TOIRO

TOIRO マルチイベントスペース (さいたま新都心駅)の店舗情報、内装・外装・店内写真、TOIRO を手がけた株式会社KAMITOPEN 一級建築士事務所の紹介などを掲載。埼玉県さいたま市中央区新都心8番地 。

冬を楽しむインタラクティブアート 雪とくらげ | 京都水族館

冬を楽しむインタラクティブアート 雪とくらげ | 京都水族館 もっと見る

影絵 - shadow letter

❖Unconscious lines. Brightly-lit lines. Their shadows... 何気ない線が光を浴びるその影は…

WEBデザイナーさん必見!ランディングページのデザイン参考に活用出来ます★

ランディングページ(LP)デザインを集めました。東京都港区のオリックス水族館株式会社 様の自社サイトに掲載されているランディングページです。【サービス・保険・金融】春を楽しむインタラクティブアート 桜といわしのLPデザイン。ピンク(桃色)系を基調とし、にぎやか系なデザインで制作されています

『Flowers on People』teamLab, 2016, Digitized Nature, Endless

チームラボ個展で新作発表、暗闇の中で花が咲き乱れるデジタルアート

チームラボの個展『teamLab: Transcending Boundaries』が、8月9日から東京・表参道のGYREで開催される。 3月からシンガポールのアートサイエンス…

"WATER"はWONDER MOMENTSのはじまりのシーンであり、生命の根源である「水」のふるまいの美しさをテーマとした「水の彫刻」。リアルにダイナミクスシミュレーションされたCGの水が、球体をひとつの大きな容器としてダイナミックに展開するアートインスタレーション。

"WATER"はWONDER MOMENTSのはじまりのシーンであり、生命の根源である「水」のふるまいの美しさをテーマとした「水の彫刻」。リアルにダイナミクスシミュレーションされたCGの水が、球体をひとつの大きな容器としてダイナミックに展開するアートインスタレーション。

春を楽しむインタラクティブアート 桜といわし | 京都水族館

「京都の四季」をテーマに 映像といきものがコラボレーションする新プログラム「桜といわし」

強烈にクリエイティブな地球温暖化の啓蒙広告15選 | SEO Japan – アイオイクスによる海外最新SEO情報ブログ

「SEO Japan」は2002年設立のSEO会社アイオイクスが運営する海外の最新SEO対策情報ブログです。 海外の著名SEO情報サイトと提携し、最新記事・注目記事を日本語に翻訳してお届けしています。 また定期的にSEO関連の海外イベントに参加しレポートを配信しています。

Aquatic Colors Groups of jellyfish emitting pale blue light become luminescent and gather as though sympathetic to humans when approached by the hands or body. TAKAHIRO MATSUO

淡く青い光を放つクラゲの群れが、手や身体を近づけると発光し、人に共鳴するように寄り集まる。人の位置を起点として、光の個体が波のように連鎖的に空間全体を覆っていく。

loftwork.com — すがわらあいのポートフォリオ                                                                                                                                                      もっと見る

loftwork.com — すがわらあいのポートフォリオ もっと見る

milano salone 2012 - canon NEOREAL mintdesigns

ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?

ミラノサローネ、日本企業の展示もだいぶ一般的になった感がある。近年、その中心地となっているのがトルトーナ地区である。今年もスーパースタジオでキヤノンとリクシルが展示を行った。

時間がないわたしたちの「食」への疑問    忙しい毎日の中、食事に手間が掛けられないでいると、ふと、丁寧に作られた和食をゆっくり味わいたくなる時があります。和食といえば、仕事も休みで食事に意識を向けられる、余裕のあるお正月のイメージ。実家に帰って出汁を取ったお雑煮や、時間をかけてコトコトとろ火で炊いた煮豆を「いただきます」という挨拶とともにしっかり噛んで食べる至福の時間を思い出します。 今年も束の間のお正月休暇に、お出汁の香りをかいで、なんだかほっとしたけれど、自分で作る毎日のごはんには、そこまで時間はかけられないのが本音。いつかそのうち自分でも作る日が来ると思いながら、このままでいいのかな、という気持ちはつきまといます。        そんな時に知った、見て、食べる、展覧会「食神さまの不思議なレストラン」。…

時間がないわたしたちの「食」への疑問 忙しい毎日の中、食事に手間が掛けられないでいると、ふと、丁寧に作られた和食をゆっくり味わいたくなる時があります。和食といえば、仕事も休みで食事に意識を向けられる、余裕のあるお正月のイメージ。実家に帰って出汁を取ったお雑煮や、時間をかけてコトコトとろ火で炊いた煮豆を「いただきます」という挨拶とともにしっかり噛んで食べる至福の時間を思い出します。 今年も束の間のお正月休暇に、お出汁の香りをかいで、なんだかほっとしたけれど、自分で作る毎日のごはんには、そこまで時間はかけられないのが本音。いつかそのうち自分でも作る日が来ると思いながら、このままでいいのかな、という気持ちはつきまといます。 そんな時に知った、見て、食べる、展覧会「食神さまの不思議なレストラン」。…

Pinterest
検索