Standard T-Shirts collection

デザインアートミュージアムで展示・販売中のスタンダードTシャツコレクション。男性サイズ:S/M/L/XL、女性サイズ:WS/WM/WLの計7サイズ。
37 ピン13 フォロワー
『If music be the food of love/Nozomi Inoue』(White) イギリスのキングストン大学でイラストを学び、2009アメリアズマガジンTwo of Heart展入選を始め、様々なジャンルで活躍する、ロンドン在住日本人女性イラストレーター/絵本画家「Nozomi Inoue」作品。  今作品は「音楽」をテーマに制作! 「作品のインスピレーションは、シェイクスピアの『十二夜』の幕開けの最初の台詞、If music be the food of love, play on (音楽が恋の糧であるなら、演奏を続けてくれ)です。 なぜか“音楽”というテーマを聞いたときから、この台詞が頭から離れなかったので、その台詞をデザインにおり込んでみました。」とのこと。

『If music be the food of love/Nozomi Inoue』(White) イギリスのキングストン大学でイラストを学び、2009アメリアズマガジンTwo of Heart展入選を始め、様々なジャンルで活躍する、ロンドン在住日本人女性イラストレーター/絵本画家「Nozomi Inoue」作品。 今作品は「音楽」をテーマに制作! 「作品のインスピレーションは、シェイクスピアの『十二夜』の幕開けの最初の台詞、If music be the food of love, play on (音楽が恋の糧であるなら、演奏を続けてくれ)です。 なぜか“音楽”というテーマを聞いたときから、この台詞が頭から離れなかったので、その台詞をデザインにおり込んでみました。」とのこと。

『healing time...?/ヤマサキミノリ Yamasaki Minori』 お笑い系LINEスタンプや雑誌イラストなどでクセのあるおちゃめなイラストレーションを展開するイラストレーター「ヤマサキミノリ」作品。「音楽」をテーマに制作したこの作品、「音楽を聞くと癒されます。それが縛られていようが窮屈であろうが心地よいものなのです。」とコメントありますが、その通り、ヘッドホンのコードに縛られているアザラシちゃんになんか癒されますね〜

『healing time...?/ヤマサキミノリ Yamasaki Minori』 お笑い系LINEスタンプや雑誌イラストなどでクセのあるおちゃめなイラストレーションを展開するイラストレーター「ヤマサキミノリ」作品。「音楽」をテーマに制作したこの作品、「音楽を聞くと癒されます。それが縛られていようが窮屈であろうが心地よいものなのです。」とコメントありますが、その通り、ヘッドホンのコードに縛られているアザラシちゃんになんか癒されますね〜

『纏 -MATOU-/1103 *』(Standard T Black ver.) 「音楽や好きなもの、日々の暮らしの中から刺激を受けて感じたままに楽しんで描いています。〈まるくつなげる・つながる〉を意識して、◯(まる)を描いています。」という「1103*」さん作品。「ファッションやメイクと同じように音楽で着飾る。自由で枠に囚われない、自分のお気に入りの音楽を身に纏う。わたしの中の音楽のイメージをDesignArtMuseumのロゴデザインにして表現してみました。」とのことです。

『纏 -MATOU-/1103 *』(Standard T Black ver.) 「音楽や好きなもの、日々の暮らしの中から刺激を受けて感じたままに楽しんで描いています。〈まるくつなげる・つながる〉を意識して、◯(まる)を描いています。」という「1103*」さん作品。「ファッションやメイクと同じように音楽で着飾る。自由で枠に囚われない、自分のお気に入りの音楽を身に纏う。わたしの中の音楽のイメージをDesignArtMuseumのロゴデザインにして表現してみました。」とのことです。

『If music be the food of Love/Nozomi Inoue』(Black) イギリスのキングストン大学でイラストを学び、2009アメリアズマガジンTwo of Heart展入選を始め、様々なジャンルで活躍する、ロンドン在住日本人女性イラストレーター/絵本画家「Nozomi Inoue」作品。今作品は「音楽」をテーマに制作! 「作品のインスピレーションは、シェイクスピアの『十二夜』の幕開けの最初の台詞、If music be the food of love, play on (音楽が恋の糧であるなら、演奏を続けてくれ)です。 なぜか“音楽”というテーマを聞いたときから、この台詞が頭から離れなかったので、その台詞をデザインにおり込んでみました。」とのこと。

