アルカディア

巨大な階段は、イノベーションが生まれる、みんなの「たまり場」 | roomie(ルーミー)

巨大な階段は、イノベーションが生まれる、みんなの「たまり場」

巨大な階段は、イノベーションが生まれる、みんなの「たまり場」 | roomie(ルーミー) もっと見る

スギダラ家移動式屋台

6年1組【創の空間】 6年2組【学の空間】 6年3組【遊の空間】 お披露目&実践 まちなかへ

究極シンプルのコンクリート製の自転車スタンド。【自転車スタンド 1台用】置くだけですぐに使える!コンクリート製のおしゃれなシンプル自転車止め「自転車スタンド Coco 片面1台用」【沖縄・離島以外 送料無料】サイクルスタンド| 駐輪スタンド 屋外 自転車ラック 駐輪場 自転車置き 玄関 サイクルラック

究極シンプルのコンクリート製の自転車スタンド。シンプルな造形がおしゃれ。置くだけですぐに使えて思い立ったら、場所の移動も自由にできる!屋外 自転車置き 駐輪場。【大人気!3か月待ち 現在160台待ち!】【自転車スタンド 1台用】置くだけですぐに使える!コンクリート製のおしゃれなシンプル自転車止め「自転車スタンド Coco 片面1台用」ココ【沖縄・離島以外 送料無料】サイクルスタンド 駐輪スタンド サイクルラック

ルーバーフェンス - Google 検索

ルーバーフェンス - Google 検索

玄関ポーチ: 青木昌則建築研究所が手掛けたtranslation missing: jp.style.家.アジア家です。

軒下空間も有効利用!素敵な実例をご紹介!

玄関ポーチ: 青木昌則建築研究所が手掛けたtranslation missing: jp.style.家.アジア家です。 もっと見る

「ユナイテッド株式会社」のオフィス環境 - WALL(ウォール)

「ユナイテッド株式会社」のオフィスデザイン - WALL(ウォール)

nemlig                                                                                                                                                                                 もっと見る

D-MALL 京都店 | ハシモトの家 その2

ro : 高橋晶子+高橋寛 / ワークステーション

建築設計事務所 ワークステーションのブログ

"Korogaru" Park in Nature YCAM InterLab+Jun Igarashi

北海道佐呂間町、札幌市を中心に建築、設計を手がける五十嵐淳建築設計のサイト。建築作品紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも一級建築士・五十嵐淳が応えます。

°°°安藤 駿介 原野の回廊 / 五十嵐淳

この住宅は魅力的な路地空間を住宅に取り込むことに成功している。ずれながらゆるやかに連結されたボックスは風景を取り込みながら、 豊かな空間を生み出して...

マツオヒロミ/3日目西あ69b on

マツオヒロミ on

マツオヒロミ5/10インテ6号館ス11b on Twitter: "新しいルパンのTVシリーズの設定画の不二子が可愛かったので描こうとしたら全然ちがうことになった落書き。この間からちょこちょこ描いてた。 http://t.co/FAvQCeKvOo"

(仮称)富岡市新庁舎 (進行中) 群馬県富岡市 2017.7竣工予定 市庁舎 約8,500m2 富岡製糸場の世界遺産登録を目指す富岡市のまちづくりの一環として、周辺の景観と調和する庁舎が求められた。 また、今後少子高齢化により到来する急激な人口減少に対応できる柔軟性も期待されている。 私達は “小さな屋根の集まり”による分棟形式の庁舎を提案した。 大きな施設を“小さな屋根”から構成し、将来空間を自由に分節できる柔らかな仕組みをつくる。 行政・議会・市民活動などの様々なアクティビティを包む片流れ屋根の集合は、敷地の中心に向かって大庇を葺き下ろし、雁行型に連続するひろば=「鍵曲の庭」を形成する。 小さなたまり場を数珠繋ぎに連結させた「鍵曲の庭」は、地域コミュニティを育みやすい適度なスケール感を保ちながら、多様な賑わいの連鎖を生み出す。 外装は、表裏で素材の異なるアルミと木のハイブリッドルーバーを使用する。 庭で生まれるジグザグ動線に呼応して、刻々と表情が移り変わる現象的なファサードが地域の活動に躍動感を与えることを期待する。 (仮称)富岡市新庁舎 (進行中) 群馬県富岡市 ...

Tomioka City Hall (on going)

(仮称)富岡市新庁舎 (進行中) 群馬県富岡市 2017.7竣工予定 市庁舎 約8,500m2 富岡製糸場の世界遺産登録を目指す富岡市のまちづくりの一環として、周辺の景観と調和する庁舎が求められた。 また、今後少子高齢化により到来する急激な人口減少に対応できる柔軟性も期待されている。 私達は “小さな屋根の集まり”による分棟形式の庁舎を提案した。 大きな施設を“小さな屋根”から構成し、将来空間を自由に分節できる柔らかな仕組みをつくる。 行政・議会・市民活動などの様々なアクティビティを包む片流れ屋根の集合は、敷地の中心に向かって大庇を葺き下ろし、雁行型に連続するひろば=「鍵曲の庭」を形成する。 小さなたまり場を数珠繋ぎに連結させた「鍵曲の庭」は、地域コミュニティを育みやすい適度なスケール感を保ちながら、多様な賑わいの連鎖を生み出す。 外装は、表裏で素材の異なるアルミと木のハイブリッドルーバーを使用する。 庭で生まれるジグザグ動線に呼応して、刻々と表情が移り変わる現象的なファサードが地域の活動に躍動感を与えることを期待する。 (仮称)富岡市新庁舎 (進行中) 群馬県富岡市…

優秀賞 「森を回遊する極細集合住宅」/岡崎幹史 上杉昌史

優秀賞 :: 長谷工 住まいのデザイン コンペティション

Pinterest
検索