VEHICLE

66 Pins
 2d
Collection by
2010年頃までは、コンパクトカーといえば小型ハッチバック車だったが、今や小型SUVがそれを担う時代となった。
Chill CARS|悪路走破性能を秘めた、カジュアルな小型車。
2010年頃までは、コンパクトカーといえば小型ハッチバック車だったが、今や小型SUVがそれを担う時代となった。
〈三菱〉といえば、「ラリー」という印象を持つ人も少なからずいるかもしれない。その名声を築いたのが、1973年に登場した〈三菱〉の小型セダン《ランサー》だ。 Design, Vehicle, Vehicles
Chill CARS|モータースポーツと街をつなぐファミリーカー。
〈三菱〉といえば、「ラリー」という印象を持つ人も少なからずいるかもしれない。その名声を築いたのが、1973年に登場した〈三菱〉の小型セダン《ランサー》だ。
工業製品であるクルマは、新型に切り替わるたび進化を遂げていく。1972年に初代が登場した〈BMW〉の高級セダン《5シリーズ》は、2023年デビューの現行型で8代目を数える。 Cars, Auto, Bmw
Chill CARS|節度のあるデザインをまとう、クラシカルなセダン。
工業製品であるクルマは、新型に切り替わるたび進化を遂げていく。1972年に初代が登場した〈BMW〉の高級セダン《5シリーズ》は、2023年デビューの現行型で8代目を数える。
若い頃には、生活費以外の趣味や遊びに使える金額には限りがある。そんな中でも、かつては、免許を取得した若者の多くが真っ先にクルマを求めた。 Car, Pinterest
Chill CARS|自由の象徴のような、軽のピックアップトラック。
若い頃には、生活費以外の趣味や遊びに使える金額には限りがある。そんな中でも、かつては、免許を取得した若者の多くが真っ先にクルマを求めた。
昭和の象徴ともいえる三輪トラック。中でも軽三輪トラックは、それまでバイクやリヤカーを用いていた商店などで愛用された。1950〜60年代に〈ダイハツ〉が販売していた《ミゼット》は、その代表格だ。
Chill CARS|発表が早すぎた、コンパクトで愛嬌のある軽商用車。
昭和の象徴ともいえる三輪トラック。中でも軽三輪トラックは、それまでバイクやリヤカーを用いていた商店などで愛用された。1950〜60年代に〈ダイハツ〉が販売していた《ミゼット》は、その代表格だ。
戦後二輪メーカーとして発足した〈ホンダ〉は、1963年に軽自動車で四輪車市場に参入した。
Chill CARS|自動車デザイン史に残る、オリジナリティが高いクルマ。
戦後二輪メーカーとして発足した〈ホンダ〉は、1963年に軽自動車で四輪車市場に参入した。
〈トヨタ〉の2代目《タウンエース》の兄弟車として、1982年に登場したワンボックスワゴンが、《マスターエースサーフ》だ。 Cars Motorcycles, Motorcycles
Chill CARS|北米仕様の外観を用いた、高級志向のワンボックスワゴン。
〈トヨタ〉の2代目《タウンエース》の兄弟車として、1982年に登場したワンボックスワゴンが、《マスターエースサーフ》だ。
四輪駆動車の代名詞《ジープ》は、アメリカの〈ウイリス〉が第二次世界大戦中に軍用車として開発した出自を持つ。
Chill CARS|車名が一般名詞化し、SUVの源流となったクルマ。
四輪駆動車の代名詞《ジープ》は、アメリカの〈ウイリス〉が第二次世界大戦中に軍用車として開発した出自を持つ。
クルマの広告には、いくつか印象的で忘れ得ぬキャッチコピーがある。その一つが「天才タマゴ」だ。〈トヨタ〉のミニバン、初代《エスティマ》のキャッチコピーだ。 Quick
Chill CARS|印象的なコピーと画期的なレイアウトで登場したミニバン。
クルマの広告には、いくつか印象的で忘れ得ぬキャッチコピーがある。その一つが「天才タマゴ」だ。〈トヨタ〉のミニバン、初代《エスティマ》のキャッチコピーだ。
