インターステラー時系列その1                                                                                                                                                      もっと見る

圧倒的であっという間の3時間!インターステラーを見てきました。久しぶりに、誰かとあーだこーだと言いたいくらい面白い映画だったのでこちらに感想を書きます。まずはオフィシャルサイト貼っておきます。インターステラー公式サイト予告編などの映像ががた

『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。

インターステラー

『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などのクリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマ。食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、それを回避するミッションに挑む男の姿を見つめていく。 もっと見る

『インターステラー』公開前総力特集その3:公開されているポスターたち - A LA CARTE

映画ときどきグロースハックやSNS/ブログ運用話。映画は楽しく、Biz系はわかりやすくがモットー。書いてる人は柳下修平です。

解説:インターステラー — Movie Review : Japanease — Medium

解説:インターステラー

人類の移民先を見つけます。その間、ブランド教授は「5次元を解明する方程式」を解明します。その方程式を解くことができると、あらゆる物理的制限を越え、人類の箱舟(巨大宇宙ステーション)で、人類を移民先に運ぶことができます。 ブランド博士はクーパーを説得します。この計画にはベテランパイロットであるクーパーが必要不可欠である。そしてPlan-Aが成功すれば、地球に残されたマーフィーに再会でき、同時に人…

『インターステラー』(2014年/アメリカ) http://voc00.tumblr.com/post/105180756004/インターステラー

【あらすじ】近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって人類の滅亡のカウントダウンが進んでいた。そんな状況で、あるミッションの遂行者に元エンジニアの男が大抜てきされる。そのミッションとは、宇宙で新たに発見された未開地へ旅立つというものだった。 【感想】ノーラン版2001年宇宙への旅。ラスト10分の見事な伏線の回収に鳥肌が経ちました。緻密に練られた脚本を見事に映像化しておりゼロ・グラヴィティよりもこちらのほうが印象に残りました。ここ数年の宇宙映画ではナンバーワンだと思います。

ジョルジュ・メリエスが映画のなかで、特殊撮影によって人類を月に送り出してから、現在まで続くSF映画の系譜のなかで、『インターステラー』は劇映画として、学術的な視点から、宇宙の神秘に最も深く踏み込んだ作品ではないか。 こういうことを言うと、「映画なんかよりもSF小説の方がはるかにすごいし深いところまでやっているぞ」という人も出てくるかもしれない。だがそれは、小説と映画との制作方法の違いから、仕方のないことだと感じる。 映像作品は、描くものを視覚化しなければならず、読者に文章で長く状況や科学的な理論を説明することもできない。なので、複雑な状況を描き、科学的な考証が高いレベルに達するSF映画が稀少になってしまうというのは必然といえる。 実際には、近年のSF映画を引っ張ってきたのは、宇宙物理の学術知識というよりは、SF小説の存在であったといえるだろう。 そのなかで、オリジナル脚本の『インターステラー』は、映画というフィールドにおいて、SF的な映像表現の未踏部分に足跡を残したことは間違いない。 まず、この業績に素直に驚き、正当に評価することが先決だと考える。…

ジョルジュ・メリエスが映画のなかで、特殊撮影によって人類を月に送り出してから、現在まで続くSF映画の系譜のなかで、『インターステラー』は劇映画として、学術的な視点から、宇宙の神秘に最も深く踏み込んだ作品ではないか。 こういうことを言うと、「映画なんかよりもSF小説の方がはるかにすごいし深いところまでやっているぞ」という人も出てくるかもしれない。だがそれは、小説と映画との制作方法の違いから、仕方のないことだと感じる。 映像作品は、描くものを視覚化しなければならず、読者に文章で長く状況や科学的な理論を説明することもできない。なので、複雑な状況を描き、科学的な考証が高いレベルに達するSF映画が稀少になってしまうというのは必然といえる。 実際には、近年のSF映画を引っ張ってきたのは、宇宙物理の学術知識というよりは、SF小説の存在であったといえるだろう。 そのなかで、オリジナル脚本の『インターステラー』は、映画というフィールドにおいて、SF的な映像表現の未踏部分に足跡を残したことは間違いない。 まず、この業績に素直に驚き、正当に評価することが先決だと考える。…

『インターステラー』公開前総力特集その3:公開されているポスターたち - A LA CARTE

結論から言うと、11月22日から日本でも公開されるSF映画「インターステラー」は、映画として考えるとかなりハードなSFに属するが、SF小説として考えると割と標準的な部類であり、だからこそ、そこがス

Pinterest
検索