Ukiyoe - 歌川国芳

昨日描いたかのように斬新な浮世絵 - 歌川国芳

奇想の浮世絵師 歌川国芳 たくさん入荷しています! : 夏目書房ブログ 古書古本美術品 販売 買取 神保町 池袋 草間彌生、奈良美智、具体、ウォーホルなどの作品高価買取中

ゆるカワイイ!海外のイラストレーターが描いた妖怪たちがステキ – Japaaan 日本の文化と今をつなぐ

海外のイラストレーターMiku-himeさんが描いた化け物・妖怪たちの作品がDeviantArtで公開されていました。とっても可愛かったので紹介しますね。50 Bakemono by Miku-hime on DeviantArt日本の代表…

Forming a Big Cat by Gathering Small Ones (Koneko wo atsume Ôneko to suru) - UTAGAWA Yoshifuji 歌川芳藤 小猫を集め大猫にする

<子猫を集め大猫にする: KONEKO WO ATSUME OONEKO NI SURU> FORMING BIG CAT BY GATHERING SMALL CAT YOSHIFUJI UTAGAWA 1828-1887 Last of Edo Period

PARTY OF GOLDFISH KUNIYOSHI UTAGAWA 1798-1861 Last of Edo Period

歌川国芳 うたがわくによし 1797~1861 江戸時代末期の浮世絵師。1811年(文化8)ごろ初代歌川豊国に入門。1830年(天保元)ごろ「水滸伝」ブームにのって発表した「通俗水滸伝豪傑百八人之一個(つうぞくすいこでんごうけつひゃくはちにんのひとり)」のシリーズが人気となり、以後3枚続きの迫力に富んだ武者絵など...

HIROSHIGE

「東海道五十三次之内 品川 日之出」 歌川広重(安藤広重) 安藤ブルーに癒されてきました。 そんなわけで

Kuniyoshi/浪裡白跳張順

本ページで浪裡白跳張順がお求めいただけます。「通俗水滸伝豪傑百八人之壱人」は、文政10年(1827)頃から天保7年(1836)にかけて、約10年の間順次出版された人気のシリーズ。画面全体の荒々しい躍動感と技巧を凝らした細部の工芸品的な美しさとが絶妙の均衡を保ち、国芳芸術の特長を余すことなく伝えています。「水門破り」の愛称で親しまれ、武者絵の傑作と謳われている作品です。アダチの浮世絵は、手にして初めて分かる、熟練の技術と日本の伝統が詰まっています。葛飾北斎から現代アーティストとのコラボレーション作品など、木版ならアダチ版画。

Utagawa Hiroshige (Japanese: 歌川 広重), also Andō Hiroshige (Japanese: 安藤 広重; 1797…

新美術世界 / MAHO KUBOTAI トランジットジェネラルオフィスのウェブサイト。会社情報、各種サービス情報、実績のご紹介、運営店舗について、ブログ・メールマガジン、採用情報などを掲載

歌川芳員『百種怪談妖物双六』に描かれている傘の妖怪「一本足」

歌川芳員『百種怪談妖物双六』に描かれている傘の妖怪「一本足」Specter of umbrella

Hiroshige - One Hundred Famous Views of Edo - 98. Fireworks at Ryōgoku (Ryōgoku Hanabi)

くまドンさんのブログ「くまドン旅日記」の記事|名所江戸百景055 第98景 両国花火 白髭橋と両国花火/こんにちわ、「くまドン」です。 今回は、日本の夏の風物詩

Pinterest
検索