ドアがない軽トラックがあると聞いて、にわかには信じられないかもしれない。
Chill CARS|ドアがなく、屋根は幌という斬新な軽トラック。
ドアがない軽トラックがあると聞いて、にわかには信じられないかもしれない。
1990年代に台頭したミニバンは、乗用車の快適性とワンボックスワゴンの積載性を兼ね揃えたモデルとして人気を博した。
Chill CARS|ミニバン市場を開拓した、画期的な先駆者。
1990年代に台頭したミニバンは、乗用車の快適性とワンボックスワゴンの積載性を兼ね揃えたモデルとして人気を博した。
世界中の評論家が、欧州で最も優れたクルマを選ぶ「欧州カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」は、1964年にスタート。その第1回に輝いたのが、高級車ブランド〈ローバー〉の《P6》だ。 Coty
Chill CARS|伝統と革新を併せ持ち、欧州で賞賛されたクルマ。
世界中の評論家が、欧州で最も優れたクルマを選ぶ「欧州カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」は、1964年にスタート。その第1回に輝いたのが、高級車ブランド〈ローバー〉の《P6》だ。
自由にどこでも、誰とでも。クルマなら叶えられるスタイルです。東京に拠点を持ちながら、八ヶ岳の麓にも住まいを設けたアートディレクターのジェリー鵜飼さん。2つの拠点を行き来しながら、家族はもちろん、愛犬・アルバとの時間を楽しんでいます。その移動手段はクルマ。そんなジェリーさんに、ルノー社から登場した新型《カングー》を体験してもらいながら、ペットとのカーライフと八ヶ岳での暮らしについて聞いてみました。
愛犬と共にある、カーライフのすすめ。アートディレクターのジェリー鵜飼がルノー新型《カングー》を体験。
自由にどこでも、誰とでも。クルマなら叶えられるスタイルです。東京に拠点を持ちながら、八ヶ岳の麓にも住まいを設けたアートディレクターのジェリー鵜飼さん。2つの拠点を行き来しながら、家族はもちろん、愛犬・アルバとの時間を楽しんでいます。その移動手段はクルマ。そんなジェリーさんに、ルノー社から登場した新型《カングー》を体験してもらいながら、ペットとのカーライフと八ヶ岳での暮らしについて聞いてみました。
販売されるメイン車種がセダンでなくなった近年では、SUVと並んでミニバンが販売台数ランキングの上位をキープしている。そのミニバンの役目を担っていたのが、ワンボックスの乗用ワゴンだ。 Jdm, Suv
Chill CARS|直線的でシャープなデザインが斬新だったワンボックスワゴン。
販売されるメイン車種がセダンでなくなった近年では、SUVと並んでミニバンが販売台数ランキングの上位をキープしている。そのミニバンの役目を担っていたのが、ワンボックスの乗用ワゴンだ。
「自分らしい空間をつくりだす」。毎日の暮らしや仕事において、快適でクリエイティブな時間を過ごすために大事なキーワードだ。それは居住空間や仕事部屋のみならず、クルマだって同様。ルノー社から登場した新型《カングー》を、自分らしく楽しむには。そんなテーマに〈スイムスーツ・デパートメント〉代表の郷古隆洋さんが向き合いました。店舗と車内、ふたつの空間のつくり方を教えてもらいます。 Culture
郷古隆洋がルノー新型《カングー》で提案する、クリエイティブで自分らしい空間のつくり方。
「自分らしい空間をつくりだす」。毎日の暮らしや仕事において、快適でクリエイティブな時間を過ごすために大事なキーワードだ。それは居住空間や仕事部屋のみならず、クルマだって同様。ルノー社から登場した新型《カングー》を、自分らしく楽しむには。そんなテーマに〈スイムスーツ・デパートメント〉代表の郷古隆洋さんが向き合いました。店舗と車内、ふたつの空間のつくり方を教えてもらいます。