『If music be the food of Love/Nozomi Inoue』(Black) イギリスのキングストン大学でイラストを学び、2009アメリアズマガジンTwo of Heart展入選を始め、様々なジャンルで活躍する、ロンドン在住日本人女性イラストレーター/絵本画家「Nozomi Inoue」作品。今作品は「音楽」をテーマに制作! 「作品のインスピレーションは、シェイクスピアの『十二夜』の幕開けの最初の台詞、If music be the food of love, play on (音楽が恋の糧であるなら、演奏を続けてくれ)です。 なぜか“音楽”というテーマを聞いたときから、この台詞が頭から離れなかったので、その台詞をデザインにおり込んでみました。」とのこと。

『Ga-Chimera16/猪股知明 Inomata Tomoaki』  映画「STAR WARS」とコラボして実施されたUNIQLO ユニクロTシャツグランプリ2015(UTGP2015)で、ボディにベタベタステッカーが貼られ&落書きされた《R2-D2》のイラストを描き、『OTHER 12 GENERAL AWARDED DESIGNERS (入賞)』を受賞したクリエイター猪股知明。  “音楽”をテーマに彼が制作した当作品は、沢山の古い楽器のパーツ画像をコラージュして出来上がった16分音符ですが、これは圧巻! 「コンセプトやメッセージは一切入れずに、只かっこいいと思えるビジュアルをデザインしました。世界中の楽器のパーツが集まって形が作られています。」とのこと。

『Ga-Chimera16/猪股知明 Inomata Tomoaki』 映画「STAR WARS」とコラボして実施されたUNIQLO ユニクロTシャツグランプリ2015(UTGP2015)で、ボディにベタベタステッカーが貼られ&落書きされた《R2-D2》のイラストを描き、『OTHER 12 GENERAL AWARDED DESIGNERS (入賞)』を受賞したクリエイター猪股知明。 “音楽”をテーマに彼が制作した当作品は、沢山の古い楽器のパーツ画像をコラージュして出来上がった16分音符ですが、これは圧巻! 「コンセプトやメッセージは一切入れずに、只かっこいいと思えるビジュアルをデザインしました。世界中の楽器のパーツが集まって形が作られています。」とのこと。

『LIVING THINGS CREATE MUSIC, MUSIC CREATES LIVING THINGS./大森拓二』(White) モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ“Golden Bee11”入選、台湾国際グラフィックデザインアワードファイナリスト他の受賞実績を持ち、幅広いデザイン分野で活躍するシンボライズディレクター/デザイナー《大森拓二》作品。 「MUSICをテーマに、“生きものが音楽を生む、音楽が生きものを生む”というコンセプトをシンボライズしたビジュアルを描きました。」とコメントを頂きましたが、 自らをシンボライズ・ディレクターとも表現するだけあって、テーマのシンボライズ(LOGOマークやシンボルマークのデザインなど)に類まれなるセンスを持っていますね〜!

『LIVING THINGS CREATE MUSIC, MUSIC CREATES LIVING THINGS./大森拓二』(White) モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ“Golden Bee11”入選、台湾国際グラフィックデザインアワードファイナリスト他の受賞実績を持ち、幅広いデザイン分野で活躍するシンボライズディレクター/デザイナー《大森拓二》作品。 「MUSICをテーマに、“生きものが音楽を生む、音楽が生きものを生む”というコンセプトをシンボライズしたビジュアルを描きました。」とコメントを頂きましたが、 自らをシンボライズ・ディレクターとも表現するだけあって、テーマのシンボライズ(LOGOマークやシンボルマークのデザインなど)に類まれなるセンスを持っていますね〜!

『LIVING THINGS CREATE MUSIC, MUSIC CREATES LIVING THINGS./大森拓二』(Black) モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ“Golden Bee11”入選、台湾国際グラフィックデザインアワードファイナリスト他の受賞実績を持ち、幅広いデザイン分野で活躍するシンボライズディレクター/デザイナー《大森拓二》作品。 「MUSICをテーマに、“生きものが音楽を生む、音楽が生きものを生む”というコンセプトをシンボライズしたビジュアルを描きました。」とコメントを頂きましたが、 自らをシンボライズ・ディレクターとも表現するだけあって、テーマのシンボライズ(LOGOマークやシンボルマークのデザインなど)に類まれなるセンスを持っていますね〜!

