Pinterest
IDEE SHOP Online アレクサンダー・カルダー 「Untitled #6」: アート・オブジェデザイン家具 インテリア雑貨:

IDEE SHOP Online アレクサンダー・カルダー 「Untitled #6」: アート・オブジェデザイン家具 インテリア雑貨:

アレクサンダー・カルダー 「Untitled #6」: アート・オブジェ デザイン家具 インテリア雑貨 - IDEE SHOP Online

アレクサンダー・カルダー 「Untitled #6」: アート・オブジェ デザイン家具 インテリア雑貨 - IDEE SHOP Online

アレクサンダー・カルダー 「モビール」

アレクサンダー・カルダー 「モビール」

アレクサンダー・カルダー 「スタビール」: アート・オブジェ デザイン家具 インテリア雑貨 - IDEE SHOP Online

アレクサンダー・カルダー 「スタビール」: アート・オブジェ デザイン家具 インテリア雑貨 - IDEE SHOP Online

Alexander Calder-Calder

Alexander Calder-Calder

アレクサンダー・カルダーの直筆サイン入り リトグラフ作品《サーカス》

アレクサンダー・カルダーの直筆サイン入り リトグラフ作品《サーカス》

アレクサンダー・カルダー「MAEGHT EDITEUR」 Alexander Calder アレクサンダー・カルダー アメリカの彫刻家・現代美術家。動く彫刻「モビール」の発明と制作で知られています。 モビールやスタビルと呼ばれる抽象彫刻のほか、市街地のパブリックアート、タペストリーなどのテキスタイル作品、 航空機の塗装デザインなどさまざまな分野で創作活動を展開しました。

アレクサンダー・カルダー「MAEGHT EDITEUR」 Alexander Calder アレクサンダー・カルダー アメリカの彫刻家・現代美術家。動く彫刻「モビール」の発明と制作で知られています。 モビールやスタビルと呼ばれる抽象彫刻のほか、市街地のパブリックアート、タペストリーなどのテキスタイル作品、 航空機の塗装デザインなどさまざまな分野で創作活動を展開しました。

MoMAでは、クリスマスカードを毎年発表して今年で60周年を迎えました。2014年新作には、かつてなく美しいコレクションが揃いました。ロバート・インディアナ、アレクサンダー・カルダー、そしてアンディー・ウォーホールがその名を知られるようになる前、彼らはMoMAのクリスマスカードをデザインしていました。実は、インディアナの代表作「LOVE」が初めてお目見えしたのも、MoMAのカードとしてでした。1954年から始まったホリデーカードデザインアワードは、今では大切な伝統であり新進気鋭デザイナーやアーティストの作品発表の場ともなっています。 カードとグリーン封筒の8組セット。 * メッセージ:'Merry Christmas'  こちらのカードを郵送される際は定形外となります  【素材】紙  【サイズ】(箱セット)14×19.5×2.8 (封筒)13.2×18.5 (カード)10.2×16.5

MoMAでは、クリスマスカードを毎年発表して今年で60周年を迎えました。2014年新作には、かつてなく美しいコレクションが揃いました。ロバート・インディアナ、アレクサンダー・カルダー、そしてアンディー・ウォーホールがその名を知られるようになる前、彼らはMoMAのクリスマスカードをデザインしていました。実は、インディアナの代表作「LOVE」が初めてお目見えしたのも、MoMAのカードとしてでした。1954年から始まったホリデーカードデザインアワードは、今では大切な伝統であり新進気鋭デザイナーやアーティストの作品発表の場ともなっています。 カードとグリーン封筒の8組セット。 * メッセージ:'Merry Christmas' こちらのカードを郵送される際は定形外となります 【素材】紙 【サイズ】(箱セット)14×19.5×2.8 (封筒)13.2×18.5 (カード)10.2×16.5

アレクサンダー·カルダーとリチャードウィルバーのワイヤーフォームの生物誌 - グッゲンハイムブログ

アレクサンダー·カルダーとリチャードウィルバーのワイヤーフォームの生物誌 - グッゲンハイムブログ

アレクサンダー·カルダーとリチャードウィルバーのワイヤーフォームの生物誌 - グッゲンハイムブログ

アレクサンダー·カルダーとリチャードウィルバーのワイヤーフォームの生物誌 - グッゲンハイムブログ

アレクサンダー·カルダーとリチャードウィルバーのワイヤーフォームの生物誌 - グッゲンハイムブログ

アレクサンダー·カルダーとリチャードウィルバーのワイヤーフォームの生物誌 - グッゲンハイムブログ