版画、銅版画)をまとめた初めての書籍となります。生き生きとした筆遣いを残すモノタイプ、独特の絵肌を見せるリトグラフ、繊細に描写された銅版画など、版画家としてのペイトン作品をご覧頂ける一冊です。

Pinterest
検索