2008年、スウェーデン・ウメオ大学レイフ・クルマン教授らのチームが、ダラルナ地方で発見されたオウシュウトウヒの樹齢の根の部分の年齢を約9,550年とする報告を発表した。これは現在確認されている中では世界最長の樹齢である。   根元の周囲では、およそ9500年にわたって同じような成長をみせていたが、中央の細長い幹はここ50年ほどで成長した。これはスウェーデン西部に位置するこの高原山頂の気温が上昇したためだ。

2008年、スウェーデン・ウメオ大学レイフ・クルマン教授らのチームが、ダラルナ地方で発見されたオウシュウトウヒの樹齢の根の部分の年齢を約9,550年とする報告を発表した。これは現在確認されている中では世界最長の樹齢である。 根元の周囲では、およそ9500年にわたって同じような成長をみせていたが、中央の細長い幹はここ50年ほどで成長した。これはスウェーデン西部に位置するこの高原山頂の気温が上昇したためだ。

ラトビアのリーガとともに2014年の欧州文化首都であるスウェーデンのウメオ。北極圏に近く、地球温暖化をより身近に感じるウメオは、温暖化と向き合う道筋を示すとともに、先住民族サーミ人の伝統文化に注目し、そこから学ぶことを目指す。

ラトビアのリーガとともに2014年の欧州文化首都であるスウェーデンのウメオ。北極圏に近く、地球温暖化をより身近に感じるウメオは、温暖化と向き合う道筋を示すとともに、先住民族サーミ人の伝統文化に注目し、そこから学ぶことを目指す。

ラトビアのリーガとともに2014年の欧州文化首都であるスウェーデンのウメオ。北極圏に近く、地球温暖化をより身近に感じるウメオは、温暖化と向き合う道筋を示すとともに、先住民族サーミ人の伝統文化に注目し、そこから学ぶことを目指す。

ラトビアのリーガとともに2014年の欧州文化首都であるスウェーデンのウメオ。北極圏に近く、地球温暖化をより身近に感じるウメオは、温暖化と向き合う道筋を示すとともに、先住民族サーミ人の伝統文化に注目し、そこから学ぶことを目指す。

エマニュエル・シャルパンティエ。微生物学者、生化学者、遺伝学者。ウメオ大学スウェーデン分子感染医学研究所教授。ダウドナとともにCRISPR-Cas9を研究している。PHOTOGRAPHS BY BAERBEL SCHMIDT

2012年、ふたりの女性生物学者が「CRISPR-Cas9」についての研究論文を発表した。CRISPR-Cas9は自由に遺伝子を編集することができる神のハサミだった。この技術は種の運命を変えるだけでなく、莫大な富と権力をもたらす。この革命的な科学技術がもたらす“力”をめぐる骨肉の争いがはじまった!

Fjord de Geiranger

Fjord de Geiranger

Dans les environs du Jostedalsbreen, le plus grand glacier d'Europe continentale

Dans les environs du Jostedalsbreen, le plus grand glacier d'Europe continentale

Retour vers Lysebotn

Retour vers Lysebotn

Pinterest
検索