レモンを塩で漬け込んで醗酵させる、自家製調味料“塩レモン”。今夏話題になりましたが、漬け込んだけれどまだ残っているという方や、未だ挑戦していない方もきっと多いはず。“塩レモン”は夏の季節に限らず、一年を通して活躍する万能型の調味料です。塩レモンを使った秋冬に活躍するレシピの数々を紹介します。

この夏話題になった塩レモン。秋冬にはまた違った使い方がおすすめ♪

レモンを塩で漬け込んで醗酵させる、自家製調味料“塩レモン”。今夏話題になりましたが、漬け込んだけれどまだ残っているという方や、未だ挑戦していない方もきっと多いはず。“塩レモン”は夏の季節に限らず、一年を通して活躍する万能型の調味料です。塩レモンを使った秋冬に活躍するレシピの数々を紹介します。

自家製『HARISSA(ハリッサ)』とルク・タジン 相変わらず、北アフリカ系タジンブーム真っ最中の私。  タジンやクスクス料理には欠かせない唐辛子ペーストが『HARISSA(ハリッサ)』。 (フランス語読みだとHを発音しないから『アリッサ』と読みます)  カルディで買った『FERRELO』のハリッサのチューブを使い切り、どんだけ絞っても出てこなくなったので、試しに自家製で作ってみました。

自家製『HARISSA(ハリッサ)』とルク・タジン 相変わらず、北アフリカ系タジンブーム真っ最中の私。 タジンやクスクス料理には欠かせない唐辛子ペーストが『HARISSA(ハリッサ)』。 (フランス語読みだとHを発音しないから『アリッサ』と読みます) カルディで買った『FERRELO』のハリッサのチューブを使い切り、どんだけ絞っても出てこなくなったので、試しに自家製で作ってみました。

自家製『HARISSA(ハリッサ)』とルク・タジン 68dbe05e.jpg相変わらず、北アフリカ系タジンブーム真っ最中の私。  タジンやクスクス料理には欠かせない唐辛子ペーストが『HARISSA(ハリッサ)』。 (フランス語読みだとHを発音しないから『アリッサ』と読みます)  カルディで買った『FERRELO』のハリッサのチューブを使い切り、どんだけ絞っても出てこなくなったので、試しに自家製で作ってみました。

自家製『HARISSA(ハリッサ)』とルク・タジン 68dbe05e.jpg相変わらず、北アフリカ系タジンブーム真っ最中の私。 タジンやクスクス料理には欠かせない唐辛子ペーストが『HARISSA(ハリッサ)』。 (フランス語読みだとHを発音しないから『アリッサ』と読みます) カルディで買った『FERRELO』のハリッサのチューブを使い切り、どんだけ絞っても出てこなくなったので、試しに自家製で作ってみました。

今夏に大いに話題となった“塩レモン”。様々なメディアで取り上げられました。  “流行”というものは、多くの人に周知される面においては良いですが、反響が大きければ大きいほど、捨て去られるのも早いものです。時として“知恵”として残したいものも、時の移り変わりで捨て去られてしまうことも、よくあることです。  “塩レモン”は、北アフリカ・モロッコの古くからの“食の知恵”です。一時的な流行りとして捨て去られてしまっては残念です。  日本の食も多様になり、醤油や味噌といった日本独自の調味料を使うよりも、他の国の調味料を使った方が、美味しく頂ける料理も増えてきました。また、新たな調味料を、味噌や醤油の和食の味に加える事によっても、料理の幅が広がるようにもなりました。  紹介したレシピを参考にして、秋冬にも“塩レモン”を活用して料理の幅を広げ、ぜひ美味しい料理を作って下さい。

この夏話題になった塩レモン。秋冬にはまた違った使い方がおすすめ♪

今夏に大いに話題となった“塩レモン”。様々なメディアで取り上げられました。 “流行”というものは、多くの人に周知される面においては良いですが、反響が大きければ大きいほど、捨て去られるのも早いものです。時として“知恵”として残したいものも、時の移り変わりで捨て去られてしまうことも、よくあることです。 “塩レモン”は、北アフリカ・モロッコの古くからの“食の知恵”です。一時的な流行りとして捨て去られてしまっては残念です。 日本の食も多様になり、醤油や味噌といった日本独自の調味料を使うよりも、他の国の調味料を使った方が、美味しく頂ける料理も増えてきました。また、新たな調味料を、味噌や醤油の和食の味に加える事によっても、料理の幅が広がるようにもなりました。 紹介したレシピを参考にして、秋冬にも“塩レモン”を活用して料理の幅を広げ、ぜひ美味しい料理を作って下さい。

アフリカ大陸の南東部にあるモザンビーク。そこで生まれた辛い、辛い調味料『ピリピリ』。和食イタリアン、メキシカンなどにも合って何度食べても飽きない。簡単なレシピをお教えします。

アフリカ大陸の南東部にあるモザンビーク。そこで生まれた辛い、辛い調味料『ピリピリ』。和食イタリアン、メキシカンなどにも合って何度食べても飽きない。簡単なレシピをお教えします。

ピリピリ

どんな料理も辛ウマに!アフリカの発酵調味料「ピリピリ」。

ピリピリ

Why You Should Go Back To Food - Everybody Eats News

Why You Should Go Back To Food - Everybody Eats News

nom.

nom.

Fit-fit, or chechebsa, made with kitcha (unleavened bread), niter kibbeh (seasoned clarified butter) and berbere spice mixture is a typical breakfast food

Fit-fit, or chechebsa, made with kitcha (unleavened bread), niter kibbeh (seasoned clarified butter) and berbere spice mixture is a typical breakfast food

Restaurant Eugene, Atlanta | A dozen or more individually prepared vegetables—from seared okra to delicate stewed cherry tomatoes to a tempura squash blossom tinted mauve from beet juice—huddle together and flaunt the kitchen's technical prowess. | SouthernLiving.com

Restaurant Eugene, Atlanta - The South's Best Veggie Plates

Restaurant Eugene, Atlanta | A dozen or more individually prepared vegetables—from seared okra to delicate stewed cherry tomatoes to a tempura squash blossom tinted mauve from beet juice—huddle together and flaunt the kitchen's technical prowess. | SouthernLiving.com

Pinterest
検索