Takashi Iwadate

Takashi Iwadate

Takashi Iwadate
More ideas from Takashi
犬補守念仏剣舞(ささら)

犬補守念仏剣舞(ささら)

指定区分岩手県指定無形民俗文化財指定年月日平成27年(2015)4月7日所在地岩手県紫波郡紫波町草刈字中嶋解説犬吠森念仏剣舞は、大笠振りと呼ばれる特徴的な踊りを有する大念仏系の念仏剣舞(初仏供養の念仏踊り)です。元禄6 年(1693)銘の巻物を有しており、この頃にはすでに成立していたとみられます。その巻物によれば、旧赤沢村(現在の紫波町赤沢地区)から伝承されたと伝えられていますが、赤沢の念仏剣舞は早い時期に途絶えており、犬吠森念仏剣舞が旧都南村や矢巾町など近郊地域の大念仏系念仏剣舞に影響を与えたことが推測され、県内に存在する念仏剣舞の源流のひとつとして捉えることができます。また、犬吠森念仏剣舞は、戦時中に一時中断したものの、笛・太鼓・ささらの囃子による旧来の念仏供養だけは継続しており、戦前からの念仏供養の形を残している点にも特徴があります。現在も盆の8月16 日に庭元の仏前での供養後に墓地や供養依頼者宅を巡り供養を行っています。演目は、浄土の象徴である大笠を中心に「念仏踊り」と「大笠(笠振り)」が演じられています。

指定区分岩手県指定無形民俗文化財指定年月日平成27年(2015)4月7日所在地岩手県紫波郡紫波町草刈字中嶋解説犬吠森念仏剣舞は、大笠振りと呼ばれる特徴的な踊りを有する大念仏系の念仏剣舞(初仏供養の念仏踊り)です。元禄6 年(1693)銘の巻物を有しており、この頃にはすでに成立していたとみられます。その巻物によれば、旧赤沢村(現在の紫波町赤沢地区)から伝承されたと伝えられていますが、赤沢の念仏剣舞は早い時期に途絶えており、犬吠森念仏剣舞が旧都南村や矢巾町など近郊地域の大念仏系念仏剣舞に影響を与えたことが推測され、県内に存在する念仏剣舞の源流のひとつとして捉えることができます。また、犬吠森念仏剣舞は、戦時中に一時中断したものの、笛・太鼓・ささらの囃子による旧来の念仏供養だけは継続しており、戦前からの念仏供養の形を残している点にも特徴があります。現在も盆の8月16 日に庭元の仏前での供養後に墓地や供養依頼者宅を巡り供養を行っています。演目は、浄土の象徴である大笠を中心に「念仏踊り」と「大笠(笠振り)」が演じられています。

指定区分町指定天然記念物数量17指定年月日昭和57年(1982)5月7日所在地岩手県紫波郡紫波町小屋敷字新在家2 水分神社解説 ヒノキ科の常緑針葉樹です。樹皮は赤褐色で縦に裂け細長い薄片となってはげ落ちる性質があります。雌雄同株で5月開花し雄花は淡黄色、雌花は緑色です。古くから建築用途として愛用され日本の代表的な建築材として広く知られています。水分神社周辺のスギ群は、町内では志和稲荷神社のスギ群に次ぐ大樹です。 社殿裏には湧水があり、現在も地域の水源として利用されています。藩政期の水分神社周辺は、盛岡藩の水源涵養林「水ノ目山」に指定され、樹木の伐採が禁止されていました。スギの大樹が伐採されることなく現在まで多数生育している背景には、豊富な湧水に恵まれ、厳しい水源林管理によって守られたことが一つの要因とみることができます。樹種/スギ(ヒノキ科) 根本周/8.2メートル 目通周/6.3メートル 樹齢/700年(推定)

指定区分町指定天然記念物数量17指定年月日昭和57年(1982)5月7日所在地岩手県紫波郡紫波町小屋敷字新在家2 水分神社解説 ヒノキ科の常緑針葉樹です。樹皮は赤褐色で縦に裂け細長い薄片となってはげ落ちる性質があります。雌雄同株で5月開花し雄花は淡黄色、雌花は緑色です。古くから建築用途として愛用され日本の代表的な建築材として広く知られています。水分神社周辺のスギ群は、町内では志和稲荷神社のスギ群に次ぐ大樹です。 社殿裏には湧水があり、現在も地域の水源として利用されています。藩政期の水分神社周辺は、盛岡藩の水源涵養林「水ノ目山」に指定され、樹木の伐採が禁止されていました。スギの大樹が伐採されることなく現在まで多数生育している背景には、豊富な湧水に恵まれ、厳しい水源林管理によって守られたことが一つの要因とみることができます。樹種/スギ(ヒノキ科) 根本周/8.2メートル 目通周/6.3メートル 樹齢/700年(推定)

指定区分国指定天然記念物数量1指定年月日昭和4年(1929)12月17日所在地岩手県紫波郡紫波町日詰字朝日田273番地 解説長広山勝源院の庭園にあるカシワの巨木です。カシワは日本、中国、朝鮮半島、台湾等に広く分布するブナ科の落葉高木で、通常は上向きに直立する性質がありますが、勝源院の逆(さかさ)ガシワは地面際で幹が四方に分かれ、そのまま地を這うように成長し立ち上がっています。根が枝になったような姿から「逆ガシワ」の名で親しまれてきました。人為による樹形ではなく、この樹の特異な性質によるものとされ、古くから奇木・名木として知られています。大正11年(1922)、植物学者三好学(東京帝国大学教授)の調査を経て、昭和4年(1929)12月に、カシワとしては最も早く国の天然記念物に指定されました。樹種/カシワ(ブナ科) 幹周/240cm 根元周/630cm 樹高/15m 樹齢/推定300年

指定区分国指定天然記念物数量1指定年月日昭和4年(1929)12月17日所在地岩手県紫波郡紫波町日詰字朝日田273番地 解説長広山勝源院の庭園にあるカシワの巨木です。カシワは日本、中国、朝鮮半島、台湾等に広く分布するブナ科の落葉高木で、通常は上向きに直立する性質がありますが、勝源院の逆(さかさ)ガシワは地面際で幹が四方に分かれ、そのまま地を這うように成長し立ち上がっています。根が枝になったような姿から「逆ガシワ」の名で親しまれてきました。人為による樹形ではなく、この樹の特異な性質によるものとされ、古くから奇木・名木として知られています。大正11年(1922)、植物学者三好学(東京帝国大学教授)の調査を経て、昭和4年(1929)12月に、カシワとしては最も早く国の天然記念物に指定されました。樹種/カシワ(ブナ科) 幹周/240cm 根元周/630cm 樹高/15m 樹齢/推定300年

子どもの健康と成長をねがう全国七五三神社マップ インフォグラフィック アスカネット infographics

子どもの健康と成長をねがう全国七五三神社マップ インフォグラフィック アスカネット infographics

Business Card Templates, Business Card Design, Business Cards, Typo Logo, Logo Branding, Typography, Letterhead, Brand Design, Proposals