建築家:須藤剛/ツドウデザインスタジオ「家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)」

狭いからこそ落ち着く!書斎は大人の秘密基地

部屋の仕切りを引込戸とすることで、通風や採光を確保しながら、回遊性の高い空間に変えました。 将来、家族の変化に応じて2部屋に仕切ることが出来る寝室、LDKと一体で使える部屋を設けて、簡単に間取りの変更ができます。 収納や水廻りが入った箱を緩やかに配置して回遊性があってすべての部屋が緩やかにつながる、家族の成長とともに変化できる自由な家です。 専門家:須藤剛が手掛けたマンションリフォーム・リノベーション事例:家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)のページ。新築戸建、リフォーム、リノベーションの事例多数、SUVACO(スバコ)

家のどこに作る?書斎レイアウトのまとめ

家のどこに作る?書斎レイアウトのまとめ

#キリコ設計事務所 #LDKワークスペース #デザイン #レイアウト #部屋 #homify もっと見る

IMH | 書斎のリノベーション事例写真 | 株式会社 錬 | HOUSY

IMH | 書斎のリノベーション事例写真 | 株式会社 錬 | HOUSY もっと見る

ブリッジを渡ると、おとな部屋: モノスタ’70が手掛けたオリジナル多目的室です。

特別な暮らしを可能にする家6選!

家は日々の暮らしを行う場所。そこでは食事をしたり、お風呂に入ったり、眠ったりする空間となります。ですが、家がただ日々の生活を行う場所となってしまうとしたら、それは少しもったいないかもしれません。他のどこよりも多くの時間を過ごすことになる家だからこそ、ただ暮らしを送るのではなく、生活に刺激や落ち着きをもたらすことができるはず。普通の暮らしを特別な暮らしに変えてみましょう!

仕事で使うものをすぐ取れるように机に棚をつける

しかし自宅外では人目も気になり、十分に集中して仕事には励めないだろう。そこで提案するのが、人目を気にする必要のない自宅にワークスペースを作る、ということである。少しの工夫で気が散らずに集中でき、かつリラックスして臨むことができれば仕事の効率も上がるはずだ。コーディネートの例を参考に、自宅に自分だけのワークスペースを作ってみてほしい。仕事机とイスを用意し、それを部屋の隅にでも設置して、あとは筆記用


その他のアイデア
Pinterest
検索