Pinterest
夏休みランチ( ´ ▽ ` )ノ  お鍋ひとつで10分以内で完成(^o^)/  ミンチとそうめんの 消費作戦成功( ̄^ ̄)ゞ - 285件のもぐもぐ - ピリ辛肉味噌そうめん( ´ ▽ ` )ノ by kumonSasa

ピリ辛肉味噌そうめん

夏休みランチ( ´ ▽ ` )ノ お鍋ひとつで10分以内で完成(^o^)/ ミンチとそうめんの 消費作戦成功( ̄^ ̄)ゞ - 285件のもぐもぐ - ピリ辛肉味噌そうめん( ´ ▽ ` )ノ by kumonSasa

冷やし坦坦そうめん

冷やし坦坦そうめん by すみねえさん

冷やし坦坦そうめん

【夏のカンタン辛うま麺!】高野豆腐ミンチを使った『汁なし肉みそ麺』のレシピ。 【材料】(2人前) ・中華麺(またはそうめんやうどん、米粉麺、ビーフンなどお好きな麺) 2玉 ・高野豆腐 大2個(通常の豚ひき肉で作る場合は100〜150g) ・(A)ねぎのみじん切り 大1/2本分 ・(A)生姜のみじん切り 1片分 ・(A)にんにくのみじん切り 1〜2片分 ・(A)ごま油 大さじ2 ・(A)豆板醤 小さじ1〜激辛までお好みで! ・(B)八丁味噌(なければ普通の味噌でOK)大さじ1 ・(B)みりん 大さじ1 ・(B)酒 大さじ1 ・(B)あれば豆豉(刻む。醤油麹で代用可。なくてもOK) 大さじ1 ・(B)醤油 小さじ1〜味をみて調整 【作り方】 1、高野豆腐を水で戻し、フープロにかけてミンチ状にする。 もしくは包丁で細かいみじん切りにする。 2、フライパンに(A)のごま油、ねぎ、生姜、にんにく、豆板醤を入れてから火にかける。 3、次第に豆板醤やねぎ・ニンニクがじくじくしてきます。 全体から香ばしい香りがたって、油が真っ赤になるまで火を通す。…

【夏のカンタン辛うま麺!】高野豆腐ミンチを使った『汁なし肉みそ麺』のレシピ。 【材料】(2人前) ・中華麺(またはそうめんやうどん、米粉麺、ビーフンなどお好きな麺) 2玉 ・高野豆腐 大2個(通常の豚ひき肉で作る場合は100〜150g) ・(A)ねぎのみじん切り 大1/2本分 ・(A)生姜のみじん切り 1片分 ・(A)にんにくのみじん切り 1〜2片分 ・(A)ごま油 大さじ2 ・(A)豆板醤 小さじ1〜激辛までお好みで! ・(B)八丁味噌(なければ普通の味噌でOK)大さじ1 ・(B)みりん 大さじ1 ・(B)酒 大さじ1 ・(B)あれば豆豉(刻む。醤油麹で代用可。なくてもOK) 大さじ1 ・(B)醤油 小さじ1〜味をみて調整 【作り方】 1、高野豆腐を水で戻し、フープロにかけてミンチ状にする。 もしくは包丁で細かいみじん切りにする。 2、フライパンに(A)のごま油、ねぎ、生姜、にんにく、豆板醤を入れてから火にかける。 3、次第に豆板醤やねぎ・ニンニクがじくじくしてきます。 全体から香ばしい香りがたって、油が真っ赤になるまで火を通す。…

Tanabata kutya a Meshiniwatori darálják Somen

Tanabata kutya a Meshiniwatori darálják Somen

みなさん、辛いものはお好きですか? 夏になるとカレーやタイ料理や担々麺など、辛いものが食べたくなりますよね。 唐辛子の発汗作用は汗と共に体内の余分な熱をとってくれて、 さらに基礎代謝も上げてくれます。 そして、各種スパイスの食欲増進作用や健胃・整腸作用で、夏バテを防止してくれるんですよ。 今回は、ランチにと〜っても簡単に作れる、 辛い夏の麺を紹介します。 豆板醤と香味野菜の食欲をそそる肉味噌の香りが、暑さでバテた体に効きますよ! ベジ仕様でない方は、ぜひ豚ひき肉で作ってくださいね!  粘りのあるお米は体の熱や湿気をため込む性質も。夏の体調によって主食を工夫した養生を。 出典 asagohan.santoku-net こうムシムシしていると、 ついついお米より小麦に手が伸びてしまいますが、実はそれも体が求めているから? つるつる、するする入るものが美味しく感じますね。 ごはんは粘り気があり、水分を溜め込むので、体に湿気がこもりがちになります。 アーユルヴェーダでも夏場はサラサラしたバスマティ米や蕎麦などを推奨しますし、…

みなさん、辛いものはお好きですか? 夏になるとカレーやタイ料理や担々麺など、辛いものが食べたくなりますよね。 唐辛子の発汗作用は汗と共に体内の余分な熱をとってくれて、 さらに基礎代謝も上げてくれます。 そして、各種スパイスの食欲増進作用や健胃・整腸作用で、夏バテを防止してくれるんですよ。 今回は、ランチにと〜っても簡単に作れる、 辛い夏の麺を紹介します。 豆板醤と香味野菜の食欲をそそる肉味噌の香りが、暑さでバテた体に効きますよ! ベジ仕様でない方は、ぜひ豚ひき肉で作ってくださいね! 粘りのあるお米は体の熱や湿気をため込む性質も。夏の体調によって主食を工夫した養生を。 出典 asagohan.santoku-net こうムシムシしていると、 ついついお米より小麦に手が伸びてしまいますが、実はそれも体が求めているから? つるつる、するする入るものが美味しく感じますね。 ごはんは粘り気があり、水分を溜め込むので、体に湿気がこもりがちになります。 アーユルヴェーダでも夏場はサラサラしたバスマティ米や蕎麦などを推奨しますし、…