Kashiwa Sato

2006年、ニューヨークにオープンした旗艦店を皮切りに、グローバル展開をスタートした衣料品ブランド「ユニクロ」。そのコミュニケーション戦略のクリエイティブ・ディレクションでは、高品質の商品を低価格で提供する日本ブランドという特長を、「美意識ある超合理性」というコンセプトに集約させた。カタカナと欧文を併記したロゴマークやコーポレートフォントの開発から、国内外のクリエイターと協働した世界各地の旗艦店のデザイン、商品企画、プロモーション戦略にいたるまで、経営と直結した総合的なディレクションで、ユニクロをグローバルブランドへと押し上げた。

Kashiwa Sato

2006年、ニューヨークにオープンした旗艦店を皮切りに、グローバル展開をスタートした衣料品ブランド「ユニクロ」。そのコミュニケーション戦略のクリエイティブ・ディレクションでは、高品質の商品を低価格で提供する日本ブランドという特長を、「美意識ある超合理性」というコンセプトに集約させた。カタカナと欧文を併記したロゴマークやコーポレートフォントの開発から、国内外のクリエイターと協働した世界各地の旗艦店のデザイン、商品企画、プロモーション戦略にいたるまで、経営と直結した総合的なディレクションで、ユニクロをグローバルブランドへと押し上げた。

Kashiwa Sato

2006年、ニューヨークにオープンした旗艦店を皮切りに、グローバル展開をスタートした衣料品ブランド「ユニクロ」。そのコミュニケーション戦略のクリエイティブ・ディレクションでは、高品質の商品を低価格で提供する日本ブランドという特長を、「美意識ある超合理性」というコンセプトに集約させた。カタカナと欧文を併記したロゴマークやコーポレートフォントの開発から、国内外のクリエイターと協働した世界各地の旗艦店のデザイン、商品企画、プロモーション戦略にいたるまで、経営と直結した総合的なディレクションで、ユニクロをグローバルブランドへと押し上げた。

Pinterest
検索