『LIVING THINGS CREATE MUSIC, MUSIC CREATES LIVING THINGS./大森拓二』(Black) モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ“Golden Bee11”入選、台湾国際グラフィックデザインアワードファイナリスト他の受賞実績を持ち、幅広いデザイン分野で活躍するシンボライズディレクター/デザイナー《大森拓二》作品。 「MUSICをテーマに、“生きものが音楽を生む、音楽が生きものを生む”というコンセプトをシンボライズしたビジュアルを描きました。」とコメントを頂きましたが、 自らをシンボライズ・ディレクターとも表現するだけあって、テーマのシンボライズ(LOGOマークやシンボルマークのデザインなど)に類まれなるセンスを持っていますね〜!

『One man band/takesick』 2009年のユニクロTシャツグランプリ(UTGP09)にてJuergen teller賞を受賞し、現在Tシャツブランド「Panic Junkie」代表兼デザイナーの「takesick」こと山川剛史作品。今作品は「音楽」をテーマに制作!  コメントによれば「ワンマンバンドを見るとなぜかワクワクするのでそのワクワク感をTシャツにしてみたいと思いました。これを身につけて旅に出て欲しいです。」ということですが、言葉の壁、国境を越えて世界を旅するストリートミュージシャン、ステキですね〜❣️ 「このTシャツ着て旅に出よう❗️」

『One man band/takesick』 2009年のユニクロTシャツグランプリ(UTGP09)にてJuergen teller賞を受賞し、現在Tシャツブランド「Panic Junkie」代表兼デザイナーの「takesick」こと山川剛史作品。今作品は「音楽」をテーマに制作! コメントによれば「ワンマンバンドを見るとなぜかワクワクするのでそのワクワク感をTシャツにしてみたいと思いました。これを身につけて旅に出て欲しいです。」ということですが、言葉の壁、国境を越えて世界を旅するストリートミュージシャン、ステキですね〜❣️ 「このTシャツ着て旅に出よう❗️」

『Grand Piano 榮田清峰 Eida Seihou』 日本デザイン書道作家大賞アートバンク賞受賞「日本酒ラベル 熊野古道」を始め、店名・商品名・広告タイトルロゴ制作、年賀状、インテリアアート、イベント等で幅広く活動中の女性商業書道家/デザイン書家「榮田清峰」作品。  音楽をテーマにしたこの作品、「毛筆で墨一色で描いたグランドピアノ。JAZZのスイングやクラシック、その他どんな音楽も素敵に奏でる堂々とした姿を表現しました。」とのこと。

『Grand Piano 榮田清峰 Eida Seihou』 日本デザイン書道作家大賞アートバンク賞受賞「日本酒ラベル 熊野古道」を始め、店名・商品名・広告タイトルロゴ制作、年賀状、インテリアアート、イベント等で幅広く活動中の女性商業書道家/デザイン書家「榮田清峰」作品。 音楽をテーマにしたこの作品、「毛筆で墨一色で描いたグランドピアノ。JAZZのスイングやクラシック、その他どんな音楽も素敵に奏でる堂々とした姿を表現しました。」とのこと。

『Broken Flag/大山ケンジ Ooyama Kenji』  独特の視点で風景を切り取り、また、音楽アーティストのCDジャケット・ツアーパンフ、雑誌、広告等でも活躍した今は亡きフォトグラファー『大山ケンジ』さん作品。  『音楽』をテーマに制作して頂いたこの作品には彼のこんなコメントが添えられています。→  「撮影中、いつも頭の中で音楽が鳴り響いている。」    この場を借りて、今年3/1に急逝した大山ケンジさんのご冥福を心よりお祈りします。

『Broken Flag/大山ケンジ Ooyama Kenji』 独特の視点で風景を切り取り、また、音楽アーティストのCDジャケット・ツアーパンフ、雑誌、広告等でも活躍した今は亡きフォトグラファー『大山ケンジ』さん作品。 『音楽』をテーマに制作して頂いたこの作品には彼のこんなコメントが添えられています。→ 「撮影中、いつも頭の中で音楽が鳴り響いている。」 この場を借りて、今年3/1に急逝した大山ケンジさんのご冥福を心よりお祈りします。

Pinterest
検索