正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

Raden Setsukin Makie box "Wanhua"

作品 独楽文様棗(こまもんようなつめ) 京漆器 伝統工芸士:野村守 創業100年を超える 京漆器 ・ 螺鈿 の老舗「 嵯峩螺鈿 ・ 野村(さがらでんのむら)」。逸品物を得意とし、お茶道具、ハイジュエリーを製作。三代目の父と、四代目の娘が、京都・嵐山の工房で作品作りを行っている。 #嵯峩螺鈿 #京漆器 #伝統工芸

輪島塗の専門サイト うるしの匠 | 角知漆器店 / 種類別表示カテゴリ

若泉漆器 3段重箱 7寸 校倉重 黒 万華鏡(内黒) H-156-57-A

≪送料無料≫6.5寸三段重箱山水蒔絵(黒)

Pinterest
Search