川瀬敏郎 一日一花 2012年6月25日(月) ふつうはもっと多く、二輪はめずらしい。妙なる姿。 花=深山鳴子百合(ミヤマナルコユリ) 器=青銅王子形水瓶(六朝時代)

この1年、生者死者をとわず、全ての人への献花のつもりでいけてきました――当代随一の花人が、震災後、毎日花をいけつづけ、多くの人々の感動を呼んだブログが美しい1冊に。366日分の花と言葉を収めた圧巻のカラー400ページ。いけられた山野草425種の索引・解説付き。川瀬敏郎/著『川瀬敏郎 一日一花』|新潮社

夏の情緒たっぷりの浴衣で、レストランにお出かけしてみませんか?浴衣は本来、カジュアルウェアなのでレストランにはちょっと……、と気おくれする人もいるかもしれません。でも衿元をきちんとすればお出かけにも使えます。ドレスアップした浴衣の着こなし術を、知っておくのも大人の女の嗜みです。

Брошь "Рыбка-клякса" | biser.info - всё о бисере и бисерном творчестве

Брошь "Рыбка-клякса" | biser.info - всё о бисере и бисерном творчестве

!

伝統的な服, 日本の伝統, 和風, 朝日, ファブリックパターン, 着物, 日本, Japan

スモークブルーと黒の糸で織り出されたアッシュネイビーの木の葉モチーフがモダンなウール単着物です。

スモークブルーと黒の糸で織り出されたアッシュネイビーの木の葉モチーフのウール単着物。ぐっと来るくらい好みだわ、これ。 LOVE the weave of this wool kimono as well as the obi.


その他のアイデア
Pinterest
検索