green.

読者賞:朝日広告賞 もっと見る

第31回受賞作品(2014年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

材料の擬人化。第31回受賞作品(2014年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

朝日広告賞「一般公募の部」、2014年度の受賞作品を掲載しています。

朝日広告賞「一般公募の部」、2014年度の受賞作品を掲載しています。 もっと見る

「私、誰の人生もうらやましくないわ。」このキャッチは、1999年のシングル家電広告で展開したものです。時を経て2016年末、ふたたびこのコピーで女性たちのいまを語ろうと試みました。

17年前の雑誌広告コピーを復活させた、パナソニックのリメイク広告 | ブレーンデジタル版

広辞苑

TAU GRA03 。 課題や作品を通して私が自分を考え、見つめ直し、構築する経過の記録。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/award/yaa/create/works/26/01.html

第26回受賞作品(2009年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)ふたを開けたままでも最大で2週間乾かないペン先をユーモラスに表現した。 サインペンは人が「頑張っている」時に使われる道具である。 サインペンで描かれる線は、黒く、太く、消しゴムや修正液で消される事が無い。 それはその時覚悟を決めた使用者の存在の証明となっている。 そのため使用シーンでは、使用者は決断を迫られる、ときに窮地に立たされている。 そんな状況で、『でも、乾きまペンでよかった!』と思える瞬間がきっとあるに違いない。 そんな場面をちょっと面白く表現することで、商品に乾きまペンという名前をつけてしまう課題主のユーモラスさを表現しようとした。

What an interesting idea!

クリエイティブなアイデア満載!海外のユニーク広告デザインまとめ

van_gogh メガネをかけると有名的な絵画も、写真のようにみえてしまうという、メガネの広告デザイン。 もっと見る

第23回受賞作品(2006年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) もっと見る

Pinterest
検索