Sakenomyのロゴ:ロゴは「らしさ」をいくつも組み合わせる | ロゴストック

ロゴは「らしさ」をいくつも組み合わせる

日本酒を学び、自分好みのお酒と出会えるアプリ「Sakenomy」のロゴマーク。 日本酒のラベルにスマホのカメラをかざすと、そのお酒の詳細な情報などを知ることができ、そして記録できるという、日本酒好きがもっともっと好きなる、そんなアプリですね。 そのロゴデザインは、酒の文字をお猪口のモチーフで彩っています。 このロゴのデザイナー、藤岡優里さん曰く、「『酒』という漢字をモチーフにし、利き酒の際に使用する『利き猪口』の蛇の目模様(紺色の二重丸)をイメージして作りました。いろんな日本酒を飲んで味のテイスティングをしてほしいという思いをこめています」とのこと。 なるほど、ブルーの二重丸は、定番のお猪口の底に描かれた蛇の目なのですね。 ぱっと見でわかるものだけでなく、「らしさ」をいくつも詰め込むという発想がロゴづくりには必要かも知れません。…

Styling birds

服部理容店のロゴマーク&WEB • Hattori Barbershop Logo & Web • ヘアーサロンハットリ • Hair Salon Hattori • 増田 総成 Masuda Fusanari

thecatspyjamasclub / logos

実績ロゴ No.947 もっと見る

日本語は知ってのとおり「漢字」「ひらがな」「カタカナ」が混在しており、複雑でありながら洗練された日本の文字はそ…

日本語は知ってのとおり「漢字」「ひらがな」「カタカナ」が混在しており、複雑でありながら洗練された日本の文字はそ… もっと見る

05_002torikauhito

福岡県朝倉市の自然に恵まれた土地で、大事に育てられたいた赤鶏の古処鶏。生産から加工卸販売を行っている天野商店の悩みは、古処鶏というネーミングのイメージが悪く、古い鶏を処分した肉ではないかと誤解を招いて


その他のアイデア
Pinterest
検索