篠山城下町ホテル NIPPONIA

NIPPONIAは、各地に点在して残されている古民家を、その歴史性を尊重しながら客室や飲食店、または店舗としてリノベーションを行い、その土地の文化や歴史を実感できる複合宿泊施設として再生していく取組みです。

【隙間から漏れ入る柔らかな光】空間を緩くつなげる千本格子の扉や壁

【隙間から漏れ入る柔らかな光】空間を緩くつなげる千本格子の扉や壁

【隙間から漏れ入る柔らかな光】空間を緩くつなげる千本格子の扉や壁 もっと見る

シュークローク、玄関、エントランスホール、土間、靴箱、リノベーション、

築25年のマンションに家族5人で暮らしているMさん一家。3人のお子さんたちの成長に伴い、そろそろそれぞれの個室を用意してあげたいと考えるようになったという。また、常々、閉塞感のあるリビングを広く使えるようにしたいという思いを抱えていたため、リフォームすることを決めた。設計・施工はスタイル工房に依頼。以前、リフォームをした知り合いから「とても対応がよかった」と紹介を受けたことがきっかけになった。水…

和モダンな中庭。憧れ。

注文住宅なら建築家と造るこだわりの住まいを。注文住宅の中でも注目される重量木骨の家を採用し、吹き抜けやコートヤードなど開放感ある注文住宅を得意とするテラジマアーキテクツ(寺島茂建築設計事務所)は建築家集団としてのコンセプトにもとづき、理想の注文住宅造りをお手伝いします。

_D4A9987.jpg もっと見る

生駒の家 house in ikoma 土間の吹き抜けを起点に部屋が、 家族がつながる。 施主のご要望は土間があること、家族が一体感を得られるよう、家全体がワンルームのような開放感が欲しいということだった。そこで玄関、土間、階段部分を吹き抜け構造とし、天井高さ6700mmを確保。さらに階段上に土間と同じ幅のガラス窓を施工。大開口で光りを取り込むとともに、コンパクトながらこの吹き抜け空間を起点に、風、光、空気が建物全体に巡っていくように配慮した。この吹き抜けの発想から、梁は一部現しとし、木の構造材の力強さを感じ経年変化も楽しめるようにした。生駒山の造成地ということもあり、防寒対策は必須で、土間、階段部分にはポリカーボネイトの建具を施工しリビングルームの温もりを確保している。リビングと土間部分に床暖房を設置した。キッチンは施主のご要望の業務用。外観は整形な四角形で、シンプルな形状で南北に流れる切妻屋根とした。 丘の上に家がちょこんと座り、景色を眺め、内部の家族を柔らかく包み込む家となった。 ▼詳しいご紹介はコチラ▼ Double height ceiling space at…

玄関/玄関ホール/シューズクローク/土間/インテリア/インダストリアル/注文住宅/施工例/ジャストの家/entrance/interior/house/homedecor/housedesign

玄関/玄関ホール/シューズクローク/土間/インテリア/インダストリアル/注文住宅/施工例/ジャストの家/entrance/interior/house/homedecor/housedesign もっと見る


その他のアイデア
Pinterest
検索