Case: Live twice メキシコの首都であるメキシコシティで実施された、臓器ドナーの募集広告をご紹介。 ドナーになるという、日常では想像することが難しいことを、分かりやすくかつ短く言

「それは、誰かの人生を生きること。」臓器ドナーになる意味を瞬時に腹落ちさせる広告。 メキシコの首都であるメキシコシティで実施された、臓器ドナーの募集広告をご紹介。 ドナーになるという、日常では想像することが難しいことを、分かりやすくかつ短く言い当てたアイデアがこちらです。 上下で2枚の写真を並べることで、まるでひとりの人のように見えるビジュアル。その理由はコピーを読むと分かります。 “live twice.Sign up and become an organ donor now.” (2度、生きよう。サインアップして、臓器ドナーになろう。) 臓器ドナーになることは、「もう一度誰かの人生を生きること」。そんなメッセージが一目で分かるクリエイティブに仕上げられています。 臓器ドナーという一般の人にとって身近ではないトピックに、クリエイティブの力をもってストーリーを付与することで、自分ゴト化させることに成功したプリント広告

Case: Live twice メキシコの首都であるメキシコシティで実施された、臓器ドナーの募集広告をご紹介。 ドナーになるという、日常では想像することが難しいことを、分かりやすくかつ短く言

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/07/17(木) 20:39:47.56 ID:C1pefGBK0.net "About 50 percent of all landmine victims are children." (地雷の犠牲者の50%は子どもたちです。) 3:

Electric Art / Schick NZ by Sharpe + Associates Inc.

あれ…よく見たらヒゲじゃない…ヒゲソリで有名なメーカーのSchickが、あごヒゲもじゃもじゃに見せかけた面白いキャンペーンポスターを公開しています。上の男性も、ものすごいあごヒゲの持ち主だ!と思ったら...

Electric Art / Schick NZ on Behance

えっらいヒゲ濃いなーと思ってよく見たら小動物がはりついているという、女子に喜ばれそうなヒゲ。と言うかヒゲに擬態した動物をアゴにつけた男性たち。


その他のアイデア
Pinterest
検索