Eri Oshibe

2 followers
·
7 following
Eri Oshibe
More ideas from Eri
. 【ボツプラン030】 キッチン横のパントリー。 2730mmにしてるけどそんなに必要なくて、455mm縮めた2275mmで十分。 収納量も使い勝手も変わらない。 その分、洗面所側からの階段下収納の幅が455mm広がって便利やと思う。 . メインの屋根が北勾配なのは、北側にご実家とかあるんやろか? 南側の軒が高くなってしまって、夏は南の窓からの直射日光でLDKが暑すぎ。 リビング1階の掃き出し窓上に450〜600mmの庇をつけるべき。 . この吹き抜けの取り方はカッコよくないな。 梁を見せてリビングのデザインを取るなら、図面の吹き抜け部分に表記するべきやと思う。 . . #collabohouse#コラボハウス #間取り#間取り図#設計図 #設計士#設計士とつくる家 #住宅#住宅設計#自由設計 #住宅間取り #住宅外観 #住宅デザイン#デザイン住宅 #注文住宅#新築#新築一戸建て #家づくり #myhome#マイホーム #SIC#シューズクローク #シューズインクローゼット #パントリー #WIC#ウォークインクローゼット #吹き抜け#ロフト #ボツプラン

. 【ボツプラン030】 キッチン横のパントリー。 2730mmにしてるけどそんなに必要なくて、455mm縮めた2275mmで十分。 収納量も使い勝手も変わらない。 その分、洗面所側からの階段下収納の幅が455mm広がって便利やと思う。 . メインの屋根が北勾配なのは、北側にご実家とかあるんやろか? 南側の軒が高くなってしまって、夏は南の窓からの直射日光でLDKが暑すぎ。 リビング1階の掃き出し窓上に450〜600mmの庇をつけるべき。 . この吹き抜けの取り方はカッコよくないな。 梁を見せてリビングのデザインを取るなら、図面の吹き抜け部分に表記するべきやと思う。 . . #collabohouse#コラボハウス #間取り#間取り図#設計図 #設計士#設計士とつくる家 #住宅#住宅設計#自由設計 #住宅間取り #住宅外観 #住宅デザイン#デザイン住宅 #注文住宅#新築#新築一戸建て #家づくり #myhome#マイホーム #SIC#シューズクローク #シューズインクローゼット #パントリー #WIC#ウォークインクローゼット #吹き抜け#ロフト #ボツプラン

中庭に面した地窓から光が射し込む。 天井のコーナーをアールにして、間接照明を仕込んでいます。 床材はサクラの無垢板、土間は御影石。この写真「玄関ホール」はfeve casa の参加建築家「奥田敦/ATS造家建築設計事務所」が設計した「上桂の家(高齢者のための中庭のある平屋住宅)」写真です。「平屋 」カテゴリーに投稿...

中庭に面した地窓から光が射し込む。 天井のコーナーをアールにして、間接照明を仕込んでいます。 床材はサクラの無垢板、土間は御影石。この写真「玄関ホール」はfeve casa の参加建築家「奥田敦/ATS造家建築設計事務所」が設計した「上桂の家(高齢者のための中庭のある平屋住宅)」写真です。「平屋 」カテゴリーに投稿...

「階段下トイレ」で圧迫感なく使える高さを知りたい! | 失敗しない間取り相談 新築|リフォーム 間取りアドバイザー 坂口亜希子

「階段下トイレ」で圧迫感なく使える高さを知りたい! | 失敗しない間取り相談 新築|リフォーム 間取りアドバイザー 坂口亜希子

一日の中で、家の中で一番出入りが激しいのはリビング・洗面脱衣室・トイレと言われています。 中でも、トイレやお風呂に繋がる動線上にある事が多い洗面脱衣室は、この家が快適で使いやすいかどうかがお客様にもすぐにわかってしまう空間です。 本日は洗面脱衣室にスポットを当て、快適で使いやすい洗面まわりのポイントをお伝えします。 洗面脱衣室の使用目的 それではまず、洗面脱衣室の使用目的について改めて考えてみましょう。 大きく分けると洗面脱衣室は、 A:手洗い、洗顔、化粧、洗濯など「水」や「鏡」を使用する場 B:お風呂に入る際の衣服の着脱の場、水回りに必要な備品の「収納」の場 以上のように2つの目的に分かれます。 このため、洗面脱衣室の住宅設備機器として、洗面化粧台や洗濯機を設置するケースがほとんどです。 家によっては、洗濯用の洗面ボウルがもう一つ設置されることもあります。 また、洗面脱衣室に洗濯物をちょっとかけておく物干しスペースを造る家などもよく見かけます。 実はこのA、Bの役割や使い方をよく考えておくことが快適な家づくりに役立つんです。 まずはAの観点で「手や顔、髪の毛を洗う...

一日の中で、家の中で一番出入りが激しいのはリビング・洗面脱衣室・トイレと言われています。 中でも、トイレやお風呂に繋がる動線上にある事が多い洗面脱衣室は、この家が快適で使いやすいかどうかがお客様にもすぐにわかってしまう空間です。 本日は洗面脱衣室にスポットを当て、快適で使いやすい洗面まわりのポイントをお伝えします。 洗面脱衣室の使用目的 それではまず、洗面脱衣室の使用目的について改めて考えてみましょう。 大きく分けると洗面脱衣室は、 A:手洗い、洗顔、化粧、洗濯など「水」や「鏡」を使用する場 B:お風呂に入る際の衣服の着脱の場、水回りに必要な備品の「収納」の場 以上のように2つの目的に分かれます。 このため、洗面脱衣室の住宅設備機器として、洗面化粧台や洗濯機を設置するケースがほとんどです。 家によっては、洗濯用の洗面ボウルがもう一つ設置されることもあります。 また、洗面脱衣室に洗濯物をちょっとかけておく物干しスペースを造る家などもよく見かけます。 実はこのA、Bの役割や使い方をよく考えておくことが快適な家づくりに役立つんです。 まずはAの観点で「手や顔、髪の毛を洗う...

駐車場に必要な寸法

駐車場に必要な寸法